• Thu. Sep 16th, 2021

メルカリの値下げ要求に、「希望額までは下げられません」と断りつつも、購入を即決させる“匠の技”

――2年で1,300万円以上溶かし、現在借金は●00万円の“買い物狂い”のライターが、苦しくも楽しい「散財」の日々を綴ります。

 可愛いスカートが欲しい~。ふわっふわでさらっさらなスカートが欲しい~~。我がワードロープを見ると、圧倒的に夏物スカートが足りないんですよ。夏物スカートが欲しい、今すぐに。

 しかし、最近、貧の乏になってしまった私は、すっかり服屋から遠ざかっていました。服屋に行ったら、いいなと思ったスカートは最低2万円……。ぐむむ……ここはフリマアプリに頼るしかないッ!!! 

 フリマアプリは洋服が大量に出品されているので、私の好きな「ゴム スカート」で検索してもたくさんの服が出てきます。好きなブランドを入れて、「ゴム スカート」と入れて検索検索……! えーと、そうだなあ。私の大好きな雑誌「マリソル」(集英社)に掲載されたスカートなんかいいわねえ。キーワードに「マリソル」って入れてみよ!! すると、早速キュンとくるスカートに出会いました。

 私が気になったのは、「ビームス×清原亜希リネン100フレアスカート」というグレーのアイテム。お値段1万円也。商品説明文には、「リネン100のギャザーたっぷりのスカート 麻素材特有の乾いた生地感、色合いです」と書かれています。ふおおお、いい!! めっちゃいい!! 可愛い!!!! なんといっても、ふわふわとスカートがひるがえった姿が可愛い!!!!!! とはいえ、私は今、貧の乏。もうちょっと安いスカートも見てみたい……と思い、「清原亜希 スカート」で調べることに。すると……。

 なんと、同じスカートと思われるスカートを3,200円で売っている人を発見! あんぎゃーーー!!!!!! そのスカートは6日前に売り切れており、購入は不可。悔しぃ~~~~!!!!!! そのスカートはあたしが買うものだったのよ~~~(!?)

 とはいえ、フリマアプリは無常。最初に購入した人が勝者なのです。売り切れたスカートは、「いいね」が1しかついていませんでした。ということは、出品されて間もなく、ぺいっとあっという間に買われたということ。

 うーん、出品されてすぐに購入する人はどうやってスカートを見つけているのかしら。アラートをかけているのか、それとも偶然スカートが出品されていることに気づいて、「あ!!」と飛びつくのか……。あたしにゃそんな瞬発力ないのよねえ……。こうなりゃ、この1万円のスカートをどうするか考えねばならねえ。

 ちなみにスカートの元値は2万4,000円なんだそうです。ということは、税込みで2万6,400円。グレーのほかにピンクも展開されており、同じ出品者さんが売っていました。でもすでに売り切れていて、取引価格は1万8,000円。そう考えると、この1万円のスカートは十分に安い気もするのですが、さっきの3,200円が脳裏をちらついて離れない……。このまま購入するのはなんかこう、なんかなのよねえ……。そこで「8,500円で購入させてもらえませんか?」と質問してみることに。

 すると、すぐに値が9,200円に変わり「希望額までは下げられませんが、こちらでよかったら……」と返信が届きました。

 な、なんて粋なのかしら……!! こんなふうにパッと値下げされると、他の人が買うんじゃないかと焦り、購買意欲が爆上がりするではないか~~~!!!!!! か、買います~~~!!!!!! そんなわけで、9,200円で購入しました。

 いやあ、今回もメルカリの匠の技を見た気がしたわ……? 値下げするときには、「○○円ならできます」と答える前に、サッと値下げしてしまって、「値下げしました。どうぞご自由に」スタイルのほうが、購入希望者は、「ほかの人に買われちゃう!」ってびくびくしますよね。ライバルも価格が下がっていたら「お、買おうかしら?」と思うはず。フリマアプリで商品が売れない方は、一度試してみては?

■今回の出費
「ビームス×清原亜希リネン100フレアスカート」9,200円