• Sun. Sep 26th, 2021

ディーン・フジオカ、新曲で“腕のタトゥー”披露に驚きの声! 「実はタトゥーが入っている」芸能人7選

 俳優でアーティストのディーン・フジオカ(DEAN FUJIOKA)が7月15日に配信リリースした新曲「Runaway」のミュージックビデオ(以下、MV)が22日、YouTubeで公開された。同楽曲のジャケットには右腕に彫られたタトゥーがはっきり写っているほか、MVにも車を運転するシーンで一瞬映り込んでいることから、一部ネット上で「タトゥー入ってたの?」「本物?」と驚きの声が上がっているという。

 なお、「Runaway」は、ディーンが出演する比嘉愛未主演ドラマ『推しの王子様』の挿入歌と、FODで配信中のスピンオフドラマ『ぼくの推しは王子様』の主題歌に起用されている。

「ディーンの右腕には、獅子をデザインした図柄の下に、本名の“藤岡竜雄(ふじおかたつお)”を表すアルファベット『tfjok』という文字が彫られています。獅子のデザインは公式サイトのロゴマークとしても使われており、ファンの間ではおなじみ。しかし、メディア出演時には肌色のテープなどで隠すことも多いため、『知らなかった』という人も少なくないようです」(芸能ライター)

 ファンにとっては、ディーンを象徴するマークである獅子。ディーンに限らず、タトゥーに厳しいとされるテレビへの出演時には隠しているものの、SNSなどではチラ見せしている芸能人も少なくない。そこで、タトゥーが話題の芸能人を紹介したい。

■DA PUMP・ISSA

 両腕や足首、肩、胸元など、あらゆる部分にタトゥーが入っていることで知られるISSA。かつては胸元に英字を入れるなど、ワンポイント程度だったが、2015年頃から急激に増えたと言われている。

 ネット上では「ISSAのメディア露出が減るのと同時にタトゥーが増えた」という意見もあるが、DA PUMPといえば18年6月にリリースした29枚目のシングル「U.S.A.」が大ヒットしたことで、一転してお茶の間の人気者になった経緯がある。そのせいか、以前はインスタグラムでタトゥーを積極的に披露していたISSAも、同10月に美容院で撮った鏡越しの自撮りを最後に、以降は長袖を着たり、手を後ろで組んだりと、気を遣っているような場面が見受けられるようになった。「U.S.A.」のヒットで子どものファンも増えたため、仕方ないのかもしれない。

■工藤静香

 夫・木村拓哉とお揃いの「永遠の愛」を意味するとされる“絡み合う蛇”のタトゥーを足首に入れているといわれる工藤。2月、インスタグラムに「ジャンプスーツ 確か5年以上前の物で、少しキツくなっていました笑 動くとハルクになりそう」と投稿した際にチラ見せしていた。

 木村はテレビで裸足になるたびに、肌色のテープで隠している様子がネット上で話題になるが、工藤は音楽番組に出演する際も特に隠す様子はなし。SMAP時代はジャニーズファンから「夫婦お揃いのタトゥーを見せつけないで」と批判もあったようだが、娘のCocomiやKoki,がデビューし、“木村ファミリー”がブランド化した今、そういった声も随分減ったようだ。

■BTS・ジョングク

 1月19日にV LIVEなどで配信されたバラエティ番組『Run BTS!』で、腕にびっしりと彫られたタトゥーがファンを驚かせたジョングク。5月にインスタグラムに投稿した自撮りでは、その一部をチラ見せしていた。

 ファッショナブルなタトゥーを入れているアーティストは珍しくないが、ジョングクにファンから「イメージに合わない」「依存症にならないでほしい」といった声が上がってしまうのは、BTSのマンネ(末っ子)としてのキャラクターゆえだろうか。

■手越祐也

 ジャニーズ時代から「両足首にタトゥーを入れているのでは?」とファンの間でウワサになっていた手越。今月23日のインスタグラムの投稿では、それを確認することができる。

 手越といえば、昨年7月に公開されたYouTube動画で、左足首を一周するように彫られた薔薇のタトゥーについて、「ティーエーティーユーね。タトゥー。ティーエーティーオーオーだけどね、ほんとは。あははは」と上機嫌に説明。絵柄の意味については、「薔薇好きでさ。薔薇ってかっこよくない? 薔薇好きなんだよね」「ノリだからさ。人生ノリだから、俺」と語り、右足のくるぶしに彫られた「Perfection」という英字や、王冠の図柄も紹介していた。

■坂口杏里

 昨年10月に、手の甲などに出現した薔薇やハートのタトゥーが話題になった坂口。鎖骨には「I will keep by your side forever」(私は永遠にあなたのそばにいます)というメッセージに加え、「R」の文字が彫られており、亡き母・坂口良子さんを思って入れたものと言われている。

 近年は、新宿・歌舞伎町を拠点に、キャバクラやバーで働いている坂口だが、一方でインスタライブを頻繁に行うなど、ファンサービスも欠かさないマメさは、“さすが元タレント”といった印象。

■つるの剛士

 こちらはインスタグラムに「あれ? 写ってない」と一部で話題になっていた画像。つるのは、左腕の内側に妻とお揃いの“星”のタトゥーを入れていることで知られているが、7月22日に江の島で行われた“ゴミ拾い”イベントの写真に関し、「あるべき場所にない」との指摘が上がっていた。

 テープを貼っている様子もなく、除去した可能性もありそうだが、子ども向けのイベントに起用されることが多いつるのだけに、タトゥーを入れていると気を遣う場面も多そうだ。