• Fri. Sep 24th, 2021

丸亀製麺の“夏メニュー”3品をプロがジャッジ! 「梅おろし冷かけ」のおすすめポイントは?【人気うどんチェーン比較】

「おいしいごはんが食べたい、でも自炊するのはめんどくさい!」そんなズボラ女子の救世主といえば、コンビニ・ファミレス・ファストフード! 毎日の食事をおいしく楽チンにするため、“お酒とおつまみ大好き”管理栄養士・川村郁子先生に、さまざまなテーマに合わせた「おすすめメニュー」を聞いちゃいます。

人気うどんチェーン3店、「夏限定&冷やしメニュー」を格付け!

 真夏のような暑い日と、ジメジメする雨の日が繰り返しやってきて、すっかりバテてしまっている人もいるのではないでしょうか? そんな時、さっぱりと食べられる麺類はありがたいですよね。

 中でも、人気うどんチェーンの「丸亀製麺」「なか卯」「はなまるうどん」は、夏限定メニューや“冷やしうどん”を展開しており、今の季節にピッタリ。ということで今回は、3店それぞれの個性的なうどんを、管理栄養士の川村先生に解説してもらい、栄養素の面から「おすすめNo.1」店舗を発表します!

――夏は「冷たいうどん」がおいしい季節ですが、栄養素の面で特徴はありますか?

川村郁子先生(以下、川村) 冷たいうどんは、暑い夏でもさっぱりと食べられるのが魅力ですよね。うどんの栄養素は、温・冷ともに炭水化物がメインですが、薬味などで少し野菜も補えます。

 しかし、冷たいうどんの場合、特に大根おろしやネギなど、シンプルなトッピングのみで構成され、具材が少ないことが多いため、タンパク質不足になりがち。また、天ぷらはうどんと相性ピッタリですが、揚げ物なので脂質のとりすぎに注意する必要があります。

――ではさっそく、「丸亀製麺」の夏限定&冷やしメニューから解説をお願いします。

鬼おろし肉ぶっかけ(並・690円/税込、以下同)

川村 甘辛い味付けの牛肉を、たっぷりの大根おろしとポン酢でいただくのが特徴的なぶっかけうどんです。牛肉のタンパク質、鉄、亜鉛、ビタミンB群などを補えていいですね。また、大根おろしの量もほかの店舗に比べて多いので、大根の栄養素もしっかり摂ることができます。

梅おろし冷かけ(並・450円)

川村 「はなまるうどん」にも、梅干しを使った「梅冷かけ」がありますが、2つの違いは大根おろしの有無でしょうか。こちらは大根おろしが入っているので、ジアスターゼという成分で消化を助けてくれます。まさに食欲の出ない夏にぴったりなメニューですね。

 バランスを考えると、やはりタンパク質が欲しいところですが、消化力が落ちている時には、肉も負担がかかってしまいます。胃腸を労わりたい時は、これぐらい優しいメニューをチョイスするのもアリでしょう。

青唐おろしぶっかけ(並・450円)

川村 すだちと大根おろしのさわやかな風味に、ピリッと辛い青唐辛子が添えられており、見た目も味も夏らしいメニュー。唐辛子には、辛み成分のカプサイシンが含まれており、適度な辛さであれば、食欲増進にもつながります。

 なお、「丸亀製麺」はほかにも冷たいうどんメニューがありますが、今回は他店に合わせて3品を紹介しました。

――続いて、「なか卯」はいかがでしょう?

すだちおろしうどん(並・490円)

川村 柑橘系のさわやかな酸味が広がり、トッピングの大根おろしでさっぱりといただけそうですね。大根からはカリウムや食物繊維などが摂れますが、やはりタンパク質不足という感じがします。卵や油揚げなどが欲しいところです。

冷やし鶏天おろしうどん(並・490円)

川村 鶏天でタンパク質やビタミンB群などを摂ることができます。「すだちおろしうどん」と同じく、大根おろしやネギで野菜も摂れますが、ダイエットを考えている人などは、鶏天の脂質がちょっと気になるかもしれません。

鶏天おろしざるうどん(並・550円)

川村 ざるうどんを楽しみながら、別添えの鶏天も味わえるのがいいですね。こちらも「冷やし鶏天おろしうどん」と同様に、鶏むね肉のタンパク質や大根おろし、ネギやしょうがの栄養素が補えます。

――最後に、「はなまるうどん」の評価をお願いします。

冷麺風冷かけ(小・590円)

川村 三元豚チャーシューでタンパク質、わかめで食物繊維が補えます。腸内環境を整える発酵食品のキムチが入っているのもうれしいです。ただし、チャーシューやキムチは塩分の多い食品なので、塩分過多に注意。栄養素のことを考えると、汁は飲み干さないほうがいいでしょう。

山形だし冷かけ(小・440円)

川村 「山形だし」とは、夏野菜を刻んで醤油やだしで味付けをしたもので、さっぱりしていて、夏にピッタリな山形の郷土料理です。脂質が少ないので消化に負担をかけにくく、うどんと一緒につるりと食べられそう。ただし、栄養面でいうと、やはりタンパク質源が欲しいところですね。

梅冷かけ(小・440円)

川村 梅干しは酸味の強い食材で、唾液の分泌を助けるので、食欲が出ないときの強い味方になります。暑くて食欲がなく、たくさん汗をかいた時などには、特におすすめしたいメニュー。しかし、こちらも「山形だし冷かけ」同様、タンパク質源がもう少し欲しいところなので、卵などをトッピングしてもいいと思います。

――夏限定&冷やしメニューを食べるなら、どこのうどんチェーンがおすすめですか?

川村 一番のおすすめは「丸亀製麺」です。大根おろしがたっぷり乗っていて、タンパク質も補える「鬼おろし肉ぶっかけ」のようなガッツリメニューもありながら、「梅おろし冷かけ」のようなさっぱりメニューもあって、丸亀製麺に行けば、きっと食べたいうどんが見つかるでしょう。

 「はなまるうどん」と「なか卯」も、さっぱりしていて夏らしいメニューがありました。ただ、タンパク質が足りなかったり、脂質がちょっと気になったりと、あと一歩でしたね。

 とはいえ、うどんチェーンはどのお店も、トッピングやサイドメニューなどで具材を追加して、栄養素を調整できます。タンパク質を追加したいときは卵、食物繊維を追加したいときはわかめなど、前後の食事や自分の体調に合わせて、トッピングを選んでみましょう。自分なりの夏メニューを考えるのも楽しそうですね!
(文:佐藤真琴)

川村郁子(かわむら・いくこ)
管理栄養士。中村学園大学栄養科学部栄養科学科卒業。九州の病院栄養士経験を経て独立。レストランのヘルシーメニュー監修、栄養専門学校講師、企業・大学での食育講演を行いながら、「コンビニや外食との上手な付き合い方」「15分で作れるかんたん栄養めし」の提案をしている。
インスタグラム:@shokuikuko/WEBサイト:「酒好きの食育