• Sat. Sep 25th, 2021

「ブランコハンガー」なら狭小クローゼットも収納力2倍! 片付けのプロが推す“愛用ブランド”と、IKEAアイテム活用法

連載企画「30代女子の「煩悩部屋」ビフォー・アフター」の新シーズンが始まりました。今回は、汚部屋あらため「汚家(おうち)」をまるごと片付けます! クライアントは板橋区・3SLDKの一軒家に家族4人で暮らす兼業主婦のKさん(37歳)です。

お悩み「洋服はぜんぶ『吊り下げ収納』にしたい」板橋区・Kさん(37歳/会社員役職)

 汚家まるごと変身企画、11回目は「妻用のクローゼット」です。クローゼットにおけるKさんのお悩みは、洋服は全部「吊り下げ収納」にしたいというもの。

 片付ける場所はKさん宅で一番大きなクローゼットです。主に、季節の家電、布団、育児グッズを収納していました。1階にファミリークロ―ゼット(家族の洋服置き場)があるので、このスペースはもったいない使い方です。

 収納の仕組みを見直すときは必ず、使う人の「苦手」をヒアリングします。整理収納アドバイザーの資格では「夢」を聞くのが基本ですが、ダブルワークの女性には夢より「現実」も大切です。

Kさんの「苦手」:タンスに洋服をしまうこと

 現実は、こちらです。洋服を仕分けて、引き出しに収納するのが苦手とKさん。今回の変身企画にあたり、これまで溜め込んでいた洋服も、必要な数だけに絞りました。

 今回のポイントは「ブランコハンガー」の活用方法。ブランコハンガーとは、パイプハンガーを2段にするアイテムで、これを使えばすべての洋服を「吊るす収納」にカスタムできます。

[After]ブランコハンガーで収納力2倍! 床置きゼロで超スッキリ!

 「妻用クローゼット」の完成です。クローゼットのパイプが、2段になって収納力が2倍に増えました。今回はこの、「ブランコハンガー」をメインに説明したいと思います。

 クローゼットの収納が2段に増える、既存のクローゼットパイプに引っ掛けて使う「ブランコハンガー」。こちらは、耐久性を持つメタル製でボトム30着を引っ掛けても、かなりの重さに耐えられます。子ども服程度なら100均のDIYハンガーで十分ですが、長期で使うなら、頑丈な「ブランコハンガー」がおすすめです。
 

[おすすめ]数ある「ブランコハンガー」で選ぶなら、アメリカNO.1のコレ!

 筆者が愛用しているのは、アメリカで70年の歴史を持つ「Whitmor」の商品。amazon.comの評価で、★4.5を誇る人気NO.1ブランドです。アメリカのクローゼット収納のグッズは、日本より種類が豊富で“頑丈”。シンプルなデザインで使い心地も良いので、まとめて個人輸入($9.87 + 送料$11.39/約2,300円)しています。もちろん日本からも3,959円(7月12日現在、amzon.co.jp)で入手可能。

 

 続けて、ブランコハンガーのほかにIKEAのカラックスやスクッブを使ったクローゼットの収納ポイントも説明していきます。

[クローゼット管理のPoint.1]IKEAのカラックスが万能!

 2階のリビングにあった、IKEAの「カラックス シェルフユニット」をクローゼット内に移動しました。この棚がクローゼットに万能なのは、こうした5つの魅力を備えているから。

[1]女性ふたりの力で階段でも簡単に運べる
[2]中古市場で安く手に入る
[3]棚の内寸が、カジュアル服の収納にぴったり
[4]高さが147cmだから、姿勢を変えずにモノの出し入れOK
[5]オシャレな「ディスプレイ収納」で気分UP

[クローゼット管理のPoint.2]IKEAの「フラッラ」で、洋服小物をオシャレ収納

 IKEAのインサートボックス「フラッラ」1,299円(ライター調べ)を2つ使って、アクサセリーと下着を収納しました。ボックスがなくても、ミラーとお皿を用意すればアクセサリーコーナーを演出できます。

 普段着は、IKEAの収納ボックス「ドローナ」499円(ライター調べ)に、丸めてポイ! ダイソーの仕切りボックスを使って、分別収納ができる仕組みです。仕切りは、ペットボトルの段ボールでも代用可。ボックスがなくても、普段着(トレーナー、デニム、Tシャツ)をたたんだサイズと、棚の内寸がぴったりなのでカジュアル着が多い家に推したい収納法です。

 クローゼット上段には、IKEAの「スクッブ ボックス」1,799円(3個セット/ライター調べ)を用意しました。取っ手が長く軽いので、片手で出し入れできます。上段の整理法はたくさんありますが、予算が許せばIKEAの「スクッブボックス」がイチオシです。

[クローゼット管理のPoint.5]高さ60cmなら「カラボ2段」で、バッグ収納!

 カラボを使って、バッグコーナーを作りました。クローゼット上段の高さが60cmなら、カラーボックス2段が入ります。ただし、クローゼットの奥行き(約40cm)に対して、カラボの奥行き(約30cm)が小さいので空間をフル活用することはできません。カラボとマガジンボックスの色が気になる場合は、100均のリメイクシートでカバーすれば見栄えがよくなります。

[クローゼット管理のPoint.6]衣装ケースは、100均のキャスターでイライラ解消!

 1階にもともとあった「天馬の衣装ケース」を使いました。衣装ケースの底面には、100均のキャスターを付けています。このひと手間で、掃除中のイライラが減少。

▼100均のキャスター▼

 

 仕事用スーツの型崩れを防ぐために、ハンガーを何度も買い替えて揃えたというKさん。ゴム付きのスリムハンガーをシャツ用、ジャケット用、ボトムス用と揃えていました。ハンガーを統一するほど、収納力が増して管理も行き届きます。

[クローゼット管理のPoint.8]セリアの「コードクリップ」で、洋服の仕分けもスッキリ!

 すべての洋服が整った後は、仕上げの「クローゼットタグ」です。使用したのは、セリアの「コードクリップ」です。これを入れるだけで、回転率の高いクローゼットにステップアップできます。

▼セリアの「コードクリップ」▼

[まとめ]洋服のシワなし! ぜんぶ吊るせるクローゼット

 洋服をしまうのが苦手、面倒くさいKさんにぴったりの「吊るし収納」オンリーのクローゼットが完成しました。その後、念願のロボット掃除機を起動することができたそうです。このクローゼットに使った予算は、合計6,228円(フック等の小物除く)です。