• Thu. Jan 20th, 2022

ねほりんぱほりん

  • Home
  • 『ねほりんぱほりん』売れないホストの“負のオーラ”…不遇の理由は顔じゃない!

『ねほりんぱほりん』売れないホストの“負のオーラ”…不遇の理由は顔じゃない!

 1月7日に放送された『ねほりんぱほりん』(NHK Eテレ)のテーマは「売れないホスト」。同番組は4年前に「ホストに貢ぐ女」をテーマに取り扱っているが、今度はホスト側の話だ。  ゲストとして登場したのは、ホスト歴10年のヒロさんとホスト歴3年のトモさん。「売れないホスト」としてインタビューされるつらさに同情したくなるが、実際に彼らは売れていなかった。売り上げが店で下から2番目の… 続きを読む ...

『ねほぱほ』サレ妻・サレ夫特集…“再構築””サレラリ期”の壮絶すぎる体験談に「不倫は心の殺人」

 12月3日放送の『ねほりんぱほりん』(NHK Eテレ)で扱われたテーマが、NHKとは思えないようなそれだった。題して「サレ妻・サレ夫」である。  番組ホームページにはこう書いてある。 「SNSでは今、不倫をされた人たちが自らを『サレ妻』『サレ夫』と名乗り、つらい体験を吐露している」 続きを読む

『ねほりんぱほりん』マイ宗教で“神様”名乗る母、子の苦労「親を殺す、殺さないのレベルで悩んで」

 11月12日に放送された『ねほりんぱほりん』(Eテレ)が取り扱ったテーマがスゴかった。題して、「親が“神様”を名乗る人」である。  最初に、「子どもは親を選べない」と番組がはっきり言ってくれたのはありがたかった。生まれる前の子どもたちが「“逃げ恥婚”で結ばれた星野源と新垣結衣の家で育ちたい!」と思ったとしても、そうはうまくいかないのが現実である。 続きを読む

『ねほりんぱほりん』香港のデモに参加した人「自由とは永遠の警戒心を持つこと」日本も対岸の火事じゃない

 11月5日に放送された『ねほりんぱほりん』(NHK Eテレ)が攻めていた。この日のテーマは、なんと「香港のデモに参加した人」である。  そんな重い題材なのに、オープニングは至極ポップだ。1匹のブタがカフェで「国のコロナ対策はどうなってんのかねぇ?」とおしゃべりしていると、「デデーン! ブタA、逮捕」と鳴り響く店内。日テレ系の「笑ってはいけない… 続きを読む ...

『ねほりんぱほりん』壮絶すぎる女子刑務所の生活、元受刑者が笑いながら告白「ガラス玉みたいな目をしてる」

   10月から『ねほりんぱほりん』(Eテレ)のシーズン6が始まった。8日と15日の2週に跨って放送されたテーマは「女子刑務所にいた人」である。  Netflix『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック』や、Hulu『ウェントワース女子刑務所』で見る女子刑務所内の世界は壮絶で、否が応でも想像と妄想が喚起される。同番組には「女子刑務所にいた人の話が聞きたい」という多数のリ… 続きを読む ...