• Sat. Sep 25th, 2021

菅田将暉と沢田研二が2人1役! 映画がつなぐ奇跡を描いた『キネマの神様』鑑賞券プレゼント

 菅田将暉と沢田研二がダブル主演を務める映画『キネマの神様』が8月6日に公開されるということで、劇場鑑賞券を3名の方にプレゼントいたします!  松竹映画100周年を記念して製作された本作は、作家・原田マハ氏の同名小説(文藝春秋)の実写版。家族にも見放された“ダメ親父”を主人公に、映画がつなぐ夢と奇跡の物語が描かれるとのこと。早速、詳しいあらすじを見ていきましょう。
 
 ギャンブル狂いの主人公・ゴウ(沢田研二)は、妻の淑子(宮本信子)や娘の歩(寺島しのぶ)に見捨てられていた。そんな彼が唯一愛してやまないのが映画。なじみの名画座の館主・テラシン(小林稔侍)とは、かつて共に映画の撮影所で働いた仲だった。若き日のゴウ(菅田将暉)は助監督として、テラシン(野田洋次郎)は映写技師として、時代を代表する名監督やスター女優の園子(北川景子)たちに囲まれながら夢を追いかけていたが、2人が撮影所近くの食堂の看板娘・淑子(永野芽郁)に恋心を抱いたことから、運命の歯車が狂いはじめていく――。

 出演者には、菅田や沢田のほか、永野芽郁、ロックバンド「RADWIMPS」のボーカル・野田洋次郎、北川景子、寺島しのぶ、小林稔侍、宮本信子ら豪華キャストが集結しています。なお、当初は志村けんさんが菅田と2人1役でゴウ役を演じる予定でしたが、昨年、新型コロナウイルス感染症の肺炎により降板、後に逝去されたことから、かつて同じ事務所の先輩・後輩の関係でもあった沢田が志村さんの意思を継ぎ、代役としてゴウを演じることなりました。

 そんな本作でメガホンを取ったのは、『男はつらいよ』『釣りバカ日誌』シリーズを手がけてきた名匠・山田洋次監督。原田氏が自身の家族や経験をもとに“映画愛好家”の目線から書き上げた小説を、映画の“作り手側”に迫り、オリジナルの映画作品へと昇華させたそう。キャスト、スタッフ渾身の一作を、ぜひ劇場で直接お確かめください。皆様のご応募をお待ちしています!

※7月26日正午〆

『キネマの神様』鑑賞券プレゼントの画像2