• Sun. Sep 19th, 2021

7 MEN 侍・本高「私は怒っています」「僕の意思じゃない」告発めぐり波紋! Travis Japanは中村の発言に話題集中【ジャニーズJr.チャンネル週報】

 ジャニーズ事務所が動画配信サイト・YouTubeに開設した「ジャニーズJr.チャンネル」。現在、関西ジャニーズJr.(火曜)、少年忍者(水曜)Travis Japan(木曜)7 MEN 侍(金曜)美 少年(土曜)HiHi Jets(日曜)がオリジナル動画を投稿中だが、その出来ばえは実にさまざま。そこで、「しょせんジャニオタ向け」と切り捨てるにはもったいない動画と、「ジャニオタでもしんどい」動画をジャニーズウォッチャー・中村チズ子が解説&ツッコミ! 今回は、7月15日~21日公開の動画を注目度順にチェックします!

7 MEN 侍・本高、「人気がある」発言めぐりバッサリ動画カット!?

 7月16日にアップされたのは「7 MEN 侍【自惚れクイズで赤っ恥】自分で自分の良いところ当てましょう!」で、7 MEN 侍が「自惚れ5ランキング」と題した企画に挑んでいる。事前に自分以外のメンバーの良いところを3つ書き、スタッフアンケートも加算してBEST5を作成。制限時間5分間で、自分の良いところの上位5つを当てるという内容だ。

 概要欄に「なかなか、自分のいいところって、人が思っている部分と違うんだなと再認識しました!でも、普段は言えないことを言い合えたので…メンバーの絆もパワーアップしたと思います!しかし、自分で自分の良いとこ言うって…ちょーハズいっす」と記載がある通り、自身の長所を挙げることに照れを感じる場面もあったのだろう。

 1人目の佐々木大光は「ダンスが上手い」「イケメン」「脚が長い」などと次々に答えていき、4つクリア。残る1つは「ビジネス破天荒」(2票)と、キャッチーなフレーズがランクインしていた。また、今野大輝のターンでは、自ら「男気がある」と予想。しかし、こちらは圏外だったためメンバーは大爆笑で、今野は「これマジでハズいわ!」と本音が。

 一方、個人的に中でも赤っ恥をかいていたように見えたのは本高克樹だ。企画名にふさわしく、「横顔が綺麗」「礼儀正しい」「目が大きい」「人気がある」とひねり出したものの、ことごとくハズレ。「人気がある」との言葉に周囲は大笑いし、「ご自身の思いとは違うようですww」とのテロップも入っていた。

 このシーン、筆者も随分と自分に自信があるんだな、なんて思ってしまったのだが……。どうやら、これは本高の本心ではなかったようだ。真実が明らかになったのは、エンタメサイト「ISLAND TV」に上がった「7 MEN 侍『Samurai_Story』」(18日付)がきっかけ。当初アップされた内容は、最初の菅田の一言の後、本高が「今日は私はね、YouTubeに物申したいことがある。この間、やったよね。みんなで、『自惚れなんとか』みたいな。僕がね、『人気がある』みたいな。あれ、皆さん覚えてます? 僕の意思じゃないですよね? あれ皆さんに言わされましたよね? なのに、なぜかテロップでも、僕が自分の意思で言ったみたいに編集され、私は怒っています。どういうことでしょうか!?」と、告発するものだったという。

 しかし、23日時点で動画を再生してみると、菅田が「どうも~! 侍ストーリーでーす」と挨拶した後、本高がカメラに向かって指をさし、その直後に「みんなが伝えたいこと、それは『SUMMER STATION』(コンサート『サマステライブ THE FUTURE』)まであと1週間です! 皆さんお楽しみに~」と菅田がファンに呼びかける内容になっている。一度は本高が訴える内容で配信するも、あらためて編集し直してカットしたのだろう。

 アップ後、すぐに釈明動画をチェックしたファンは「『人気がある』ってみんなに言わされたんだ(笑)。うまいこと編集されてたな」「本高くん、言わされてたのか~。不憫だね」「てっきり克樹発信だと思ってたけど、撤回できてよかったね」などと同情していたが、該当シーンの編集が発覚すると、「弁明がバッサリカットされてた。大人の事情?」「まさか1回アップされた動画がカットされるなんて。ぽんさん、全然怒ってるわけじゃなくて可愛かったのに……残念」「見返したら、ぽんさんの心の叫びが消えてる。なぜ?」「YouTubeへの不満はNGみたいな暗黙の了解かな」と、波紋を呼んでいた。

 タレント側の主張を封じ込めるという、ある意味で芸能界の“闇”を感じる一件。メンバー本人たちの判断ではなく、「Jr.チャンネル」サイドが撮影の裏側を知られぬよう、隠蔽工作を行ったのだろうか……? なお、YouTubeの再生回数は23日時点で14万台を記録している。

