• Thu. Oct 6th, 2022

競争の番人

  • Home
  • No.1は『石子と羽男』! 一番ガッカリした作品は…夏ドラマ総括

No.1は『石子と羽男』! 一番ガッカリした作品は…夏ドラマ総括

 全13回となった『六本木クラス』が最終回を迎え、ようやく民放ゴールデン・プライム帯の夏ドラマがすべて終了した。「ドラマ序盤ランキング」で取り上げた作品はどうだったか、今期ドラマを総括… 続きを読む ...

坂口健太郎×杏『競争の番人』、賛否ある「月9の終わり方」も今回は成功? 爽快なエピローグに

 坂口健太郎と杏がダブル主演を務めるフジテレビ系月9ドラマ『競争の番人』の最終話が9月19日に放送された。前回の第10話でメインとなるストーリーが解決し、「ダイロク」こと公正取引委員会・第六審査のメンバーのうち、主人公のひとりである小勝負勉(坂口健太郎)は地元・愛媛へ。第11話はスピンオフ的な最終話で、小勝負とダイロクのメンバーのチームプレーが爽快に描かれ、エピローグとしての余韻を楽しめる最… 続きを読む ...

坂口健太郎×杏『競争の番人』ツッコミどころ多い“最終章”終了も…「あと1話ある!?」

 坂口健太郎と杏がダブル主演を務めるフジテレビ系月9ドラマ『競争の番人』。9月12日に放送された第10話は、ついに”ラスボス”である国土交通省・事務次官の藤堂清正(小日向文世)との決着がつく展開だっただけに、息の詰まるシーンの連続だった。しかし、“最終章”のラストを飾った第10話は本ドラマの「最終話」ではなく、9月19日に最終回が放送されるとの予告があったため、「あれ? 来週もあるの?」とい… 続きを読む ...

坂口健太郎“小勝負”がやっと冷静に…『競争の番人』最後はチーム戦?

 9月5日、坂口健太郎と杏がダブル主演を務めるフジテレビ系月9ドラマ『競争の番人』の第9話が放送された。公正取引委員会・第六審査(通称「ダイロク」)の審査官・小勝負誠(坂口健太郎)がずっと追ってきた国土交通省・事務次官の藤堂清正(小日向文世)といよいよ対峙するか……と思いきや、しかし藤堂の思惑通りに展開し、宿敵の手強さに震えた。SNS上では「とことん怖い」「敵ながら清々しい」と、藤堂の“巨悪… 続きを読む ...

坂口健太郎が突然「直情型バカ」に? 『競争の番人』最終章で急展開

  まさかの展開に言葉を失った……。坂口健太郎と杏がダブル主演を務めるフジテレビ系月9ドラマ『競争の番人』の第8話が8月29日に放送されたが、衝撃のラストシーンにSNS上は騒然。最終章の幕開けとなった第8話は、これまでとはスケールの違う巨悪と対峙する公正取引委員会・第六審査(通称「ダイロク)」の審査官・小勝負誠(坂口健太郎)の秘められた過去と現在が絡み合って描かれた。 続きを読む

坂口健太郎“小勝負”の出番たった3分! 「情で解決」も続く『競争の番人』

 坂口健太郎と杏がダブル主演を務めるフジテレビ系月9ドラマ『競争の番人』の第7話が8月22日に放送された。公正取引委員会にスポットを当てた本ドラマは、公正取引委員会・第六審査(通称「ダイロク」)の審査官たちが主役だが、第7話は坂口演じる小勝負勉の出番が合計で3分もないという少なさに驚いた視聴者も多かったようだ。  終盤直前を迎え、視聴者の心をガッツリ掴んできたいこの時期に、ダブ… 続きを読む ...

坂口健太郎×杏『競争の番人』ワンパターン気味も…「女の戦い」の裏にあった真相に絶賛の声

 坂口健太郎と杏がダブル主演を務めるフジテレビ系月9ドラマ『競争の番人』の第6話が、8月15日に放送された。予告では、メインキャストの桃園千代子を演じる小池栄子と、呉服店社長役での出演となった元タカラジェンヌ・真飛聖の迫力のある「因縁の対決」「女の戦い」がテーマとして取り上げられていた。しかし、その裏にあった事情と明かされた真相に、「いままでで一番おもしろかった」との声も寄せられている。… 続きを読む

『石子と羽男』圧勝! 『競争の番人』は急落…TVerドラマ人気ランキング

 在京民放キー局5社を中心として2015年10月に始まったTVer。参加局、取り扱う番組も増え、2022年3月には月間動画再生数が歴代最高となる2.5億回を突破し、2022年7月にはアプリ累計ダウンロード数が5000万を超えるなど、もはや定番のサービスとなった。今や「見逃し配信」は当たり前となったが、やはりTVerではドラマが圧倒的に見られており、ドラマの見逃し配信需要がこのサービスを牽引し… 続きを読む ...

坂口健太郎×杏『競争の番人』事件は解決したもののなんかモヤモヤ…の第5話

 「これは解決したのか?」 8月8日に放送されたフジテレビ系月9ドラマ『競争の番人』の第5話について、少なくない視聴者がこのような感想を抱いたことだろう。第4話と第5話の前後編で完結した世界的電機メーカー「アレス電機」による下請けいじめの案件は、決定的な証拠を提示した大捕り物……ではなく、情に訴えて”悪役”を改心させるという、肩透かし的な幕引きとなった。 続きを読む

坂口健太郎×杏『競争の番人』新章スタートでちらつく、ダイロクの「真の敵」の影

 8月1日、坂口健太郎と杏がダブル主演を務めるフジテレビ系月9ドラマ『競争の番人』の第4話が放送された。原作小説にはないドラマのオリジナルエピソードとなる新章は、またもや1話完結ではなく、2話以上に渡って続く展開になるようだが、今回は検察との関係がポイントになりそうだ。 世界的電機メーカーの下請けいじめに“加担”する下請け企業の真意 … 続きを読む ...