• Fri. Sep 24th, 2021

Hey!JUMP・山田涼介、知られざる「事務所VSファン」のバトルを告白! 「これからも戦い続ける!」「負けは確定」と反響

 Hey!Say!JUMP(Hey!Say!7)の山田涼介、知念侑李、中島裕翔が交代でパーソナリティを務めているラジオ番組『Hey!Say!7 UltraJUMP』(文化放送)。7月8日放送回には山田が登場し、ヘアスタイルをめぐるファンの要望や、自身の考えを告白。反響を呼んでいる。

 この日の番組では、「ハイトーン前髪サラスト」という名のリスナーからのお便りを紹介。山田は大のゲーマーで知られているため、「ぜひゲームに関してのお話ができるコーナーを作るのはいかがでしょうか?」との提案を受けると、「うれしいですけどね。もし、ゲームのコーナーができたら。僕は!」と、スタッフに向けてアピールした。

 続けて、「ってか気になるんだよね、この『ハイトーン前髪サラスト』。俺、ここに引っかかるのよ」と、ラジオネームに興味を示した山田。「ハイトーン(カラー)」は明るい髪色のことで、「サラスト」とは「サラサラのストレート」というスタイルを指すため、ラジオネームは「明るい髪色で前髪ありのサラサラヘアー」を意味していると思われる。これに思うところがあるという山田は、

「ファンの方ってさ……。よくね、メンバーとも話すんだけど。『前髪好きじゃない?』みたいな。昔から、『顔を見せろ』って言われてきたわけですよ、(ジャニーズ)Jr.の頃から。前髪が長いと、要は分けたり、上げたりしなきゃいけないわけじゃないですか。でもどうやら、ファンの方は“前髪あり”の僕たちを見たいみたいで。ちょっとこれに関しては、審議だなと思ってるんですよ」

と、話し始めた。どうしても、本題から脱線してまで髪形について言及したかったのか、「たぶんこの方もそういうこと(前髪が好き)なんだろうなと思って、僕はラジオネーム読ませていただきました」と前置きした上で、

「『私も前髪(あり)派なんですよ』って思っている人、いっぱいいると思うんですよ。たぶん、聞きながら。髪の毛ぐらいは自由にさせてもろて(笑)。まぁまぁ、そのテーマとかあると思うから。曲によってね。見せる顔が違ったりしますけども。バラエティとかになると、やっぱりこう、顔見せなきゃいけないとか。出てくるわけですよ」

と、仕事内容に沿ったヘアスタイルにセットする必要があると説明。メンバーと「前髪好きじゃない?」と会話していたというだけに、こうしたファンの思いはしっかりと把握していたようだ。その一方で、「葛藤ですよね、ファンの方と事務所の。“バーサス”入れちゃう? 『事務所VSファン』みたいな(笑)」と、前髪をめぐる戦いを冗談交じりにトーク。

 おそらく、当初は事務所がスタイリングの方針を決めていたものの、「結構好みでやらせてもらってるけどね。もう最近は」とのこと。なお、現在は「髪の毛放置してる」「できるとこまで伸ばそうかなと思ってる」といい、「なんかもう、“自由にやらせてもろて”って感じですね」と、あらためて主張していたのだった。

 この放送に対し、ファンからは「メンバー間で『ファンの子って前髪好きじゃない?』と話してるJUMPがめちゃくちゃ愛しい! ライブとか歌番組の前に、気合入れて髪形変えたりしてくれてるのかな?」「ファンが『前髪ありがいい』っ言ってること知っててビックリ。山田くんの前髪のために事務所と戦う!」「『髪型ぐらい自由にさせてもろて』って山田さんが言うならしょうがない」「どんな髪型の山田くんでも大好きだよ」「『ハイトーン前髪サラスト』は本当に共感できたし、これからも自分は前髪ありで戦い続ける」と、さまざまな感想が上がっている。

 さらには、「前髪あり、なし論は『ファンVS山田涼介』じゃなくて、『ファンVS事務所』のバトルだったのか……」と知られざる裏事情に驚く声や、「『事務所VSファン』となると、悔しいけどファンの負けは確定かな」といった反応も出ていた。

 もちろん、ファンによっても髪型の好みは人それぞれだろう。これからも、多種多様なヘアスタイルを試しつつ、ファンを楽しませていってほしいものだ。