• Sun. Sep 26th, 2021

【日清の冷しどん兵衛】食べてみたら、面倒くさいし「冷し」じゃない!? ぶっかけそば&うどん食べるなら、絶対○○はマスト!!

ByAdmin

Jul 31, 2021

手軽にサッと食べられて安くておいしいカップ麺、大好きです。しかし真夏のカップ麺は暑すぎて汗だくになるのが嫌ですよね……。そんな夏に最適な、冷たい「どん兵衛」が新発売されたので、そばとうどんを食べ比べレポしたいと思います。

【日清の冷しどん兵衛】ぶっかけ揚げ玉そば&ぶっかけきつねうどん各208円(税込)

 2021年5月24日に新発売された「日清の冷しどん兵衛 ぶっかけきつねうどん」と「日清の冷しどん兵衛 ぶっかけ揚げ玉そば」。昨年、日清から発売された“うどん”を冷やしていただくカップ麺「冷やしどん兵衛」をリニューアルしたものです。

 発売を知ってから気になっていたものの、探しても探してもどこにも売ってない! 筆者の中では、もはや「幻のカップ麺」になっていました。

 そんな折、通販でやっとの思いでGET。どちらも見た目は「どん兵衛」ですが、パッケージをよく見てみると「冷やし」「ぶっかけ」「冷水で冷やしてうまい!」と書かれています。カップ麺を冷やして食べるとはどういうことだろうとワクワクが止まらない。

 実際に作ってみると、普通のカップ麺を作るよりも作る工程が少々面倒でしたが、食べてみると真夏にぴったりのカップ麺! だったので、レポしていきます。

「ぶっかけ揚げ玉そば」麺が冷たくならない……

 「日清の冷しどん兵衛 ぶっかけ揚げ玉そば」のパッケージを開封してみましたが、見た目はいつものどん兵衛(そば)でした。後入れの液体つゆとふりかけが入っています。

 熱湯を入れて4分待ち、湯を捨てて水で3回冷やします。熱湯を捨てる工程で慌ててしまい、やけどしてめちゃくちゃ熱かったので、熱湯には注意が必要だ。

 実際に水で冷やしてみると正直、3回くらいでは麺は冷たくならなかったので、5回以上水を入れては混ぜて水を捨てて……を繰り返しました。これで本当に「冷やしそば」になるのだろうかと不安。

 あと入れの液体つゆとふりかけ(揚げ玉)を入れて完成です!

 後から入れる液体つゆは「ぶっかけ」というほどの量はなくて、麺に馴染ませる程度でした。

ぬるい……。微妙な味……これはいかん!

 一口食べてみた感想は「ぬるい……」。全然冷えてない! 

 麺自体はほどほどにコシがありますが、そばの味が薄め。これはいかん! 微妙な味だと思ったので氷を3個入れて、かき混ぜて改めて食べることに。冷え冷えになると、液体めんつゆがソバとかなり絡み、おいしくなりました。

 「冷水で冷やしてうまい!」とパッケージには書かれていましたが、「氷も入れてさらにうまい!」と付け足して欲しかったくらいです。

 かつおだしの風味に七味、小海老の揚げ玉が優しく絡み、コク深い味わいで「ありかもしれない」。ただ、普通の熱々のどん兵衛を食べる時と違って、冷えた麺はどんどん食べ進められるため、量が少なく感じてしまい、物足りなかったです。

 続いて「日清の冷しどん兵衛 ぶっかけきつねうどん」を食べてみました。どんだけ食べるねんと思われるかもですが、冷たい麺はそれほどスルスル胃袋に入る食べやすさです。

 こちらは昆布とかつおのだし風味。小袋の「かつおぶし粉末入り七味」と後入れの液体つゆが入っていましいた。

  「ぶっかけきつねうどん」は熱湯を入れて5分間待ちます。そのあとはソバと同じく3回冷水で冷やしますが、当然「冷やし」になるレベルではないことを学習した筆者は、冷水3回の後、迷わず氷も入れました。

キタコレ。絶対氷を入れて冷やすべきだ!

 もう「ぬるい」ハズはない! と自信を持って食べてみました。

 キタコレ。絶対氷を入れて冷やすべきだ! と感じるくらい一口目から冷やしうどんを味わえました。個人的な意見になりますが、私はこちらの「ぶっかけきつねうどん」のほうが出汁が効いており好きです。

 麺もモチモチで、うどんの味自体は今までの「どん兵衛うどん」と同じ。でも、冷えるとさらに味わい深く食べられます。

 しかし、ソバもうどんも冷やしているからか、ソーメン食べるくらいの勢いで一気に食べられてしまう。小腹には溜まるが、少々物足りないと言った感想でした。 

 作る工程は本当に「面倒臭い」の一言に尽きるし、氷は必須だと感じたが「もう一度食べていか?」と聞かれたら、手に入るならまた食べてみたいかな? と思いました。

 実は、冷やしカップ麺は「マルちゃん」からもそばとうどんが発売されている。こちらも近日中に食べ比べてみたいと、密かに心を躍らせてる筆者でした。

【総評】
もう一度作りたい度:★★★★☆(入手困難なので注意)
ズボラ主婦でも再現可能度:★★★★☆(やけどに注意!)
子どもウケまたは夫ウケ:★★★★☆