• Fri. Sep 24th, 2021

なにわ男子、ツアー初日にLilかんさい・嶋崎斗亜が“デビュー匂わせ”!? 「神経質になりすぎ」「8.8みたいのは嫌」と波紋

 7月4日に初の全国アリーナツアー『なにわ男子 First Arena Tour 2021 #なにわ男子しか勝たん』をスタートさせた、関西ジャニーズJr.内ユニット・なにわ男子。宮城県で行われた初日公演でバックダンサーを務めていたLilかんさい・嶋崎斗亜の発言が「意味深」だとファンの間で波紋を呼んでいる。

 西畑大吾、大西流星、道枝駿佑、高橋恭平、長尾謙杜、藤原丈一郎、大橋和也の7人からなるなにわ男子は、ジャニーズの“次期デビュー候補”とも言われる人気グループ。今回のツアーは、初日の宮城・セキスイハイムスーパーアリーナを皮切りに、神奈川・大阪・ 福岡・愛知・兵庫・北海道・新潟の全国8カ所26公演が予定されており、全公演のMCはジャニーズJr.公式YouTubeチャンネルで生配信される。

「なにわ男子に限らず、近年はTravis Japanや、ジャニーズJr.時代のSnow ManとSixTONES(以下、スノスト)など、デビュー前のユニットが単独ライブをする機会が増えましたが、全公演のMCが生配信されるのは異例のこと。2019年には、ジャニーズJr.公式エンタメサイト『ISLAND TV』で、一夜限りのライブ『ジャニーズJr.8・8祭り ~東京ドームから始まる~』が全編生配信されましたが、このとき、スノストの2組同時CDデビューが発表されています。その前例から、今回の生配信でも『MCで大きな発表があるのでは?』『デビューの発表があるのかも』とファンから期待が寄せられているんです」(ジャニーズに詳しい記者)

 初日公演では、なにわ男子のバックを務めたLilかんさいの嶋崎が、自己紹介の際に「これからの関西(ジャニーズ)Jr.は俺らが盛り上げる」「なにわに続くぞ!」などと発言したとして、ネット上で話題に。この言葉の真意は不明ながら、嶋崎が「なにわ男子のデビューを匂わせた?」と捉えたファンも多くいたようだ。

「この発言によって、なにわのデビューは確実だと期待されている様子。一方で、『斗亜くんのコメント、ただ意気込みを言っただけに聞こえるのに、“匂わせ”とか騒がれてかわいそう』『なにわデビューのうわさが気になるのはわかるけど、みんな神経質になりすぎ!』と、言葉が独り歩きしている嶋崎への同情も少なくありません」(同)

 また、デビュー前のなにわ男子のバックに、同じ関西ジャニーズJr.として活動するLilかんさいがついたことに対し、「リトかんちゃんがバックでうれしい」「なんでJr.がJr.のバックにつくの?」と賛否が飛び交っている。また、「リトかんの前でデビュー発表だけはやめて!」「8.8みたいになるのは嫌」と訴える声も見られるが……。

「『8・8祭り』でスノストのデビューが発表された際、会場には他グループのファンも多くいたほか、デビューできなかったグループのメンバーが悔し涙を流す場面もあり、ファンが大荒れとなりました。特にTravis Japanは、スノストとあわせて“兄組”や“スノストトラ”と呼ばれていただけに、二組のデビュー発表でメンバーやファンは悔しい思いをしたようです。リトかんやそのファンが同じ目に遭わないか心配しているのでしょう」(同)

 ドラマやバラエティ番組で活躍し、8月9日に開幕する「第103回全国高等学校野球選手権大会」の“高校野球応援し隊”にも就任するなど、デビュー組に劣らない忙しさを見せるなにわ男子。デビューを目指し、ジャニーズJr.内ユニットがひしめき合っている状況だけに、ファンが神経質になってしまうのも仕方ないのかもしれない。