• Wed. Aug 10th, 2022

オンナ万引きGメン日誌

  • Home
  • 「このまま、お前の葬式をやってやりたいくらいだよ」喪服姿の老女、“身も凍る万引きの言い訳”とは

「このまま、お前の葬式をやってやりたいくらいだよ」喪服姿の老女、“身も凍る万引きの言い訳”とは

 先日、東京・新宿駅近辺の店で食料品を万引きして女性店員に捕まり、警察に引き渡されて微罪処分とされた男が、釈放後に小田急線の電車内で包丁を振り回す通り魔事件がありました。供述によれば、警察官によるヤサカク(居住確認)後、逮捕者である女性店員に殺意を抱いて再度新宿に向かったものの、閉店していることに気付いて予定を変更。電車内の座席にいた女子大生をはじめ、無関係の乗客数名を切りつけ、持参の油を車内にまいて放火を試みるなど、一歩間違えば大惨事になりえた事件です。  どうやら男は、生活苦から万引き常習者に成...

未成年“大量万引き”グループに警察官も激怒! 抵抗する少年、泣き叫ぶ少女……とんだ真夏の大冒険

 こんにちは、保安員の澄江です。  新型コロナウイルス蔓延防止に基づく緊急事態宣言が、範囲を広げる形で、またしても延長されました。高齢者枠に入るため、すでに2度のワクチン接種は終えておりますが、デルタ株に対する警戒は怠れず、不安の尽きない日々を過ごしています。つい先日には、いつもよくしてくださる某食品スーパーのマネジャーさんがコロナに感染。ひとり身のため、限界まで我慢されたのでしょう。自宅療養中に救急車を呼ばれたそうですが、病院到着時には重篤な状態に陥られて、ICUに入院されたものの回復することなく...

“妊婦万引き犯”に下した冷酷な鉄槌! 女店長は「そんな幸せな環境にいるのに、あなたぜいたくよ」と言い放った

   こんにちは、保安員の澄江です。 「雨の日は、万引きが少ない」……同業者や警察の方であれば、きっとご理解いただける定説だと思いますが、今年の梅雨は少し違うようです。おそらくは、度重なる緊急事態宣言の延長に基づく経済状況の悪化によるものでしょう。初犯の方に声をかける機会が増えたことで、その季節感はなくなり、通年より忙しい日々を過ごしています。  事務所で話を聞いてみれば、仕事が途絶え、お金がなくなり仕方なかったのだと、どこか居直り気味の人が多いことも特徴といえるでしょう。 「もう、どうな...

「あら、嫌だ。こんなところで……」万引きGメンは見た! 変態少年のおぞましき“遺留品”

 こんにちは、保安員の澄江です。  最近は、大型スーパーやショッピングモールよりも専門店からの依頼が多く、書店やドラッグストアをはじめ、釣具店やスポーツ用品店など、さまざまな業種の店舗に潜入しています。個人的には、食品スーパーにおける勤務が一番気楽で望ましいのですが、不況のためか単発の依頼が多く、選り好みできる状況にありません。  あらゆる専門店は食品スーパーと違って客足が少なく、回転も悪いので、検挙率が低くなります。クライアントが気にするのは、常に費用対効果のこと。こちらも重々承知しているので、結...