• Sat. Sep 25th, 2021

中島健人『彼女はキレイだった』北山宏光『ただ離婚してないだけ』好評でも……ジャニーズ、近年の低視聴率「大コケドラマ」4本

 もう半世紀近く、テレビドラマで活躍するジャニーズタレントたち。現在放送中の“夏ドラマ”にも、『彼女はキレイだった』(フジテレビ系)で主人公の・ドS雑誌編集長を好演するSexy Zone・中島健人や、“月9”ドラマ『ナイト・ドクター』(同)で見せる自然な演技が話題のKing&Prince・岸優太、『ただ離婚してないだけ』(テレビ東京系)のクズ男役が「普段と別人のよう」と視聴者を驚かせているKis-My-Ft2・北山宏光など、多くのジャニーズタレントが好演している。

 しかし、過去を振り返ると、内容や演技は好評でも、視聴率において惨敗してしまったドラマも少なくない。

「最近では、今年1月期に放送された関ジャニ∞・大倉忠義主演『知ってるワイフ』(フジテレビ系)がそれに当たります。人気韓国ドラマのリメイクで、大倉演じる気弱で優柔不断な男が、大学時代に好意を寄せていた後輩(瀧本美織)から「好きだった」と言われたのを機に、妻(広瀬アリス)との結婚を後悔し、過去を変えるためタイムスリップするという大胆なストーリーです。しかし、放送された“木曜劇場”枠は、近年、視聴率が振るわないことから“死に枠”とも言われており、『知ってるワイフ』も初回から世帯平均視聴率6.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と惨敗。それでも、『大倉くんのはまり役』『展開が面白い』とネット上で口コミが広がり、最終回では8.9%まで上昇しました」(芸能ライター)

 “木曜劇場”枠のジャニーズ主演ドラマといえば、19年4月期に二階堂ふみとKAT-TUN・亀梨和也がダブル主演を務めた『ストロベリーナイト・サーガ』が思い出される。同作は、12年に竹内結子主演で火曜午後9時台で放送された『ストロベリーナイト』の続編として、7年ぶりに放送された。

「『ストロベリーナイト』が最高視聴率16.9%を記録するヒット作となったため、フジは続編の宣伝にかなり力を入れていましたが、キャストを総入れ替えしたことが多くの視聴者から反感を買い、第8話では自己最低となる5.2%を記録。さらに、全話1ケタと振るいませんでした。凄腕女性刑事を演じた二階堂、体育会系刑事役の亀梨の熱演ぶりは評価されていただけに、当時、『貧乏くじ引いてかわいそう』『ある意味、被害者では?』とキャストに同情する声も上がっていました」(同)

 そもそも近年のフジテレビは、多くのドラマ枠が低迷気味であることから、「大コケする確率が高い」ともいえる。Hey!Say!JUMP・中島裕翔主演で16年7月期に放送された『HOPE~期待ゼロの新入社員~』も、もし他局で放送されていたら結果は変わっていたかもしれない。

「日曜午後9時台に放送された『HOPE~期待ゼロの新入社員~』は、人気韓国ドラマ『ミセン-未生-』のリメイクで、囲碁のプロ棋士の夢をあきらめた一ノ瀬歩(中島)が、一流商社でインターンとして働き始め、社会人としての経験を重ねながら成長していくストーリー。しかし、前クールで芦田愛菜とシャーロット・ケイト・フォックスがダブル主演を務めたホームドラマ『OUR HOUSE』が最終回3.3%とドラマ史上に残る低視聴率を記録したこともあり、尾を引く形で『HOPE~期待ゼロの新入社員~』も4~7%台と振るいませんでした。同枠はその後も視聴者を定着させることができず、17年7月期を最後に単発バラエティ枠に変更されました」(同)

 また、フジを代表するブランド枠“月9”では、ジャニーズ主演ドラマが「月9史上ワースト更新」と話題になったこともあった。

「16年10月期に放送されたHey!Say!JUMP・山田涼介主演の『カインとアベル』は、全話平均8.2%を記録し、当時の“月9最低視聴率”という不名誉な記録を打ち立ててしまいました。同作で山田は、兄の婚約者に恋愛感情を抱く主人公を好演しましたが、当時は同作の不振を『山田の一般知名度が低すぎる』と分析するメディアもあった。ただ、その後の“月9”枠の低迷ぶりや、18年1月期に山田が主演した土曜午後10時台の連続ドラマ『もみ消して冬~わが家の問題なかったことに~』(日本テレビ系)が初回13.3%と好発進し、19年にスペシャルドラマまで放送されたことを思うと、山田の知名度の問題ではなかったようにも思えます」(同)

 最近はネットの“見逃し配信”で見る人も多く、視聴率とドラマの注目度は必ずしも比例しないとはいえ、テレビ業界では今も重要な指針となっている視聴率。かつて“月9”で20%超えを連発した木村拓哉級の国民的ジャニーズ俳優はこの先、誕生するだろうか。