• Fri. Sep 17th, 2021

HiHi Jetsの猫語ゲームに「トラジャが先では?」と不満の声! なにわ男子は「木村拓哉とソウルメイト」のメンバーが!?【ジャニーズJr.チャンネル週報】

 ジャニーズ事務所が動画配信サイト・YouTubeに開設した「ジャニーズJr.チャンネル」。現在、関西ジャニーズJr.(火曜)、少年忍者(水曜)Travis Japan(木曜)7 MEN 侍(金曜)美 少年(土曜)HiHi Jets(日曜)がオリジナル動画を投稿中だが、その出来ばえは実にさまざま。そこで、「しょせんジャニオタ向け」と切り捨てるにはもったいない動画と、「ジャニオタでもしんどい」動画をジャニーズウォッチャー・中村チズ子が解説&ツッコミ! 今回は、6月24日~30日公開の動画を注目度順にチェックします!

HiHi Jetsの猫語ゲームに「トラジャが先では?」と不満上がるワケ

 6月27日に配信されたのは「HiHi Jets【松村北斗が加入???】サプライズでSixTONES乱入!?」で、タイトル通りSixTONESメンバーが撮影に飛び入り参加している。

 オープニングはHiHi Jetsの5人でスタートし、この日行う「ニャーニャーゲーム」に備えて猫耳を装着。井上瑞稀が企画趣旨を説明していると、いきなりSixTONES・松村北斗が現れ、そのまま猫耳をつけてメンバーと同じ机に着席(可愛い)。さらに、下のフロアで収録をしていたという京本大我、高地優吾、ジェシー、田中樹、森本慎太郎も乱入し、「なんでSixTONES、6人が来たかわかる?」(京本)「ちょっと今日はサプライズが……」(田中)「あるんですよ」(高地)と、何やら発表がある空気を漂わせた。

 そして「実は皆さん、単独で……」などと、何度ももったいぶる森本。結局、「松村北斗が今回、HiHi Jetsが加入します」とオチをつけ、新しいアーティスト写真を撮影することに。最終的には何の報告もないとバレるのだが、散々、期待させた“先輩の悪ふざけ”に対し、猪狩蒼弥は「本当によくないです。全部よくないです。最初から最後までよくなかった」と、本音を漏らしていた(SixTONESにとっては、ただの暇つぶしだった模様)。

 そして、6分30秒以降にようやく本題のニャーニャーゲームを開始。こちらのルールは、カードに書かれているお題を猫語(ニャー)で伝えるものだが、実は、一部Travis Japanファンから今回の企画に否定的な反応が上がっている。というのも、Travis Japanは『Travis Japan Live tour 2021 IMAGE NATION~全国ツアーしちゃってもいいですかっ!?~』の広島公演(4月23日)のMCで、このゲームについて話していたとか。参加したファンのレポートによれば、YouTubeのトークになった後、川島如恵留が「ニャーニャーゲームって知ってる?」などと切り出した流れで、ゲームを繰り広げていたそう。

 この事態に気づいたTwitterアカウント「ボードゲーム『ニャーメンズ』『ニャーニャーゲーム』をお知らせするネコ」は、「Travis Japanさんたちがニャーニャーゲームのお話をしてくださってたそうなのにゃ!!うれしいにゃ~! しかも『にゃにゃにゃ』ってネコ語でしゃべってたそうにゃ!」(5月7日)とツイート。

 さらには、「『推しのあの人にニャーニャー言ってもらいたい!』 そういうツイートをいっぱい見るにゃ にゃので こんなキャンペーンをやってみるにゃー! どの人たちにニャーニャー言ってほしいか コメントで教えてくださいにゃ~」(11日)と投稿し、名前が多く挙がった人に「ニャーニャーゲーム」を贈ると宣言。リプライ欄は「ジャニーズJr.のTravis Japanにお願いします」「Travis Japanに送ってください」というコメントが多く寄せられることになった。

