• Fri. Sep 24th, 2021

岩橋玄樹、ジャニーズ退所3カ月で新展開! King&Princeファンから「普通に活動始めるんだ?」「もうピンクのペンラいらない」と手厳しい声

 King&Princeの元メンバー・岩橋玄樹が、7月1日に公式ウェブサイトとTwitterアカウントを同時に公開した。岩橋は、パニック障害の治療のため活動休止していたが、グループに復帰することなく脱退し、今年3月31日をもってジャニーズ事務所から退所。個人で再始動するものとみられるが、ファンの間では賛否両論が巻き起こっている。

 キンプリは、2018年5月に1stシングル「シンデレラガール」をリリース。ジャニーズJr.時代より活動をともにしてきた岩橋、平野紫耀、永瀬廉、高橋海人、岸優太、神宮寺勇太の6人で、満を持してのデビューとなった。同作は、発売初日にして31.8万枚を売り上げ、初週記録でも57.7万枚の大ヒット(オリコン調べ)。順調なスタートを切ったものの、岩橋はかねてより患っているパニック障害の治療に専念するとして、同年11月初旬から休養に入った。

「翌年2月17日、ジャニーズ事務所は岩橋が一部の活動を再開すると発表しましたが、28日になって引き続き休養すると報告。3月にリリース予定だった3rdシングル『君を待ってる』は、岩橋を除く5人でレコーディングをし直す必要が生じて、発売日が4月3日に変更となったんです。以降も、なかなか復帰のめどが立たなかったのか、岩橋は今年3月末でグループを離れ、事務所も辞めました。そして、退所翌日の4月1日にはインスタグラムを開設。『「アイドル」という職業は僕にとって天職でした』『そして自分がジャニーズ事務所でKing & Princeのメンバーとして生きてこれた時間は誇りであり、宝物です』など、ファンやメンバー、育ててくれた事務所と、前社長・ジャニー喜多川氏への感謝のメッセージをつづっていました」(ジャニーズに詳しい記者)

 退所から2カ月たった6月1日には、「これまでKing & Princeのメンバーと過ごしてきた思い出や、そこから学んだ事を胸に刻み、みんなの事を尊敬する気持ちは忘れず、歩む道は違うけれど、1人のアーティストとして僕自身も少しずつ前に進めていけたら嬉しいです」と、芸能活動の再開を感じさせる一文を投稿。ファンの関心が集まっていた。

 そんな中、Twitter上に「@genki17staff」なるアカウントが出現し、「いつも岩橋玄樹を応援いただき、誠にありがとうございます。本日2021年7月1日(水)より、岩橋玄樹オフィシャルサイトをオープンいたしました。岩橋玄樹の最新情報をいち早くお届けして参ります」(原文ママ)と、ツイート。そのオフィシャルサイトには「Live」「Discography」「Fanclub」といったカテゴリーもあることから、今後はリリースやライブ、ファンクラブの展開も予定しているようだ。

 これを受け、熱心なファンからは「いわち(岩橋の愛称)、待ってたよ。おめでとう!」「いわちのこと待っててよかった! オフィシャルサイトができただけで幸せ」「公式サイトうれしい! 個人事務所なのかな?」「焦らずに、いわちのペースでゆっくり活動していってほしい。末永く応援したい」と、祝福や歓喜の声が上がった。

 しかし、「普通に活動始めるんだ? 何のためにファンとメンバーを待たせてたんだろう……」「辞めて3カ月でサイトを立ち上げたってことは、かなり前からそのつもりで準備してたの?」「グループの活動を2年も停滞させといて、個人活動はすぐスタートかよ……モヤモヤする」「キンプリを抜けたのは、自分のやりたいようにやりたかったってことだね」「やりたいことがあったなら、何年も休まないでもっと早く辞めたらよかったのに……2年も待ってたメンバーが可哀想」と、不快感をあらわにする人も。

「一方のキンプリは7月25日より『King & Prince CONCERT TOUR 2021 ~Re:Sense~』を行う予定です。今回、オフィシャルグッズのオリジナルペンライトの点灯色は、メンバーカラーに沿って5パターン(赤、白、黄、紫、青)となりました。グループ時代の岩橋のメンバーカラーは『濃いピンク』でしたが、“岩橋カラー”が今回はないわけです。ネット上の一部ファンの間では、ピンク色のある過去のペンライトを持参し、『King & Prince King & Prince, Queen & Princess』などの楽曲中に『会場をペンライトでピンクにしましょう!』と、呼びかける動きもあったようです」(同)

 ところが、岩橋の再始動をきっかけに、“ピンク演出”は不要だとの意見が噴出。「退社翌日にインスタ始めて、3カ月後にはサイトを立ち上げたところをみると、はじめからソロでやりたかったんでしょ。もうピンクのペンラはいらないね」「今までのペンラは持っていかないし、キンプリのコンサートでピンク色に点灯させるのもやめた」「それぞれ前に進んでるんだから、ファンがペンラの色で揉めたり、キンプリのライブに変な企画を持ち込むのはやめよう」と、手厳しい声が聞かれる。

 5人組となったキンプリは、7月21日にニューアルバム『Re:Sense』が発売となるほか、同作を引っ提げてツアーを開催。8月21日・22日放送のチャリティー特番『24時間テレビ44 愛は地球を救う』(日本テレビ系)では、メインパーソナリティーの大役を務める。これからは互いの道で頑張ってほしいものだ。