• Sat. Feb 4th, 2023

災害

  • Home
  • 北海道で“熊害”深刻…64頭の乳牛を襲ったヒグマ、コードネーム「OSO18」ほか産業にも打撃

北海道で“熊害”深刻…64頭の乳牛を襲ったヒグマ、コードネーム「OSO18」ほか産業にも打撃

 近年、日本のいくつか県では熊による被害や捕獲数が増加傾向にある。北の大地・北海道は、“熊害”の被害が最も深刻な地域のひとつだ。  北海道における近年の代表的な熊害としては、巨大ヒグマによる家畜襲撃がある。  64頭の乳牛を襲ったコードネーム「OSO18」と呼ばれるヒグマの存在は、全国でも広く知られ始めている。2019年以降、巨大ヒグマによって乳牛が襲われる事態が… 続きを読む ...

土石流災害の熱海、捜索活動続行でも…観光地のジレンマ

 静岡県熱海市で発生した土石流災害は発生から10日以上が経過したが、依然行方不明者は十数人に上り、捜索活動は困難を極めている。災害発生の要因として、山の上部にあった「盛り土」が話題になるなど、このニュースに対する関心度は高いままだが、現地は複雑な思いが交錯しているという。  7月3日に熱海市伊豆山で発生した土石流災害は、週末の昼間を襲った。前々日から間断なく雨が降り続き、降水量… 続きを読む ...