• Tue. Sep 21st, 2021

ジャニーズWEST・神山智洋、木村文乃から「一番かっこよかった」と言われ“顔真っ赤”に! 「かわいすぎる」とファン悶絶

 ジャニーズWESTの冠番組『パパジャニWEST』(TBS系)。6月29日に放送された恒例企画「当たり前パパ力検定」では、中に食材を閉じ込めた「◯◯inハンバーグ」をお題に、料理対決が行われた。

 同企画では、お笑い芸人のこがけん、サバンナの八木真澄、俳優のマギーに加え、WESTから神山智洋が参戦。過去の対決では収録中にお題が発表されていたが、今回は“宿題”として事前にお題が知らされ、各自で準備する時間も与えられている。

 神山といえば、家事が完璧にこなせ、細かい気配りもできることから「WESTのオカン」と呼ばれてきた。しかし、5月11日放送回の「カレーのアレンジ料理」対決では、制限時間30分中17分をただ悩む時間に充ててしまった上、完成した料理も審査員の千秋や中村仁美から「(この料理は)3分でできる」「無理してオカンキャラしなくていい」と酷評されてしまった。

 そんな苦い経験から、今回は「汚名返上の回です」「デビューしてからずっと(オカンキャラで)やってるんで、オカンの名はちょっと取り戻したい」とキャラ奪還に意欲を燃やす神山。この収録のためにハンバーグを10個ほど試作したといい、その結果、「マッシュポテトinハンバーグ」で勝負することにしたという。

 神山は、マッシュポテトに子どもが好きなコーンを混ぜ入れたほか、ナツメグを加えたハンバーグのタネでマッシュポテトを丁寧に包み、さらに牛脂で焼くというこだわりを見せた。“宿題”形式が功を奏し、神山はハンバーグを焼いている間に洗い物を済ませるなど、元来の手際の良さを発揮。最後は赤ワインとデミグラスソースを合わせた手作りソースでハンバーグを数分煮込み、「マッシュポテトinハンバーグ」を完成させた。

 審査員による試食では、味だけでなく、ハンバーグを切った断面の彩りも評価され、30点満点中29点を獲得。審査員の北斗晶から「絶品」「やっぱりジャニーズWESTのオカンだわ!」と絶賛され、見事この日の1位となった。

 宣言通りオカンキャラを奪還し、大喜びの神山は、スタジオゲストの女優・木村文乃から「キッチンの立ち姿から、手順から出来上がりまで、(参戦者の中で)全部一番かっこよかった」と称賛されると、甲高い声で「あ~」と叫びながら大照れ。重岡大毅は神山を指さしながら「めちゃくちゃ顔赤くなってる!」と立ち上がり、大爆笑していた。

 この放送に、ネット上では「神山くん、オカン奪還おめでとう!」「文句なしのオカンだった!」と祝福コメントが相次いでいるほか、「木村さんから一番かっこよかったって言われて、顔真っ赤にして嬉しそうにする神山さん、かわいすぎて悶絶」「真っ赤な神山さんをおちょくるメンバー、男子校っぽくて好き」という声が上がった。