• Thu. Oct 28th, 2021

中国

  • Home
  • 中国で「JK制服」の経済効果拡大、ロリータに漢服と「3つの沼」市場が2兆円市場に成長と試算も

中国で「JK制服」の経済効果拡大、ロリータに漢服と「3つの沼」市場が2兆円市場に成長と試算も

【生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】 女子高生の制服は、どれも清楚でありながら、乙女心をつかむファッション性、つまり、可愛さもうまく取り入れている。中には「迷ったら制服の可… 続きを読む ...

日本・中国・韓国のキャッシュレス決済実態調査で見えてきた、日本人の意外すぎる現実とは

【生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】 キャッシュレス決済が急速に進んできた感のある日本。クレジットカードはいうまでもないが、スマートフォンのみで支払いが完了するQRコード決… 続きを読む ...

莫大な中国の貯蓄の行方を狙う米国の金融機関

 中国が2020年6月30に香港の反体制活動を禁じる「中華人民共和国香港特別行政区国家安全維持法(国安法)」を施行してから1年が経った。反政府活動は厳しく取り締まっても、世界有数の金融都市、香港の機能は引き続き維持したいのが中国政府の本音だ。  そんな中国に対し、バイデン米政権は7月16日、香港に進出する米企業などに対し、データ流出など事業運営上のリスクが高まっている等と警告す… 続きを読む ...

ハリウッド特殊メイク超え!? 中国で「裸の美女」が動画配信も…その正体に愕然

 コロナ禍により、中国では若者を中心にライブチャットアプリの利用者が急増しているが、その一方で“美人局”の詐欺事件も社会問題化している。美女がお互いに服を抜ぐセクシーなチャットを持ちかけ、後に脅迫するという手口だが、その美女の正体が話題となっている。  中国のある地元警察が、ライブチャットの男性利用者に注意喚起を促す動画を投稿し、他省・市の警察アカウントもSNSでこれを拡散、全… 続きを読む ...

ルッキズムからの脱却!? 中国「ブサイクアイドル」が全国ツアーの発表に人民歓喜!

 オーディション番組のヒットなどにより、「群ドル」ブームが到来している中国で、異色ともいえる女性3人組アイドルグループが大躍進を見せている。2015年に高校の同級生で結成された「3unshine(サンシャイン)」だ。彼女たちは結成当時、ネット上でルックスを酷評され、ネガティブな意味で話題となったが、いまや国民的アイドルグループへの道を駆け上がっているという。  中国北京商報(6… 続きを読む ...

もはや世界的トレンド? 中国の若者に広がる「寝そべり主義」ってなんだ?

【生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】 現在、中国の若年層の間でとあるトレンドが生まれてきているという。それは「タンピン主義」と呼ばれるもので、日本語に置き換えれば「寝そべり… 続きを読む ...

中国の大学入試、“不正行為多発”の中で「解答販売」詐欺も横行…被害者の多くは泣き寝入り

 今年6月7日・8日に、中国の全国統一大学入学試験「高考」(センター試験に相当)が行われた。受験者は1000万人規模、“世界でもっとも過酷な競争”ともいわれる高考では毎年、不正行為を行う者が後を絶たず、年々ハイテク化が進む不正行為と運営側の対抗策も話題となるが、今年も例に漏れず、多数の不正行為が発覚した。そんな中、「試験問題とその解答を販売する」と称し詐欺行為を行なっていた業者の逮捕も報じら… 続きを読む ...

「世界遺産」を最も多く有する国はどこ? 4位フランス、3位スペイン、実は意外と多い日本は何位?

【生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】 あなたは世界各地に点在する世界遺産をどれだけ訪れたことがあるだろうか。今は難しくとも、いつか世界中の世界遺産を巡りたいと思っている人も… 続きを読む ...

福原愛、イメージ失墜で日台に見切り? “中国ファンファースト”姿勢に囁かれる“中国市場進出”説

 元卓球日本代表の福原愛が、台湾の卓球選手・江宏傑との離婚が成立したことを8日に発表した。直後、福原は故郷の日本や結婚生活を送っていた台湾ではなく、中国のファンに向けて感謝のメッセージを送ったため、今後は中国を拠点にするのではないかとの見方が強まっている。  離婚について、2人は連名の文書で「私どもの結婚に際して祝福してくださった方々、またご迷惑をお掛けした皆様に重ねてお詫び申… 続きを読む ...

中国版「忠犬ハチ公物語」──亡くなった主人のため号泣する忠犬に人民が泣いた

 渋谷のシンボルとして知られる「忠犬ハチ公像」。飼い主が死去した後も渋谷駅前で帰りを待ち続けたハチの逸話はいつしか世界的にも知られることとなり、最近では外国人の観光スポットともなっているが、亡くなった飼い主を想う忠犬の姿は中国にもあった。  中国環球時報(6月8日付け)は、「亡くなった主人を待ち続ける中国の忠犬ハチ公」という記事を伝えている。記事によると6月7日、中国のSNS上… 続きを読む ...