• Sun. Sep 26th, 2021

7月期ドラマ、最注目作は中島健人『彼女はキレイだった』!? 初回7.6%と振るわずも、業界内から期待の声が上がるワケ

 各局7月期の連続ドラマが徐々に放送を開始している。芸能記者によると、業界関係者の間で最も期待値が高いのは、7月6日に第1話が放送された、フジテレビ系の「火9」枠『彼女はキレイだった』だという。

「Sexy Zone・中島健人と小芝風花がダブル主演を務める同作は、2015年に放送された大ヒット韓国ドラマのリメーク版。太っちょ少年時代を経てイケメンエリートに成長した長谷部宗介(中島)と、優等生美少女から冴えない無職のアラサーになった佐藤愛(小芝)の“すれ違う初恋”の行方を描く胸キュンラブストーリーです」(芸能記者)

 初回の世帯平均視聴率は7.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と、決して好発進とは言えない数字だが……。

「同作は、世帯視聴率よりもコア視聴率(13~49歳の視聴データ)を意識して作られており、女性ファンの多い中島と、若手演技派女優として注目されている小芝のキャスティングもうまくハマっている。長谷部のライバル役・樋口拓也を演じる赤楚衛二は、昨年10月期放送の主演ドラマ『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』(テレビ東京)で多くの女性ファンを獲得していますし、完全に“若者ウケ”を狙った作品といえるでしょう。まさに“2021年らしさのある連ドラ”という感じです」(同)

 『彼女はキレイだった』だけでなく、近年、コア視聴率を狙った連ドラが増えつつあるという。

「当初は日本テレビだけが“コア視聴率優先”のドラマ制作に取り組んでいましたが、今や日本テレビ以外の局にも同様のドラマ枠ができています。たとえば、フジテレビ系『木曜劇場』枠は、かつて“大人向け”をテーマにしていましたが、ここ数年は若年層をターゲットにした作品が多くなっています」(テレビプロデューサー)

 一方、TBSの「火曜ドラマ」枠で今月13日にスタートする『プロミス・シンデレラ』も、業界内の注目度が高いようだ。

「同作は、今年5月時点でコミックの累計発行部数が200万部を突破した、漫画家・橘オレコ氏による同題マンガ(小学館)原作の、“年の差ラブストーリー”です。主人公・桂木早梅を二階堂ふみが演じ、早梅に興味を抱く高校生・片岡壱成役に眞栄田郷敦、壱成の兄・成吾役には岩田剛典(三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE/EXILE)が起用されるなど、とにかく『キャスティングが豪華!』と業界内でも話題。特に二階堂は、昨年のNHK連続テレビ小説『エール』でヒロインを演じ、同年末の『紅白歌合戦』で紅組司会まで務めた実力派女優。今後は『やりたい仕事しかやらないだろう』と思われていただけに、ここにきて、ほとんど出演してこなかったラブコメ作で主演するという点に驚きの声が上がっています」(同)

 その一方で、ネガティブな意見が寄せられている作品も。日本テレビ系の「日曜ドラマ」枠、『ボクの殺意が恋をした』には「期待薄」との声が聞かれる。

「中川大志が主演する同作は、亡くなった父の親友で“伝説の殺し屋”の男虎丈一郎(藤木直人)に育てられた主人公・男虎柊(中川)が、何者かに殺害された丈一郎の仇を討つため、自ら殺し屋になって犯人への復讐を決意する……という内容。ヒロイン・鳴宮美月役には新木優子が抜てきされていますが、業界関係者からは『同枠の過去作品と比べると魅力度は低い』『設定もキャストも地味』と言われています」(同)

 同枠は前クールに嵐・櫻井翔と広瀬すずのダブル主演で『ネメシス』を放送。こちらも評判はイマイチだったが、それでも初回視聴率は11.4%と2ケタをマーク。かたや『ボクの殺意が恋をした』は、4日放送の初回で5.8%と明らかにつまづいており、早くも「“打ち切り”候補」(同)と言われているようだ。

「7月15日にスタートする『推しの王子様』(フジテレビ系)も不安視されています。主演予定だった深田恭子が病気療養のために降板し、比嘉愛未が代役に選ばれたという経緯がある作品で、ゲーム制作会社の社長・日高泉美(比嘉)が自社のゲームキャラクター・ケント様と似た容姿の五十嵐航(渡邊圭祐)と出会い、乙女ゲームさながらに彼を理想の男性に育てていくというオリジナルストーリー。急な出演者変更は仕方がないものの、ドラマは深田を主演に見据えて作られただけに、ほかの女優が演じるとなると、いろいろと無理が生じてしまうでしょう」(テレビ誌ライター)

 なお、比嘉の相手役を務める渡邊は、18~19年放送の『仮面ライダージオウ』(テレビ朝日系)でドラマデビューを果たし、昨年1月期の話題作『恋はつづくよどこまでも』(TBS系)に出演するなど、人気急上昇中の若手イケメン俳優。しかし、そんな渡邊とともに起用されている、“ほかのイケメン俳優”に問題が浮上した。

「ゲームプランナー・有栖川遼役の瀬戸利樹も、16~17年放送の『仮面ライダーエグゼイド』に出演していた“仮面ライダー俳優”ですが、今月4日、ニュースサイト『文春オンライン』で、緊急事態宣言下の6月18日に東京・六本木で20人超えの飲み会に参加していたと報道。芸能人の“自粛破り”には世間から厳しい目が向けられているだけに、ドラマ瀬戸はドラマの出演者として、放送直前にイメージを悪化させてしまいました」(同)

 さまざまな悪条件が重なってしまった『推しの王子様』。下馬評を覆し、高視聴率でスタートを切れるだろうか。