 そんな経緯があっただけに、Travis Japanより先にHiHi Jetsがプレイすることについて、ごく一部のジャニーズファンは「ニャーニャーゲーム、ハイハイにいっちゃったか……」「てっきりニャーニャーゲームはトラジャが先にやるもんだと思ってた」「さすがにニャーニャーゲームはTravis Japanにやらせてよ」とガッカリしたようだ。

 ちなみに動画配信後、同Twitterアカウントは「HiHi Jetsさんがニャーニャーゲームを遊んでくれたにゃ いがりさんがヒト語のようにネコ語を使いこなしてたにゃ 仲がいいからなんて言ってるか分かるというレベルを超えてたにゃ…あんにゃにネコ語を理解するヒトがまだこの地球にいたにゃんて…」(6月30日)とツイート。これについても、一部ファンは「ニャーニャーゲームのアカウント、トラジャのこと紹介してたのに裏切りじゃん」と納得がいかない様子。

 なお、SixTONES効果もあって、今動画の再生回数は69万台と、好ペースで伸びている(7月2日時点)。

 6月29日の動画は「なにわ男子【全グループ横断企画】占いランキング…64人中1位は誰?」。今年1月に関西Jr.が「Jr.チャンネル」に参戦して以降、初めてのグループ横断企画がスタートした(8夜連続で公開)。「ジャニーズJr.! 1番ノってる奴は誰だ!? 2021年下半期運勢ランキング」と題し、全8グループ64名(なにわ男子・Aぇ! group・Lil かんさい・少年忍者・Travis Japan・7 MEN 侍・美 少年・HiHi Jets)を対象に、今年下半期の運勢をランキング化。各メンバーが何位に入ったのかをグループごとの動画で発表していくという。

 彼らを占ったのは、人生の流れを24節目で区切る「フォーチュンサイクル」などの占いを研究するフォーチュンアドバイザー・イヴルルド遙華氏。全10種類のエレメントから診断したそうだ。

 トップバッターを飾るなにわ男子といえば、全国ツアー『なにわ男子 First Arena Tour 2021 #なにわ男子 しか勝たん』(7月4日~9月19日)を開催するほか、『第103回全国高等学校野球選手権大会』(ABCテレビ)の応援ソングを担当し、波に乗っている真っ最中。大事な時期とあって、藤原丈一郎は「トップ5には誰か入りたい」と期待したが……。

 まず、道枝駿佑の鑑定を見ていくと、「自分のやりたいことを表現できるステージを作ることで主役のスポットライトを浴びることができそう」「賞にノミネートされたり、出演した作品が賞を取ったり、賞を取るような大作の作品の撮影をしていたり、評価を得られる時」と、ポジティブな結果となっていた。その中で、個人的に気になったのは「木村拓哉さんとはソウルメイト」との一文。道枝は、昨年放送のドラマ『BG~身辺警護人~』(テレビ朝日系)で木村と共演した当時、「小さい頃から家族と一緒にコンサートにも行っていたほど大好き!」と、話していたことも。それだけに、“ソウルメイト”と聞いた道枝は「え~!! やった~!!」と、大喜びしていたのだった。

 また、「アイドル星」や、「天性のアイドル気質」を持っていると言われたメンバーがいた上に、西畑大吾からは“改名宣言”が飛び出す場面もあるなど、見どころ盛りだくさん。最後はYouTubeでやりたいこと、やりたくないことを3つずつ書いてクジにし、グループの最高位・3位の人物に引いてもらうという運試し的なコーナーもあった。こちらの動画は約1時間遅れの29日午後9時頃にアップされ、再生回数は7月2日時点で49万台を記録している。

 6月30日に配信されたのは、なにわ男子に続く「少年忍者【全グループ横断企画】占い運勢ランキング!凄い結果です…」。少年忍者は22人の大所帯であるためか、元木湧率いる前半組(12人)と、川崎皇輝が仕切り役を担当している後半組(10人)に分かれて、結果発表を実施している。

