• Wed. Aug 17th, 2022

元極妻・芳子姐さんのつぶやき

  • Home
  • “元暴力団員”ハマコーの息子は入閣! 「野田聖子議員の夫」の何が問題か、元極妻が解説

“元暴力団員”ハマコーの息子は入閣! 「野田聖子議員の夫」の何が問題か、元極妻が解説

 今は亡き某指定組織の三次団体幹部の妻だった、待田芳子姐さんが語る極妻の暮らし、ヤクザの実態――。 野田聖子議員の夫が「元暴力団員は真実」  野田聖子議員のおつれあいである野田文信氏が「暴力団員だった」という「週刊文春」(文藝春秋)の記事を最高裁が「真実」としましたね。  けっこう好きだった記者さんを含め、全国民レベルで野田夫妻を叩いていて、そっちのほうが怖いです。 「ウソ」をついているのは誰? 「何が問題かよくわからない」  今年の流行語大賞になりそうな福田達夫・自民党総務会長のお言葉です。統一教...

工藤會の「死刑判決」を元極妻が解説! 弁護団解任と『工藤會事件』著者のインタビューから考える

 今は亡き某指定組織の三次団体幹部の妻だった、待田芳子姐さんが語る極妻の暮らし、ヤクザの実態――。 死刑判決を受けた工藤會トップが弁護団を「全員解任」  ここにきて工藤會がまた話題ですね。野村悟総裁と田上文雄会長(稼業名)の裁判の弁護団を「全員解任」て、何があったんでしょうか。  まあ名だたる先生方に引き受けていただいていたのに「死刑」でしたから、納得できないというところもあるんでしょうね。でも、この裁判は先生方のせいではなくて、国策ですからね。  今は亡き宮崎学さんは「工藤會トップの死刑は(福岡県...

安倍元総理銃撃事件の背景にCIAや工藤會のトンデモ説――元極妻が語るヤクザと自民党の関係

 今は亡き某指定組織の三次団体幹部の妻だった、待田芳子姐さんが語る極妻の暮らし、ヤクザの実態――。 安倍晋三元総理銃撃事件のヒットマン像  いろんな意味でびっくりしましたね、安倍晋三元総理の銃撃事件。元極妻という微妙な立場ではありますが、衷心よりお悔やみ申し上げます。  事件は7月8日。その場で現行犯逮捕された40代ヒットマンの「特定の宗教団体」への「私怨」が動機とされていると報じられました。お約束の「元同級生」や「ご近所さん」の証言、卒アル公開とかはあるのに、「特定の宗教団体」についてはNHKとか...

山口組の“魔の8月”を元極妻が解説! 長引く「分裂」で得するのは誰か?

 今は亡き某指定組織の三次団体幹部の妻だった、待田芳子姐さんが語る極妻の暮らし、ヤクザの実態――。 山口組の「魔の8月」  毎日暑いですね。この原稿を書いている6月30日現在、すでに梅雨も明けて35度超えの日々が続いております。そして、どんどん「魔の8月」が近づいています。  8月は、過去に山口組に関して2つの重大事件が起こっており、こう呼ばれているのです。というか「魔の8月」という表現は、山口組だけでなくヤクザ業界全体に浸透していました。  ひとつは、1997年8月28日の、五代目山口組の宅見勝若...

半グレがヤクザと“コラボ”するメリットとは? 元極妻が考える「ヤカラ」と「絶滅危惧種」の関係

 今は亡き某指定組織の三次団体幹部の妻だった、待田芳子姐さんが語る極妻の暮らし、ヤクザの実態――。 極東会に住吉会、大親分の訃報が続く  今年ももう前半が終わりますが、5月は大親分の訃報が続きましたね。  5月7日に極東会の松山眞一元会長(94)、31日には住吉会の関功代表(76)が亡くなられました。お2人とも病気が原因のようです。  松山元会長の葬儀はご遺族だけで行われたそうですが、関代表の葬儀は出身母体の八代目共和一家(千葉・富里市)で行われ、全国から親分衆が参列したことが伝えられていますね。 ...

