• Sat. Sep 25th, 2021

田中みな実、ネガティブ報道続きでピークアウト!? 初主演映画情報解禁に「大爆死しそう」「いつも同じ表情」の声

 TBS出身のフリーアナウンサー・田中みな実が、11月19日公開の映画『ずっと独身でいるつもり?』で初主演を務めることがわかった。2019年発売の写真集『Sincerely yours...』(宝島社)が大ヒットし、男性のみならず多くの女性ファンを魅了してきた田中だが、ネット上では「さすがに主演映画は厳しい」とささやかれている。

 『ずっと独身でいるつもり?』は、漫画家・おかざき真里氏(原案・雨宮まみ氏)による同題作品の実写版。田中は、好きなものに囲まれて暮らしながらも、作家として迷走したり、周囲からの「ずっと独身でいるつもり?」という“雑音”に傷ついたりする30代の独身女性・まみを演じる。

「田中といえば、発売から1カ月で50万部を売り上げた写真集『Sincerely yours...』で注目を集め、20年に出演した連続ドラマ『M 愛すべき人がいて』(テレビ朝日系)では、三浦翔平演じるマサを愛する秘書・礼香を“怪演”し話題に。『あざとくて何が悪いの?』(同)や『グータンヌーボ2』(フジテレビ系)といったバラエティ番組ではMCとしても活躍する一方、現在放送中の中川大志主演連ドラ『ボクの殺意が恋をした』(日本テレビ系)や、木村拓哉主演で9月に公開される映画『マスカレード・ナイト』に出演するなど、女優業も増えてきています」(芸能ライター)

 そしてついに『ずっと独身でいるつもり?』で映画初主演を飾る田中は、現在ノリにノッているように見えるが……。

「田中は昨年8月に芸能事務所・テイクオフからフラームへ移籍していますが、今年4月10日にニュースサイト『NEWSポストセブン』で『田中のマネジャーが約半年で退社してしまった』と報じられ、同22日発売の『週刊文春』(文藝春秋)も『田中は次々にマネジャーが交替してしまう“マネジャー・クラッシャー”である』とスクープ。さらに、6月8日発売の『女性自身』(光文社)には、『田中が事務所の先輩女優・唐田えりかに“上から目線”の発言をしていた』という記事が掲載されるなど、田中に関するネガティブな話題が目立つようになってきているんです」(同)

 最近はネット上でも、「ドラマに田中みな実が出てくると『またこの人か~』って感じ」「ブレークして持ち上げられてたけど、ちょっと飽きてきた」「写真集“爆売れ”の頃がピークだったよね」と、すでにピークアウトを迎えたといわれるように。

「そのため、田中の主演映画についても『見る前から“大爆死”しそう』『「M」での狂気に満ちた演技は面白かったけど、うまいわけではないよな』『いつも同じ表情』『トークは面白いからバラエティ向き。女優業は求めてないし、さすがに映画主演は厳しいでしょ』といった厳しい意見が寄せられています」(同)

 とはいえ、ファンからは「スクリーンで画になりそう」という声もある。演技力さえ伴っていれば、公開後、口コミが広がるかもしれない。