 7月15日の動画は「Travis Japan【即レス】秒で質問に答えろ…3年前のリベンジ!!」(再生回数は23日時点で35万台)。今回、Travis Japanメンバーは、2018年4月公開の動画「ファンからの質問に答えます in 横浜アリーナ」内で行った“質問に秒で答える企画”に挑戦している。当時は「わからない!」「え? 何それ?」などと困惑する場面もあったが、3年を経て成長したのかどうかが試される機会だ。

 ルールは以前と同じく、それぞれ1人ずつ1分の間に次々と質問に即答していくというもの。出題者はランダムとなるが、トップバッターの川島如恵留は「読む人、超大事じゃない? だって(松田)元太とかが読んでたらさ、全然言わなくてさ、答えられないみたいな……」と、不安を口に。さっそくクジを引いたところ、読み手はその松田に決定。予想通り、松田独自のテンポに振り回されながらも、川島は「初めて買ったCDは?」「何度目のデートでキス?」「七五三掛龍也に一言」などの問いに即レスしていった。

 その後、「年をとったなと感じる瞬間は?」と聞かれた際、宮近海斗からは「痰がからむようになってきた」と“おじさんっぽい”発言が飛び出したり、七五三掛は「いま一番欲しいモノ」について、「権力」と正直に告白。なお、中村海人は「仕事が1個決まりました」と気になるコメントを残しており、今後の情報解禁に期待が持てそうだ。

 ちなみに、中村は「自分の前世は何だと思う?」とのお題に対し、「わかんない」とパスしたが、宮近が「みんなそうなんだよ」「アイドルってそういうことだから」と、諌めていたのだった。おそらく、雑誌のインタビューなどでも定番の質問だけに、宮近はついその一言を口に出してしまったのだろう。

 視聴者の感想を見ると、「過去の企画をもう一度やってくれるのはとてもうれしい!」「3年前の企画を引っ張り出すなんて最高すぎ」「過去の回答と比べることができたり、とても楽しい動画だった!」と、好反応が相次いでいる。さらに中村の発言に関して、「うみんちゅの仕事ってなんだろう?」「うみくんの新しい仕事が気になる!」「うみんちゅ、決まった仕事って何? 早く教えて~」「『仕事1個決まった』って、詳細はいつ出る? 気になって仕方がない」と、話題になっていた。

 7月20日に更新されたのは「Lil かんさい【嶋﨑斗亜のこと】僕たち…覚えてる?」(再生回数は23日時点で19万台)。「メンバー愛検証 お前のこと、覚えてるよ!」と題し、自称・Lil かんさいイチの記憶力の持ち主・嶋崎斗亜がほかのメンバーとの思い出についてどれだけ記憶しているのかを確かめる企画。関西Jr.では、Aぇ! groupの「【福本大晴のこと】僕たち…覚えてる?」(3月16日配信)回と同じコンセプトだ。Lil かんさいの5人は、リラックスできそうなソファに座り、自然体でトークを楽しんでいる。

 最初のお題は「初めて会った場所は?」で、各々が初対面時の印象を思い返す。「初めて遊んだ場所は?」の問いは、テーマパークに遊びに行った話や、家族と会ったエピソードが飛び出すなど、仲の良さが伝わってきたのだが……。ラストの「メンバーが思う嶋崎斗亜の良いところは?」の質問に差し掛かると、「外見的なやつでもいいし、内面的なやつでもいいし、なくてもいい?」(大西風雅)「あ~、わかった」(岡崎彪太郎)「ま~、しゃあない」(大西)と、一様にテンションダウン。最終的に、主役であるはずの嶋崎が「この回のキツさはハンパないぜ……」と、嘆くオチになってしまった。

 今動画を見たファンは「りとかんのワチャワチャ感が大好き」「りとかんちゃんの思い出話がどれも可愛すぎて悶絶した」「知らないエピソードが出てきたり、最高の企画! メンバー全員の回が見たい」と、大興奮。また、会話の流れで、大西が嶋崎の母親のトップ画(おそらく携帯電話の待ち受け画面)を把握していることも判明したため、「りとるちゃん、家族ぐるみで仲良くて本当に素敵!」「りとかんの家族ぐるみの交流にほっこりした」とのコメントも多数見受けられた。

 7月18日の動画は「HiHi Jets【ニュータイプ人狼】以心伝心しながら…あざむく」(再生回数は23日時点で21万台)。全員で答えを合わせようとする以心伝心ゲームと、人狼ゲームの要素をかけ合わせた新たな企画だ。人狼はクジで決まり、ほかのメンバーは一人だけ答えをハズそうとする人物(人狼)を予想する。

 最初のテーマは食べ物で、「○○カレーといえば?」「サラダに入っている野菜といえば何?」「中華料理といえば?」の3問を受け、怪しい人をあぶり出していった。2回戦では、5人が「一番印象に残ったコンサートの出来事」に言及。共通の思い出について語り合った後は、猪狩蒼弥が「もう1個あったのがさ、誰かいなかった気がしたから言わなかったんだけど。前さ、SixTONESさんか、Snow Manさんかが横浜アリーナでライブやってた時に、HiHi Jetsとして見学に行って。その時に、当時ジャニーさん(ジャニー喜多川氏)が『出ちゃいなよ』ってなって。で、先に美 少年も一緒に見に行ってたんだけど、美 少年が1曲やって。その後にHiHiが『HiHi Jets』をやらせてもらうっていう。先輩の公演でね、スペシャル出演みたいのをジャニーさんがやってくれて」と、回顧し始めた。

