• Sun. Sep 26th, 2021

Lil かんさいに“移籍”希望の少年忍者メンバーは? 美 少年は「やる気あります?」とファンからシビアな意見【ジャニーズJr.チャンネル】

 ジャニーズ事務所が動画配信サイト・YouTubeに開設した「ジャニーズJr.チャンネル」。現在、関西ジャニーズJr.(火曜)、少年忍者(水曜)Travis Japan(木曜)7 MEN 侍(金曜)美 少年(土曜)HiHi Jets(日曜)がオリジナル動画を投稿中だが、その出来ばえは実にさまざま。そこで、「しょせんジャニオタ向け」と切り捨てるにはもったいない動画と、「ジャニオタでもしんどい」動画をジャニーズウォッチャー・中村チズ子が解説&ツッコミ! 今回は、7月8日~14日公開の動画を注目度順にチェックします!

Lil かんさい移籍を希望した少年忍者メンバーは?

 13日と14日にかけては、少年忍者と関西Jr.のLil かんさいが初めてコラボレーションした動画が配信となった。出演者は、Lil かんさいの5人(大西風雅・岡崎彪太郎・嶋崎斗亜・當間琉巧・西村拓哉)と、少年忍者からは安嶋秀生、内村颯太、川崎皇輝、深田竜生、元木湧が参加。1本目は「Lil かんさい【少年忍者と初コラボ】プロフィール覚えましょう!」で、お互いのプロフィールをもとにしたクイズ企画となっている。

 事前に、エンタメサイト「ISLAND TV」を見て、“プロフィールを記憶する”といった宿題が出ており、出題するのは「ここは答えてほしい」という項目。対決ではなく、2組のことを知るためのチャレンジだが、9分10秒頃は大西が深田に「え? ボケとかないん?」と指摘するなど、トーク面ではやはりLil かんさいが引っ張っている印象を受けた。

 プロフィール問題の後は、「なんでも話そう」のコーナーへ。岡崎が「正直、(グループ名から)『Lil』と『少年』いつなくなると思う?」と意見を求めた流れから、當間はジャニーズ事務所前社長・ジャニー喜多川氏の命名に対する疑問を吐露。「『リルかんさい』やで、絶対。たぶん、伝言のミスやねん。ここまで伝わってくるまでに『リトル』って誰かが読んだだけで、ガチでジャニーさんが考えた時は、『リルかんさい』やったと思うねん」と、持論を展開した。

 また、川崎は関西特有の「縦(社会)の感じは羨ましい」と、関ジャニ∞からつながっている関西ジャニーズの歴史に興味がある様子。一方、Lil かんさいは今回の撮影場所でもある東京のジャニーズ事務所(レッスン場)にあこがれを抱いているとか。さらに、嶋崎が「リトカン、アクロバットできる人が一人もいなくて」「それこそ、忍者さん見るたびに『一人欲しいな~』って」と率直な気持ちを明かすと、アクロバットが得意な安嶋は「行っていいですか? じゃあ。めちゃめちゃ行きたい!」と、まさかの“Lil かんさい移籍”を希望。

 このほか、関西と東京のオーディションの違いについても語り合い、「お笑いのコーナーでオーディション」(大西)「オーディション、お客さん見てたもんな」(當間)と振り返った際、少年忍者は「え~!」と、驚きの声を上げていた。続いて、14日公開の2本目は「Jr.チャンネル」でおなじみのダンスしりとりバトル。先述の通り、1本目はLil かんさいが会話をリードしていたが、果たしてダンス勝負ではどちらが勝ったのか……? ぜひ、2本あわせてチェックしてほしい。

 16日時点で、再生回数は1本目が27万台、2本目は20万台を記録している。なお、12日にはなにわ男子のパフォーマンス動画「『『夢わたし』~なにわ男子 First Arena Tour 2021」も上がっており、こちらの再生回数は55万台だった(16日時点)。

 10日の動画は「美 少年【利き豚の味噌漬け】1番の豚野郎を決める熱き闘い!!」。今回は、さまざまなご当地味噌で漬けられている豚の味噌漬けを利き分けられるかどうかを試す“利き味噌豚”選手権を行っている。まずは5種類の味噌を味わって違いを楽しみ、続いて豚の味噌漬けバージョンでクイズを実施。最初の問題から意見が割れるなど、味覚センスが問われる企画だ。

 正直に言って、大きな盛り上がりポイントはなく、アクシデントもないため、ほんわかとした空気感の美 少年らしい平和な展開が続く。グループのファン以外が見るには、やや退屈な1本かもしれない。

 それが数字にも表れているのか、再生回数は16日時点で12万台と、かなりスローペース。このところ、美 少年は「【見た目がヤバい…が】自分で打った『そば』は絶品でした!!」(6月26日公開)の動画をはじめ、再生回数が明らかに伸び悩んでいる。前日の7 MEN 侍の「ガチンコボクシング対決」も不調だったが、美 少年の場合はなんと今回取り上げた7本のうち、もっとも低い記録となっていた。

 コミュニティページのコメント欄には、「食べる系の企画はみんながおいしそうにモグモグしてる姿が見れてうれしい」「モグモグ美 少年、本当に可愛いし、平和で癒やされる。こういう雰囲気は貴重」と好意的な意見もあるものの、「企画会議をして、どういう方向性のYouTubeを目指すのか相談してほしい。せっかく週1で動画を配信できる媒体があるのにもったいない」「世界に向けたコンテンツなのに、美 少年の良さを発信できていない気がするので、企画会議をしてほしい」「いい加減ちゃんと企画会議しません? やる気あります?」と、シビアな感想も見受けられた。

