• Mon. Sep 20th, 2021

風邪じゃないのに「声が出ず、食事もストレス」! 「喉のつかえ・違和感」に悩む31歳女性、簡単な方法で症状を改善!

 「風邪じゃないのに、なんとなく喉のつかえを感じて、生唾を飲み込んだり、咳払いをしたりするけど治まらない」「喉に違和感を感じるけれど、痛みはなく、病院に行くほどでもないから我慢している」――こんな悩みを持っている方、意外と多いのではないでしょうか?

 喉のつかえや違和感は、声を出しにくくなったり、食事の際にストレスを感じたりして、とてもつらい症状。しかし、なかなか周囲に悩みが伝わらないことも多いですよね。そこで今回は、医師の木村眞樹子先生に、喉のつかえや違和感の原因と改善方法について教えてもらいました。

1.風邪でもないのに声が出ず……喉のつかえが不安の原因に!

 今回ご紹介するのは、喉のつかえ感に悩む、悠さん(仮名)31歳のエピソードです。

 風邪をひいたわけでもないのに、なんだか喉に違和感を感じるという悠さん。「何かが喉に詰まっているような感じもするし、異物感もある……。風邪でもひいて扁桃腺が腫れたのかな?」と思っていたものの、熱があるわけでも、具合が悪いわけでもない日々が続いていました。

「気づいたときには、常に喉を気にしている状態になっていたんです。食べるときも、常に何かが喉につっかえているような違和感があり、最近では、食べ物を飲み込むまでに時間がかかるように……自分でもイライラしてしまいます。また、電話の応答しようとした際、うまく声が出なかったこともあって、生活に支障が出ている状況。我慢できないわけではないのですが、毎日のように違和感があって不安です。この症状、治りますか?」

 悠さんのように、喉のつかえや違和感で悩んでいる人は少なくないです。それではここから、喉のつかえの原因についてご紹介します。

 喉のつかえや違和感を覚える症状は、「咽喉頭異常感症(いんこうとういじょうかんしょう)」の可能性があります。咽喉頭異常感症の原因の多くはストレスといわれており、心の不安が大きくなったときに、喉のつかえ感も強くなりやすい。また、更年期障害などの症状とともに、心理的ストレスが強くなった場合も、喉のつかえや違和感を感じることが多いです。

 咽喉頭異常感症は、心因的な要素が大きく関わっており、ストレスをためこみやすい人や、イヤだと思ったことも我慢してしまう人に多く見られる症状。強いショックやストレスで、胸が詰まる経験のある人も多いと思いますが、漢方の考え方では、これは体内の気の流れが悪くなり、喉の部分で気の流れが滞る「気滞(きたい)」という症状だと考えられています。

 喉のつかえを感じたときは、気のめぐりをよくするためにも、深呼吸をしてみましょう。息苦しいときほど、呼吸が浅くなっていることが多いので、気持ちが落ち着くまで、ゆっくりと深呼吸を繰り返してください。また、普段からストレスをためこまないように、適度な運動などで発散をすることもおすすめです。

3.喉のつかえには漢方薬がおすすめ

 喉のつかえに困った悠さんは、とりあえず耳鼻科を受診してみましたが、結果は異常なし。ほかの解決策を求めてインターネットで調べてみると、意外にも多くの人が喉のつかえや違和感に悩んでいることを知りました。

 そして「喉のつかえは漢方で改善できる」という情報を見つけ、さっそく「半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)」という漢方薬を、インターネットで購入。注文した漢方薬を飲み続けているうちに、だんだんと喉のつかえや違和感が少なくなってきたそうです。また、悠さんは仕事によるストレスが原因で、普段からイライラしがちだったそうですが、半夏厚朴湯を飲むことによって、少しずつ気持ちもラクになったとか。

 漢方では「気・血・水(き・けつ・すい)」の概念があり、この3つのバランスが整うことで、体の健康が成り立っていると考えられています。悠さんの症状は、ストレスで「気」の流れが滞る気滞(きたい)が原因で、喉に違和感があったと考えられます。そのため、半夏厚朴湯を飲むことによって気の流れがよくなり、症状の改善につながったのです。

3-1.喉のつかえに漢方薬がおすすめの理由

 「喉のつかえがとても不快」「喉がつまったような感じで苦しい」悠さんのように、喉のつかえや違和感で悩んでいる方には、漢方薬がおすすめ。自然由来の漢方薬は、喉のつかえや違和感の改善に期待できます。

 漢方薬は、喉のつかえの症状を体の内側から改善する効果が認められているほか、自然の素材がやさしく作用するため、一般的に副作用が少ないといわれており、体質改善によって心と体、全体を整えることも特徴のひとつです。ストレスをためこまない生活や、適度な運動を毎日続けるのは難しい場合も、漢方薬なら毎日飲むだけなので、無理せず続けられるでしょう。

・半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう):体力が中等度で、喉のつかえや異物感を感じる方
体内に滞った気のめぐりを良くして、喉のつかえや異物感、しわがれ声を改善します。

・茯苓飲合半夏厚朴湯(ぶくりょういんごうはんげこうぼくとう):体力が中等度以下で胃腸が弱く、喉のつかえや異物感を感じる方
半夏厚朴湯に茯苓飲を合わせた漢方薬。茯苓飲が胃の中の余分な水分を取り除き、半夏厚朴湯が体内に滞った気のめぐりを良くします。これによって胃の働きが高まり、咽喉や食道部のつかえ、しわがれ声の改善につながるのです。

 ただし、漢方薬はご自分の体の状態や体質にうまく合っていないと、効果を感じられないだけでなく、場合によっては副作用が生じることもあります。しかし、たくさんの漢方薬から、自分に合った漢方薬を見つけるのは大変ですよね。

 そんな時は、「あんしん漢方」などのオンライン漢方サービスに一度相談してみるのもいいでしょう。漢方に精通した薬剤師とAIが、あなたに合う漢方薬を見極めて、お手頃価格で自宅に郵送してくれます。

あんしん漢方

4.喉のつかえを改善して、イキイキとした毎日を!

 気になる喉のつかえや違和感は、溜め込んだストレスによって、体の気のめぐりが悪くなったことが原因の可能性が高いです。「喉が息苦しい」と感じたら、少し立ち止まって深呼吸をするのを忘れないでくださいね。

 それでも喉のつかえが改善せず、精神的に不安を感じるような時は、我慢せずに専門家に相談しながら、漢方薬を取り入れてみてはいかがでしょうか? 悠さんのように喉のつかえをスッキリ改善して、イキイキとした毎日を送りましょう!