• Sat. Sep 25th, 2021

セブンプレミアムレシピ【たこ焼きスープ】食べてみた! 型破りな食材なのに……「こんなにおいしかったん?」意外な相性!

料理がまったくできない主婦の私。料理は夫担当になっていますが、子どもが大きくなるにつれ、私も作らなアカンときに見舞われるように。まずはSNSで人気の簡単レシピから料理にチャレンジ!

今日のレシピ:セブンイレブンみんなのレシピ【5分de簡単絶品たこ焼きスープ】

 セブン-イレブン公式サイトにある「みんなが作ったレシピ」と言うコーナーに、セブンの商品を使って考案されたオリジナルレシピが投稿されている。

 セブンプレミアムシリーズの食材を使って考案されたレシピで、「それを組み合わせる!?」と突っ込みたくなる摩訶不思議なものも多いのですが、今回は「セブンプレミアム冷凍たこ焼き」を使ったレシピに挑戦してみました。材料は全部、セブンプレミアムだ。贅沢すぎる。

 早速材料を買いにセブンに向かったのだが、大量に冷凍食品やお惣菜を購入していると、イチ主婦として「なんかとても悪いことしてる気分」になってしまった。

 材料はこちら。

・セブンプレミアム・たこ焼き 1パック(自然解凍)
・セブンプレミアム・蒸しサラダ豆 1袋
・セブンプレミアム・スライスチーズ 1枚
・セブンプレミアム・ユッケジャンスープ 1個
水 250ml

 料理手順はこちら。

1)メスティン(鍋)に、ユッケジャン、水をいれ、たこ焼き、ソースを入れて火にかける。
2)グツグツしてきたら混ぜ、豆をいれ、チーズをのせ、さらに加熱する。チーズがとけたら、鰹節をかけて出来上がり〜。
(レシピはセブンプレミアム向上委員会より )

 実際に作ってみましょう!

 材料を用意しました。個人的なお好みで「冷たいまま食べるヤンニョムチキン」も購入してしまった。これもスープに入れてみよう。

 しかも、レシピにあったユッケジャンスープと同じものが、たまたま売ってなかったので雰囲気だけ似ている「ごはんにユッケジャン」を購入した。これに関してはセブンプレミアムシリーズではないので、あしからず。セブンの「蒸しサラダ豆」に関しては、前からセブンで見かけていたが、なんとなく無味無臭なイメージで、多分食べることはないだろうと購入したことがなかった。

 今回はあまりにも「型破り」感が半端ない材料ですが、そこまでしても作ってみたい魅力が「たこ焼きスープ」にはある。

 本来なら鍋に、フリーズドライのユッケジャン(セブンプレミアム)と水を入れるのですが、今回の「ごはんにユッケジャン」はスープのようになってるので、最初に水は入れませんでした。

 たこ焼きと、付属のソースを入れて火にかける。グツグツしてきたら混ぜ、豆をいれ、チーズをのせ、さらに加熱するのだが、チーズは最後に乗せることにしました。かなりユッケジャンが煮詰まってくるので少し水を足した。

 実は、あまり期待していなかったのだが、フワッとユッケジャンの匂いがしてきて、一気に期待が高まった。想像以上に濃い目でとろとろのスープ。煮詰まった豆板醤、コチュジャン、香辛料の香りがそそる。

 やはり! 最後にチーズを乗せた方がなんかおいしそうと自画自賛。さらにかつお節を乗せて完成です。

 こうして見てみると、たこ焼きが入り、スープもあり、「これ何?」の感じが否めないのですが食べてみました。

 まず「蒸しサラダ豆」。え? これこんなにおいしかったん? と言いたくなるくらい、豆くさくなくて香ばしく、とてもおいしいのが意外だった。そしてセブンの冷凍たこ焼きは、生姜が濃い目なんだなとわかった。生姜が「ユッケジャン」との相性抜群!

 お好みで入れた「冷たいまま食べるヤンニョムチキン」は冷たいままで食べず、温かくなってしまったのだが、ピリ辛のユッケジャンに甘辛チキンがマッチング。ちょこちょこチキンのパンチが効いてるのが、辛いもの好きには堪らなくおいしい。

 たこ焼きとユッケジャンスープの相性は、たこ焼きもスープもトロットロになっているので、全体的に「たこ焼きの中身」だけをスプーンですくって食べている感じだ。もうスープじゃない! 

 ちなみに、大のチーズ好きの筆者ですが、今回のチーズ入れに関しては、あってもなくてもよかったかなと思いました。今回の挑戦レシピはコストは高めだが1回は作ってみても良いかも? 辛いもの好きは結構ハマる味ではないだろうか。そして「蒸しサラダ豆」は次回から単品でも買うだろう。

【総評】
もう一度作りたい度:★★★★☆(コストは高め)
ズボラ主婦でも再現可能度:★★★★☆(ユッケジャンが煮詰まりやすいかも)
子どもウケまたは夫ウケ:★★★☆☆