「職務質問」には応じたらダメ!? 元極妻が教える“正しい対応”の仕方

 今は亡き某指定組織の三次団体幹部の妻だった、待田芳子姐さんが語る極妻の暮らし、ヤクザの実態――。 初めての職質  少し前ですが、「職質デビュー」しました。  酔いもあって、けっこう「地金」が丸出しになってしまい、同行者たち(オットの兄弟分2名)にあきれられましたので、「こんな職質対応はダメだ!」という見本にしていただきたいと思います。  というか、もともと同行者たちがアヤしいからですよ。カタギになって久しいのに、どう見ても反社……。オットの祥月命日の数日前(当日は家族で行きます)に3人でお墓参りを...

『極主夫道』はヤクザにも「評判がいい」けれど……元極妻がダメ出ししたいシーン

 5月27日放送の『金曜ロードショー』(日本テレビ系)にて、2020年10月期の同局人気ドラマ『極主夫道』の新作『極主夫道 爆笑!カチコミSP』が放送される。  『極主夫道』は、おおのこうすけ氏の同名漫画(新潮社)が原作で、“伝説の極道”であり、現在は専業主夫をしている龍(玉木宏)の生活を描くコメディー作品。20年にドラマ化されたあと、翌21年には動画配信サービス・Netflixでアニメ化、さらに今年6月3日からは、ドラマ版と同じ主要キャストによる実写映画『極主夫道 ザ・シネマ』が公開される。  「...

山口組の再統一は「8月」? 「ヤクザはメンツとケンカが哲学」と断言する元極妻が抗争激化を示唆

 今は亡き某指定組織の三次団体幹部の妻だった、待田芳子姐さんが語る極妻の暮らし、ヤクザの実態――。 相次ぐ山口組や拳銃に関する事件  連休明けの少し前から山口組や拳銃に関する事件が相次ぎ、関係者はざわついているようです。時系列で見てみます。 5月8日(日)午前2時45分頃 神戸山口組の副組長の自宅(大阪府内)で車両特攻事件。運転者は玄関門などを損壊し、車を放置して逃走。8日のうちに半グレのグループ(すでに解散)の元幹部で対立関係にある六代目山口組傘下の弘道会関係者(26歳)が逮捕される。 5月10日...

暴力団のヒットマン候補たちが偽装脱退? 元極妻が語る「ヤクザ減少の理由」

 今は亡き某指定組織の三次団体幹部の妻だった、待田芳子姐さんが語る極妻の暮らし、ヤクザの実態――。 「暴力団員」は30年で4分の1に  今どきは若い人がヤクザの組長になりたがらない……というニュースが目に留まりました。  まあ大間違いというほどではないですが、大組織で安定している少数派を除けば、かなり前から年長者だってムリでしたよ。シノギがきつければ苦労するだけですから。  まあ「暴力団員」が減少しているのは事実ですよね。このニュースには、暴対法施行前の1991年には約9万1,000人いた組員らの数...

ヤクザがそば屋に集まったら何が問題? 元極妻が考える「暴力団への便宜供与」

 今は亡き某指定組織の三次団体幹部の妻だった、待田芳子姐さんが語る極妻の暮らし、ヤクザの実態――。 警視庁が「街娼支援」!?  コロナに戦争に円安……といいニュースがまったくないですが、皆様はいかがお過ごしですか?  そして吉野家の「生娘をシャブ漬け」からの警視庁の「街娼支援」……。エロ不祥事が絶えない警視庁が売春婦を保護、だそうです。しかも記事を見たら、「それっぽい女性を見かけたら生活保護の窓口に連れて行く」だけでした。  そもそも売春とは、女性だけでなく社会の貧困の問題ですから、警察が生活保護窓...