• Sat. Sep 25th, 2021

果報は寝て待て!? メルカリで、定価2万4,000円のニットが新品なのに1万安く買えた理由

――2年で1,300万円以上溶かし、現在借金は●00万円の“買い物狂い”のライターが、苦しくも楽しい「散財」の日々を綴ります。

 皆さんは「運命」というものを信じますか? あたいは信じます。信じますとも。なぜなら、たまに「これは運命!?」という出会いがあるからです。主にメルカリで。もう一度言いましょう、主にメルカリで私は運命を感じています。

 事の発端は、昨年の春頃。私は「ZOZOTOWN」を巡回していました。そこで、とあるニットに一目惚れしたんです。それは、「martinique(マルティニーク)」というブランドの「襟付きプルオーバー」という商品。

 ネイビーに白の襟がきゃわいい!! 五分袖だからブレスレットをしていても見える!! 商品説明にある「程よいきちんと感がうれしい」って言葉が絶妙~~~!!!!!! しかし、即決できないポイントもありました。それは値段と洗濯表示。洗濯表示は「洗濯不可。クリーニング」と書かれていましたし、お値段は2万4,200円……!!!! ぐぬぬぬぬぬ、即決するには痛い……痛すぎる。そんなわけで、一度はカートに入れたものの購入するふんぎりがつかず、一夜寝かせてしまったのですが、翌日、なんと件のニットプルオーバーは売り切れていました。NOOOOOOOOOO!!!!!!!!

 売り切れとなると、どうしても欲しくなるもので、その後も「入荷通知」を登録して、来る日も来る日も入荷を待ちました。毎日、待てど暮らせど待っていたのですが、通知が来ることもなく、そのまま日々は過ぎていきました。そのうちにその服のことも忘れ、違う服を買って散財していた頃、入荷通知がふいに届きました。

 ちょっと待ってよ。あたしゃもう、マルティニークのプルオーバーは手に入らないと思ったから、ほかの服をしこたま買っちゃったのよ……。服って高いんですよねえ。そして不思議なもので、2万4,000円の服を買うのは躊躇しちゃうんですが、1万2,000円の服を2枚買うのはあまり躊躇しないという……。もう使える額は使ってしまいましたし、どうしよう……と思っているうちに、秒でマルティニークのニットは売り切れたのでした。

 そんなことがあって、私は悔しくてまた入荷通知をお願いしたのですが、結局その後入荷されることはなかったのです。いかがですか、皆さん。ここまで私の思い出ぽろぽろストーリーを聞いたら、次に来る言葉はなんだかわかりますね? そう、「再会」です!!

「あ~、そろそろコラムのネタ欲しいな~。なにかほしいものあったっけ……」

 そう思いながら、スマホに保存していた「欲しいものリスト」を漁っていると、マルティニークの襟付きニットプルオーバーを発見。「もしかして……」と思い、メルカリで検索したところ、なんと新品が出品されていたのです……!!!! 「果報は寝て待て」とはまさにこのこと! ちなみにそのお値段、1万5,500円。ぐむう、欲しい……!!!! 欲しいけれど、今や金がなくてどうしようもない毎日を送っている身……!!!! 

 私はしばし逡巡した後、財布の中身をチェックしました。入っていたのは、1万4,580円。ううむ、全財産を投入しても買えないやんけ……。

 しかし、ここで諦めないのが千葉N子。メルカリには自由にコメントを打てる機能があるんだ! ダメ元で価格交渉してやるうううう!!!! 私はすぐにコメントで「1万3,000円までお値下げ可能でしょうか?」と打ち込みました。すると、「1万4,500円ならお値下げします」と返信が。ぐむむむむむ……!!!! そなた、私の財布の中身を知っているのか!? エスパーなのか!? 私の財布事情を知っていて、ギリッギリの値段をぶっこんできたのか――!?!?!?

 そんなわけで、私はギリギリの値段で思い出のニットを手に入れることになりました。はあはあ……これだからメルカリはやめられんのよのう……。

■今回の出費
martinique「襟付きプルオーバー」1万4,500円