• Thu. Oct 28th, 2021

宮下かな子と観るキネマのスタアたち

  • Home
  • 『晩春』小津安二郎の” 嘘を美しく魅せる表現技法が圧巻! 何気ない風景の連続から読み取る物語

『晩春』小津安二郎の” 嘘を美しく魅せる表現技法が圧巻! 何気ない風景の連続から読み取る物語

 皆さんこんばんは、宮下かな子です。  長年、1番好きな季節は夏だと答えていましたが、私、秋が1番好きかもー!なんて思う今日この頃。気温が高い日でも、スッと通り過ぎていく風が心地良くて過ごしやすいです。日中はほとんど稽古場なのでなかなか外に出ることがなく、秋満喫は出来ていませんが、夜の帰り道の気温だったり、休憩中窓を開けて、ふと見上げた空に浮かぶ羊雲が秋らしいなぁなんて思ったり… 続きを読む ...

『Shall We Dance?』町のダンス教室が凡庸な毎日に希望に満ちた変化を予感させる装置に

 皆さんこんばんは、宮下かな子です。  10月からの出演情報、色々と解禁されました。23日~31日に新宿シアタートップスにて上演の舞台『手の平』、15日スタートの金曜夜22時TBSドラマ『最愛』に出演致します。  舞台は絶賛稽古中! 毎日ヘトヘトになりながら、思考をグツグツさせながら、稽古場に通う日々を送っています。よくよく考えてみると昨年、2年ぶりに立った舞台は… 続きを読む ...

黒木和雄『美しい夏キリシマ』、戦争を描き続けた監督が見せる“生への尊厳を奪われた人”たちの哀しさ

 皆さんこんばんは、宮下かな子です。  夏もそろそろ終わりに近づいてきていて、「あぁ今年もかき氷食べる機会なかったなぁ」とか「あの夏服結局今年も着なかったなぁ」とか、そんなことを考えています。夏らしい事、今年もあまり出来ませんでした。今年も、と数年前からずっと言っているような気がして、思い返してみると私、夏らしい事を東京で味わった経験がありません。上京してからプライベートで、海… 続きを読む ...

本木雅弘が企画を直談判した映画『おくりびと』自身の体験と改めて”死と生”に向き合う

 皆さんこんばんは、宮下かな子です。  日々何かに追われているような気がするのは何故だろう、と考えた結果、読んでいない本が山ほど積み上がっているせいだと判明しました。解消するため1日1冊以上のペースで読んでいますが、読みたい本は増える一方だし、本屋さんに行けば新たな出会いがあるので一向に減りません。キリがないので新刊購入を控える努力はしていますが、古本屋さんで見つけると、つい手… 続きを読む ...

2つの国の溝への葛藤をユーモラスに、爽快感抜群な演出で楽しませてくれる『パッチギ!』

 皆さんこんばんは、宮下かな子です。危険を感じてしまう程の猛暑日が続いていますが、皆さんご無事でしょうか?  オリンピックも無事幕を閉じ、次はパラリンピックが始まりますね。普段スポーツを観る機会のない私ですが、オリンピック開催期間中は自宅にいれば何かしら競技を観戦していました。柔道阿部兄妹の金メダルも、混合ダブルス水谷伊藤ペアの逆転勝利も白熱の試合でしたし、新競技のスケートボー… 続きを読む ...

善意か悪意か分からない情報で溢れた世界での“生”を肯定的に捉える『夜空はいつでも最高密度の青色だ』

 皆さんこんばんは、宮下かな子です。  猛暑日が続いていますが、体調お変わりなく過ごしているでしょうか。  最近の宮下は、更に自炊に力を入れて元気に過ごしています。今、自炊がとても楽しい! そのきっかけとなったのが、現在第3話まで放送されている、BSテレビ東京深夜24時放送の「ホメられたい僕の妄想ごはん」。私、深夜帯のグルメドラマが大好きで、中でも自炊系は特に大好… 続きを読む ...

山田洋次監督『息子』を観て感じた、宮下かな子が役者を続けることへの葛藤と大先輩が導いてくれた答え

 みなさんこんばんは、宮下かな子です。  天赦日と一粒万倍日が重なった先月15日のラッキーデー、数年ぶりにお財布を買い替えたのですが、そのお財布で最初にお買い物した観葉植物のガジュマルが今、とてつもない勢いで成長しています。葉っぱの枝の部分が右肩上がりにおそらく10センチほど伸びました。何だか縁起が良いですね。突然雨が降り出したり、安定しない空模様が続いていますが、植物にとって… 続きを読む ...

本木雅弘が、単位と引き換えに廃部寸前の相撲部で奮闘! コミカルな展開から一点、力強さを瞳で伝える『シコふんじゃった』の凄み

 みなさんこんばんは、宮下かな子です。  全国的に梅雨入りしましたね。雨といえば、雨女雨男、という言葉をよく耳にします。きっと皆さんにとっても身近な言葉なのではないでしょうか。私のお仕事は特に天候に左右されることが多くあって、延期になったり雨待ちもしばしば。何度か暖かい地域でグラビア撮影をしているのにもかかわらず、常に天候の心配をすることになる私にとって、これはちょっとした呪い… 続きを読む ...