• Sat. Sep 25th, 2021

中川大志『ボクの殺意が恋をした』、視聴率4.6%と“爆死中”! 新章突入も『ルパンの娘』と「ほぼ同じ話」で視聴者「飽きた」!?

 中川大志主演の連続ドラマ『ボクの殺意が恋をした』(日本テレビ系)が、8月8日放送の第5話より「秘密編」に突入する。しかし、7月4日放送の初回は世帯平均視聴率5.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と低調で、新章突入前の第4話(7月25日放送)も4.6%という厳しい状況。さらに、視聴者の間では「飽きてきた」といった声まで上がっているようだ。

 幼少期に両親を失い、伝説の殺し屋・男虎丈一郎(藤木直人)に育てられた男虎柊(中川)。丈一郎は依頼の遂行中に返り討ちにあって殺害されてしまい、その仇を取るために、柊も殺し屋となる。丈一郎を殺害した犯人だと思われる漫画家・鳴宮美月(新木優子)を“最終標的”として狙う柊だったが、なぜか2人は恋仲になってしまう……といった内容だ。

「第4話では、美月の本名が“葉山葵”であり、本物の鳴宮美月から影武者を依頼されていたことが発覚。これが新章となる『秘密編』への導入なのでしょうが、ネット上では『ご都合主義すぎて、一気に冷めた』『何この茶番……』『中川くん好きだから見たいんだけど、もう見てられない。ここで離脱します』など、不満の声が相次いでいます」(芸能ライター)

 また、「『ルパンの娘』っぽさがあると思ったら、脚本が同じ人なんだね」「『ルパンの娘』と同じ脚本家なら、いろいろ納得って感じ」といった感想も。『ボクの殺意が恋をした』は、2019年にフジテレビ系で放送された、深田恭子主演の連続ドラマ『ルパンの娘』を担当した脚本家・徳永友一氏のオリジナル脚本なのだ。

「『ルパンの娘』は20年に第2シーズンを放送し、劇場版の製作も発表されていたものの、低視聴率が続いていた作品。第1シーズンの全話平均視聴率は7.1%、第2シーズンはさらに下がって5.7%と“大爆死”していたため、劇場版が発表された際には、ネット上で『大コケ待ったなし』『誰が見に行くんだよ?』などと、散々な言われようでした」(同)

 同作は、横関大氏の小説(講談社)が原作で、盗みを生業とする一族に生まれた図書館司書・三雲華(深田)が、警察一家の息子・桜庭和馬(瀬戸康史)と恋に落ち、結ばれるストーリーだった。

「『ボクの殺意が恋をした』も殺し屋とその標的が恋仲になる話で、『ルパンの娘』と非常によく似た設定のため、ネット上では『泥棒が殺し屋に変わっただけで、ほぼ同じ話』『ワンパターンすぎてつまらない。早くも飽きてきた』などと既視感を訴える声や、『イライラするポイントが似てる』『どっちもセリフや演出がサムいんだよなあ……』といった、辛辣な意見も見られます」(同)

 視聴率5%を切って“大爆死中”の『ボクの殺意が恋をした』だが、新章をきっかけに挽回することはできるのだろうか?