 9日の動画は「7 MEN 侍【ドリボ出演記念】ガチンコボクシング対決」。7 MEN 侍は、9月に東京・帝国劇場で上演される舞台『DREAM BOYS』に出演するが、今回はその題材であるボクシングにちなんだ企画となっている。実際にボクシング対決をするのではなく、自分のパンチと連動してフィギュアのボクサーがパンチを繰り出すおもちゃ「拳闘士ガチンコファイト」をプレイ。オープニング後はそれぞれ上半身裸になり、ボクサーになりきって再登場するのだが……。

 食いしん坊キャラの本高克樹のみ、「アイドルとしてお見せできるボディではないので……」とのことで、筋肉がプリントされたシャツで体型をカバー。4分頃、照れくさそうにやって来た本高が可愛らしく見えたのは、筆者だけだろうか。そんな本高は、筋肉自慢の菅田琳寧に敗北。筋肉プリントTシャツについて「それいくらしたの?」(中村嶺亜)と聞かれ、「3,500円」と答えており、どうやら自腹で衣装を用意したようだ。本番の『DREAM BOYS』までに肉体改造が間に合うことを願いたい。

 ちなみに、サムネイル画像では本高の肩の辺りまであらわになっているため、「サムネでは脱いでるのに動画では3,500円の筋肉シャツを身にまとう克樹、さすが」「ついに克樹の肉体美が解禁!? と思ったら全隠しで笑った」「サムネを見て期待したけど、ぽんさんは3,000円以上かけてでも、おなかを守りたいんだね」「克樹のガードがなかなか固い」と、話題になっていた。通常より約1時間20分遅れで更新され、再生回数は16日時点で14万台。

 8日にアップされたのは「Travis Japan【似顔絵クイズ】理解不能…自分の似顔絵はどれ!?」(再生回数は16日時点で31万台)。6月20日公開の「HiHi Jets【描き直せ!?】誰の似顔絵か当てろ!!」と同じく、自分以外のメンバーの似顔絵を1分で描き、それぞれが自分の似顔絵を当てるという似顔絵推理ゲームにチャレンジしている。

 普段、長い時間をともにしている仲間とはいえ、うまくイラストで表現できるかどうかはその人の絵心次第だろう。絵が出揃うと、頬にブツブツのある1枚に対して「あいつ誰だよ、30番。あんなヤツいたか? Travis Japanに」(吉澤閑也)とツッコミが入ったほか、「42番、鳥なんだもん」(宮近海斗)「41、おばあちゃんみたい」(吉澤)と、笑っていた。果たして、これらは一体誰をイメージしたものなのか、後半の答え合わせに注目してほしい。

 ファンからは「7人の描いた絵を見れる機会が少ないから、この企画はめっちゃうれしい」「それぞれが描いたメンバーを集めてみたら、特徴が見えて面白い!」「9番があまりにも似ていて面白かった」「笑いすぎて涙が出た。これからも動画で似顔絵を使ってほしい」と、絶賛のコメントが相次いでいる。

 11日に配信されたのは「HiHi Jets【食い尽くせ】じゃがいも50個食べてみた」。HiHi Jetsといえば、昨年11月に満腹グルメ企画第1弾として、「【大食い!?】キャベツ10玉食べてみた」にチャレンジ。この時は、キャベツ約3玉を残してしまい、無念のギブアップとなったが、今回はなんとジャガイモ50個に挑むという。

 「一人頭10個だよ」(猪狩蒼弥)「ジャガイモ50個は楽勝!」(高橋優斗)「50個は食べれないとダメだよね。普通に考えて」(橋本涼)と余裕ぶるメンバーをよそに、井上瑞稀は「前回もそうだよ。俺以外はみんなキャベツも『いけるよ』って言ってた。で、結局いけなかった。無理だって、(ジャガイモ)50個は!」と、冷静に受け止めていた。

 今回も調理はHiHi Jetsのシェフ・橋本が担当。キャベツ編の反省をふまえてレシピを考えてきたそうで、事前に準備も済ませているとか。ジャガイモ50個の完食を目指すべく、ふかし芋、フライドポテトと次々に口に運ぶ5人。合間には、若くしてジャニーズ事務所に入ったHiHi Jetsがアルバイトについてトークする場面も。高橋は「バイト探してるぐらいで(ジャニーズに)入った」「バイトしてみたかったな~」と明かし、猪狩が「バイトするならどこでしたい?」と尋ねると、「コーヒショップ」(井上)「コンビニとかやってみたい」(作間龍斗)「服屋さん」(橋本)と、理想を語っていた。

 以降もポテトチップス、ポテトチヂミと続くが、やはりジャガイモは満腹感が押し寄せる食材のようだ。小休止中も、作間は一人でポテチを食べ進めるなど大活躍(偉い)。つらすぎて口数も減る中、「いけるんじゃない!?」と積極的に声を出し、16分頃は井上の分の大学芋を食べてあげるほど、男気を見せていた。今回の動画を通じて、一人で料理に奮闘した橋本や、体を張った作間に好感を抱いたのは、筆者だけではないだろう。こちらの動画は通常より約30分遅れで更新され、再生回数は16日時点で32万台。