• Sun. Sep 26th, 2021

【100均レビュー】ダイソーとセリアの「室内向けゲーム」比較! おうち時間を盛り上げるのはどっち?

 休日にリフレッシュしたくても、わざわざ家の外に出るのは面倒な時ってありますよね。そこで今回は、室内で気軽に遊べる100均アイテムをピックアップ。より私を楽しませてくれるのは、ダイソーとセリアどちらの商品なのでしょうか?

 

頭脳戦で白熱! ダイソーの「カードゲーム(怪盗ルパニャンの予告状)」

便利度:★★★☆☆(1人だと遊べないのは難点……)
コスパ:★★★★☆(100円のわりに凝ったゲーム)
盛り上がり度:★★★★☆(上手く名画を盗めると気持ちいい♪)

 最初に紹介するのは、パッケージにかわいらしいネコが描かれた「カードゲーム(怪盗ルパニャンの予告状)」。中には数種類のカードが入っており、“泥棒カード”“警備カード”を使いながら“名画カード”を集めて得点を競います。

 一見単純なルールですが、相手がどの名画カードを狙っているか考えながら攻防戦を繰り広げるのは、なかなか頭を使います。特に怪盗ルパニャンのカードは、警備カードで守られた名画も盗むことができるスぺシャルな効果が。使いどころによっては劣勢から逆転することも夢じゃありません。常に知略を巡らせながら戦えて、大人もつい白熱してしまうゲーム性でした。

 同ゲームは2~4人まで同時にプレイ可能。家族や友達が集まった時など、大人数でワイワイ楽しむことができますよ。

便利度:★★★☆☆(誰でも簡単に遊べる)
コスパ:★★☆☆☆(やや安っぽい見た目)
リフレッシュ度:★★★★☆(適度に体を動かせて◎)

 続いてセリアから販売中の「ストライクダーツ」は、室内で体を思いっきり動かせるアイテム。パッケージの中には1~9の数字が振られた正方形のボードに加え、小さなボールとマーカーが入っています。

 遊び方は簡単で、離れた位置からボードめがけてボールを投げるだけ。3回失敗するまでに全ての数字にボールを当てられればゲームクリアです。複雑なルールがなくてわかりやすいので、初めて遊ぶ人や子どもでもすぐに遊べそう。

 1回のプレイ時間もさほどかからず、ちょっと体を動かしたい時にもうってつけ。休日はもちろん、在宅ワークの休憩用に導入するのもアリかもしれません。

 家の中にいながら楽しく時間を潰せる100均の2商品。他の人と一緒に盛り上がりたい時は、駆け引きが面白いダイソーの「カードゲーム(怪盗ルパニャンの予告状)」がおすすめ。一方で体を動かすのが好きな人は、セリアの「ストライクダーツ」を選ぶと、うまくリフレッシュできます。自分のタイプにあったゲームを選んで、おうち時間を充実させてくださいね。