 最初の内村颯太はいきなり20位に食い込み、イヴルルド遙華氏のコメントを受けて、「ダンス頑張るし、歌も頑張ります。デビューします!」と、やる気満々。一方、檜山光成のターンでは「変な噂話が流されてしまいそう…。警戒心を」と、アイドルとしては要注意の予言も記されていた。

 また、黒田光輝についても「特に、足を引っ張られやすい星をもっているのでトラブルに巻き込まれたり、邪魔されないように気をつけて」と、気になる忠告が。本人は「『足を引っ張られやすい』で俺、思い当たったのが、メンバーからアドバイスもらってたんですよ。結構、もらってたんですよ。もらってたんですけど、自分っていうのも持ってて、それに対してマイナス言われるから。なんて言うんだろう? それが逆に自分に染み付いちゃって、自分を出せなくなっちゃったりとかあったんで、僕は誰の話も聞きません」「ノイズキャンセリングしておきます」と、切実な事情をぶっちゃけていた。

 後半組においては、“川崎兄弟”こと皇輝&星輝が並んでランクインするという奇跡が判明。なお、Kis-My-Ft2・北山宏光が主演を務める深夜ドラマ『ただ離婚してないだけ』(テレビ東京、7月7日スタート)で、少年院あがりのヤンキー・夏川創甫を演じる北川拓実は、役作りのため金髪姿で登場している。キャラクターに入り込んでいるのか、いつもより脚を開いた“いかつい座り方”になっているように見えたのは、筆者だけだろうか? なんと、その北川は1ケタ台の上位に着いていたが、現在の派手な見かけに似合わず、「俺なんかがいいの?」と、謙虚さをのぞかせたシーンが印象的だった。再生回数は7月2日時点で26万台。

 Travis Japanの動画は「【CHOREOGRAPHY】 'The Show' Dance Practice」(6月24日)と、プロモーションの「【美肌クイズ】2択で…泥に顔面ダイブ!?」(28日)の2本が配信されている。1本目は、彼らの新しいオリジナル曲「The Show」のダンス動画。概要欄に「定点カメラ映像がちょっと寄ったり引いたりしてます!新しい試みです。(新)楽しんでいただけるでしょうか? 結構いい感じに仕上がったと思ってます!!!!!!! 喜」と記載がある通り、過去の定点カメラ動画とは少し異なる映像になっている。

 日本語と英語の字幕がついており、視聴者からは「『The Show』のダンス動画、本当に待ち望んでた! 日本語と英語の字幕もうれしい」「日本語、英語の字幕もありがとうございます。たくさんの方に見てほしい」「今回はカメラが寄ったり引いたりと工夫されていて、見応えがあった。定点動画は全員のダンスがしっかり見れるから大好き!」と、スタッフの配慮に感激の声も上がっている。

 2本目は、ロゼット株式会社のロゼット洗顔パスタ クレイシリーズのPR動画で、「ハズレたら泥だらけ 美肌クイズ選手権」を行っている。これは、お肌に関する○か×の2択クイズに挑み、正解すれば水、不正解なら泥に顔面をつけるというルール。私服が汚れないよう、スタッフが用意したTシャツに着替えたところ、吉澤閑也だけは松田元太の私服を借りて登場。

 吉澤の姿を目にした松田は「おいー!」と怒り、「頼むよ、マジで! やるなら正解、全部して!」と、プレッシャーをかけた。ただ7人の顔が泥だらけになるかどうかだけではなく、松田の服に危険が迫っている点も、注目ポイントの1つだろう(その後もサングラス、帽子といった彼らの私物が出てくる)。再生回数は1本目が126万台、2本目は31万台(7月2日時点)。