 猪狩いわく、スタッフに「『Go』って言ったら(ステージに)行ってね」と言われていたそうだが、「俺らイヤホンつけてたんだけど、『ゴー!』って言われたから、俺は出たの。そしたら、『4、3……』って(笑)。で、俺は出ちゃって。Bステ側のお客さん、めっちゃ『ワー』みたいな。意味わかんないタイミングになってるけど、照明も何も当たってないし……っていう。あれは、俺は超絶面白かった」と、失敗談を告白。

 高橋優斗は「先輩のコンサートで何してんだって話」とツッコミを入れ、当時現場にいたメンバーは「あの節は本当にお世話になりました。温かかったよ」(橋本涼)「ありがたかったよ」(井上瑞稀)と、お客さんの反応を振り返っていた。

 7月17日の動画は「美 少年【イケメンの黄金比】結果は…彼こそがイケメンです!」。冒頭、浮所飛貴が「本日の企画は『僕たち美 少年って本当にイケメンなの?』」と発表したように、今回は顔の黄金比率を検証するという1本。

 しかし、彼らはジャニーズ事務所前社長・ジャニー喜多川氏に「美 少年」と名誉なグループ名をもらっただけに、岩崎大昇は「やめようよ。僕たちはイケメンを集められて美 少年でしょ? わざわざねぇ? やる必要ある?」と、抵抗感がある様子。藤井直樹は「逆を言えば、黄金比じゃないのに、ジャニーさんに『YOUたちカッコいい』って言われてたら、それもそれでスゴい。っていうのを踏まえて見てください」と、視聴者にメッセージを送っていた。

 その後は、5つのチェック項目(顔全体、目、眉、鼻、口)を測定していき、美 少年イチの黄金比率が決定。その結果から、あるメンバー同士に“兄弟説”が浮上したほか、那須雄登が「龍我、鼻可愛いね」と佐藤のパーツを褒めた一方で、金指一世は「鼻面白い」と、藤井の顔がツボに入ったよう。子どものように無邪気に笑う金指とは対照的に、藤井は目を見開いて静かに怒りをアピールしていたが、終盤で再び「藤井くん、鼻面白い」と金指がイジっていると、佐藤は「泣いちゃうから」と、かばっていたのだった。

 一方、全項目で“ほぼ黄金比率”のメンバーがいることも判明。エンディングでは「あくまでも数値だから! 君はイケメンだよ!」と励ましの言葉や、「やるまでもなかったかな」との元も子もない発言も。数値的に誰がもっとも美 少年だったのかは、ぜひ今動画で確かめてほしい。

 なお、美 少年の動画といえば、このところ再生回数が落ち込んでいたものの、今回はジャニーズファンにとっても注目度の高い題材のためか、最近の中では上り調子。23日時点で20万台を記録している。

 7月21日にアップされたのは「少年忍者 【ガチ暴露!】あるあるのつもりが…秘密しゃべっちゃった」で、出演者は稲葉通陽、内村颯太、ヴァサイェガ渉、黒田光輝、瀧陽次朗、檜山光成、元木湧、山井飛翔の8名。今回は、比較的に控えめなキャラクターの稲葉が初MCを務めており、「マジで緊張して、ガクブルですよ。本当に」と、正直にコメント。そんな稲葉に、いつも想定外の発言で周囲を戸惑わせている内村が「たぶん予想だけど、俺よりMC上手い!」と、励ましてあげていた。

 本題は、テーマに対して8人がテンポよく答えていくゲームだが、被ったり、噛んでしまうとアウトに。最終的にマイナスポイントが最も多かったメンバーには罰ゲームのセンブリ茶が待ち受けている。最初のお題は「アイドルらしいキメゼリフは?」で、「大好き」「愛してるよ」「ハグしていい?」と、見事に全員がバラバラの回答が出揃った。

 MCの稲葉は「一応、回りましたけど、若干気になる人が……」と、あらためて個々のセリフを確認していき、ややおかしな回答にも「1回目だからセーフ」と寛容にジャッジ。年上である元木らのサポートを受けつつ、初めての進行役に懸命に取り組んでいた。

 なお、「湧の口癖や変な癖といえば?」と個人をフィーチャーする質問では、瀧のコメントに対して、元木本人が「お前、舐めてんな!?」と、疑う一幕も。さらに、檜山が胃下垂だと明らかになったほか、少年忍者内でもジェネレーションギャップが発生していることが発覚。「一人いなくても気づかない」「衣装がなくなる」といった“少年忍者あるある”について話し合うなど、別のメンバーに代わっても見応えがありそうな企画となっていた。再生回数は23日時点で11万台。