• Sun. Oct 17th, 2021

暴力団

  • Home
  • 生活保護不正受給を「国を相手にしたシノギ」とのたまうヤクザ…その不遜ぶりに思わず唖然

生活保護不正受給を「国を相手にしたシノギ」とのたまうヤクザ…その不遜ぶりに思わず唖然

現代ヤクザのリアルな声を集めたノンフィクション続きを読む

実はヤクザではご法度の「覚醒剤」…それでもシャブ屋をやめなかった男の言い分

 現代ヤクザのリアルな声を集めたノンフィクション『続きを読む

山口組も他人事ではない――工藤会トップの死刑判決がヤクザ社会に与えた影響

 8月24日の午後4時すぎ、福岡地方裁判所の101号法廷で、五代目工藤会(福岡)の野村悟総裁に死刑(求刑・死刑)、田上文雄会長に無期懲役刑(求刑・無期懲役刑、罰金2000万円)が、足立勉裁判長からそれぞれ言い渡された。全国に24ある指定暴力団のトップに、初めて死刑判決が下された瞬間だった。  野村総裁と田上会長は、元漁業組合長射殺事件(1998年)、福岡県警元警部銃撃事件(20… 続きを読む ...

ヤクザだって愚痴りたい! トイレットペーパーを切らして親分に激ギレされた中年極道の悲哀

Amazonでは先行発売中で、来週には一般書店での販売も開始される『続きを読む

「だいたい一番に飛ぶのは運転手か部屋住や」…Vシネや実話誌には描かれないヤクザの現実

8月25日に『続きを読む

ユーモア、皮肉、哀愁…現代ヤクザの「ナマの姿」に我々が興味を惹かれるワケ

 8月25日、サイゾーから『令和ヤクザ解体新書 極道記者が忘れえぬ28人の証言』が上梓される。著者は20数年、実話誌業界でヤクザを取材してきた佐々木拓朗氏だ。同氏は、これまでのヤク… 続きを読む ...

組織に人生を賭けた元ヒットマンの嘆き「いちばん後悔しているのは…」

2011年、暴力団排除条例が全国で最後となる東京都でも施行され、早くもそれから10年が経った。この間、ヤクザたちはどう変わっていったのか。そして、変わらざるをえなかったのか。そんな現代ヤクザの実像を取材し続けてきたがライターの佐々木拓朗が近々その成果を一冊にまとめるというが、それに先立ち、特に印象に残ったヤクザや元ヤクザたちの姿を報告してもらった。今回登場するのは、20数年前、抗争の最中、ヒ… 続きを読む ...

貴闘力、スポーツ新聞と相撲業界の癒着を暴露! 元警察官で暴力とも関係深い人物の存在も

 今月11日、スポーツニッポン新聞社は、日本相撲協会が新型コロナウイルス感染対策として協会員の外出を原則禁止していた期間中、大関・朝乃山と接待を伴う飲食店に通っていた東京本社編集局元記者(東京本社付)について、10日付で諭旨解雇処分としたと発表した。  同社によると、第三者の弁護士を中心とした調査を実施。それによると、元記者は事実隠蔽のために朝乃山に口裏合わせを提案し、協会によ… 続きを読む ...