 6月25日にアップされたのは「7 MEN 侍【作間に龍我もターゲット】大光チャレンジ大予想!?」(再生回数は7月2日時点で22万台)。佐々木大光のメイン回で、もともとはエンタメサイト「ISLAND TV」にて始動した「大光チャレンジ」のYouTube版第2弾だ。前回の「【大人気企画!?大光チャレンジ】なんてこった。。。」(3月12日配信)では、佐々木以外のメンバーもレモンの早食いなどにトライしていたが、今回は佐々木が事前に撮影してきた映像を見ながら、そのチャレンジがどこまで成功するかを予想する。

 第1問は、コーラを飲んで、7 MEN 侍のオリジナル曲「サムダマ」を「どこまで歌えるか」。さっそくVTRを確認してみると、数口飲んだ時点でかなりつらそうな表情になっており、本人が「ファスティング中(断食の一種)だったから、マジでキツかった」と吐露。この場面で、お笑いコンビ・ハイキングウォーキングの鈴木Q太郎の持ちネタ「コーラを一気に飲んで、ゲップをせずに山手線の駅名を言う」を思い出したのは、筆者だけではないだろう。

 続いては「シャンプーした頭をバケツ何杯ですすぎ終えるかチャレンジ」。本家の「ISLAND TV」でも、部屋の中でシャンプーをする動画「大光チャレンジ5」(昨年5月20日公開)がネット上のジャニーズファンの間で大きな話題に。YouTube版も大胆な行動に出ているのだが、中村嶺亜はついつい「部屋どうなってるの?」と、質問。気になる後処理に関して、「あの後はベランダに全部流してる」(佐々木)と、告白していた。

 さらに、震えた声で電話をかけてバレるかどうかを試す「ぶるぶるマシン電話チャレンジ」では、HiHi Jets・作間龍斗、美 少年・佐藤龍我らも声で“登場”。特に佐藤の方は、明らかに様子のおかしい佐々木に対して違和感を抱きながらも、「大丈夫ですか? なんか声が……」と心配するなど、天然キャラ&優しい性格がにじみ出ていた(ふざけている佐々木との対比が面白い)。

 また、過酷な「唐辛子何個食べられるかチャレンジ」に加え、ラストはメンバーも含めて「ハーモニカ腕相撲チャレンジ」を実行。ぜひ今動画で、体を張った佐々木の挑戦をチェックしてほしい。

 6月26日の動画は「美 少年【見た目がヤバい…が】自分で打った『そば』は絶品でした!!」。美 少年が本格的なそば打ちを体験している1本だ。今回は「西鶴間 増田屋」の鈴木さんの指導のもと、そば粉を混ぜる工程からスタート。初心者でも理解できるよう、わかりやすく教えている内容で、「回しのスピードいいですね」「素晴らしい腰の動き」など、6人の動きも細かくチェックしていた。

 作業に集中するあまり、「黙っちゃう」(藤井直樹)と発言したように、一生懸命に取り組む美 少年。視聴者は、彼らのそば打ちをひたすら見守るだけの“ほっこり回”となっている。最後は、誰が一番うまくそばを打てたのか、ランキング形式で発表。お店に出してもいいレベルの細さで切れた人、完全にきしめんの太さになってしまった人……と、かなり個人差が出ていた。

 ファンからは「みんなが楽しそうにおそばを作ってて癒やされた」「そば打ちをする貴重な姿が見れてうれしい! みんな楽しそうで可愛かった」「おそばを作る美 少年もカッコいい!」と、好意的なコメントが相次いでいる。なお、佐藤龍我に関しては「自分のおそばが来てるのに、お箸を置いて一緒にお祈りする龍我が可愛い」「龍我くん、もう順位発表されてるのに拝んでて可愛い」との声も。

 こうした温かいコメントが多い一方で、再生回数は7月2日時点で14万台と、低調。今記事で取り上げる6グループの中で、最も悪い数字だった。テーマがそば打ちという、なかなか渋い内容とあって、熱心なファン以外は視聴意欲が湧かなかったのかもしれない。可能性を広げるためにも、引き続き多種多様な企画に挑み続けていってほしいものだ。