• Sun. Oct 2nd, 2022

火曜ドラマ

  • Home
  • キンプリ永瀬廉、早くも「次のドラマ」に暗雲…ファンが懸念する「脚本家の名前」

キンプリ永瀬廉、早くも「次のドラマ」に暗雲…ファンが懸念する「脚本家の名前」

 泣きっ面に蜂とならなければいいが……。  King & Prince・永瀬廉の主演ドラマ『新・信長公記~クラスメートは戦国武将~』(日本テレビ系)が9月25日に最終回を迎えた。永瀬とはジャニーズJr.時代に「だいれん」コンビとして人気を博した西畑大吾(なにわ男子)に加え、三浦翔平、満島真之介、濱田岳、犬飼貴丈、萩原利久ら豪華キャストを揃えた同作だったが、最終回の世帯視… 続きを読む ...

本田翼主演ドラマより本気? TBSが高橋文哉らの「ボーイズグループ」に力を入れるワケ

 もはやドラマのほうが添え物かもしれない?  10月18日から放送スタートとなるTBS系火曜ドラマ『君の花になる』。本田翼が主演で、元高校教師が売れない7人組ボーイズグループの寮母となり、彼らを応援していくというオリジナル作品だ。  この売れないボーイズグループ「8LOOM(ブルーム)」を演じるのは、2019年に『仮面ライダーゼロワン』(テレビ朝日系)で初主演を経… 続きを読む ...

永野芽郁『ユニコーンに乗って』は韓国ドラマのパクリ? TBSは“確信犯”か

 永野芽郁が主演、西島秀俊と杉野遥亮らが共演するTBS系火曜ドラマ『ユニコーンに乗って』が5日から放送スタートした。  同ドラマは、『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』や『ナイト・ドクター』といったフジテレビ系月9ドラマなどを手がけた大北はるか氏の“完全オリジナル”脚本。TBSドラマ初主演となる永野は、高卒から独学で勉強し、教育系スタートアップ企業「ドリームポニー… 続きを読む ...

視聴率アップでも喜べない? 低迷『ファイトソング』逆転のカギはリアル路線か

 いよいよ佳境に入ったTBS系火曜ドラマ『ファイトソング』。3月1日にはクライマックスの序章ともいえる第8話が放送される。第7話の世帯平均視聴率は7.8%(関東地区・ビデオリサーチ調べ)を記録し、前話から1.3ポイントアップと好調な推移を見せた。木皿花枝(清原果那)と芦田春樹(間宮祥太朗)、夏川慎吾(菊池風磨/Sexy Zone)による三角関係の行方に、世間が再注目……と言いたいところだが、… 続きを読む ...

清原果耶『ファイトソング』で“痛快キャラ”開拓? 告白への“激塩対応”に反響

 1月18日に放送されたTBS系火曜ドラマ『ファイトソング』の第2話は、まるでどん底から天国へと駆け上がっていくかのようなストーリー展開だった。その中心にいたのは、ヒロインである木皿花枝(清原果耶)。その飾らない言葉の数々は、視聴者の心にズバズバと刺さっている。  間宮祥太朗演じるミュージシャン・芦田春樹が、花枝に「付き合ってほしい」と告白するシーンで終えた第1話。空手の日本代… 続きを読む ...

『ファイトソング』初回早々“愛の告白”! 号泣シーン吹き飛ぶ急展開は「火10」らしい?

 清原果耶(かや)主演のTBS系火曜ドラマ『ファイトソング』の第1話が、1月11日に放送された。初回は、世帯平均視聴率は9.2%(関東地区・ビデオリサーチ調べ)を記録し、若者層を中心に支持を集める火10枠ドラマとしてはそこそこ順調なスタートを切ったと言えるだろう。  初回は15分拡大放送となったが、登場人物の心の起伏に富み、中身がギュッとつまった、ドラマ1話分とは思えない回だっ… 続きを読む ...

勢い増す日テレ水10ドラマ『ムチャブリ!』は TBSとの差別化がヒットの鍵?

 ヒット作が続き、好調な日本テレビの水曜ドラマ。1月12日に、高畑充希が主演を務める『ムチャブリ! わたしが社長になるなんて』が同枠でスタートする。  日テレの水曜よる10時枠といえば、2021年7月期に『ハコヅメ~交番女子の逆襲~』、10月期には『恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~』が放送されたが、オリコンが発表した「年間ドラマ満足度ランキング2021」で『ハコヅメ』は良作揃… 続きを読む ...

セクゾ菊池風磨か、間宮祥太朗か? 『ファイトソング』は“最強の当て馬”対決!?

 清原果耶の民放ドラマ初主演作となるTBS系火曜ドラマ『ファイトソング』(来年1月スタート)に、間宮祥太朗とSexy Zoneの菊池風磨がメインキャストとして出演することが決定。ヒロインをめぐる三角関係が繰り広げられることがわかった。ネット上では、この“絶妙”なキャスティングによって「どっちが当て馬?」「先が読めない」と意外な形でファンが盛り上がっているようだ。  近年“胸キュ… 続きを読む ...

『ハンオシ』はそもそも大ヒット狙いじゃない? 「既視感満載」でも大丈夫なワケ

 清野菜名が主演を務めるTBS系火曜ドラマ『婚姻届に判を捺しただけですが』、通称『ハンオシ』の第7話が11月30日に放送された。世帯平均視聴率は9.8%(関東地区・ビデオリサ-チ調べ)を記録。低視聴率とも高視聴率とも言い難い、パッとしない数字だ。  『FEEL YOUNG』(祥伝社)で連載中の有生青春(ゆき・あおはる)による同名マンガが原作となる本作は、結婚願望ゼロの主人公・明… 続きを読む ...

『ハンオシ』主演の清野菜名にイライラする人続出…TBS火10枠が抜け出せない“嫌われるヒロイン像”

 TBS火曜夜10時からの“胸キュン枠”で放送中の『婚姻届に判を捺しただけですが』、通称『ハンオシ』。主演は清野菜名で相手役は坂口健太郎と、知名度の高い若手俳優が揃っているのだが、SNSでの評判は今ひとつ。その理由として挙げられているのが、ヒロインの好感度が下がりつつあることだ。  清野演じるヒロインの大加戸明葉(おおかど・あきは)は、グラフィックデザイナーとして働くバリキャリ… 続きを読む ...