• Sat. Sep 25th, 2021

有村昆、ラブホ密会&離婚“公開謝罪”もフルボッコ状態! “合コン王”カラテカ・入江慎也の「清掃会社でバイト」公表が裏目に

 映画コメンテーターの有村昆が8月16日、坂上忍がMCを務める情報番組『バイキングMORE』(フジテレビ系)のスタジオに生出演。フリーアナウンサー・丸岡いずみとの離婚を語る際、「切腹」と表現したことが波紋を呼んでいる。

 2012年に結婚し、18年に代理母出産により男児が誕生した有村と丸岡。しかし、今年5月に有村とセクシー女優の“ラブホ密会”がニュースサイト「FRIDAYデジタル」に報じられ、有村はすべてのレギュラー番組を降板し、芸能活動を自粛。その後、7月29日に丸岡と協議離婚が成立したことを報告した。

 今回、自身の不倫と離婚の経緯について初告白した有村。スーツ姿で登場すると、神妙な面持ちで「自分がしてしまったことが本当に許せないことなので、今日は今まで3カ月間、活動を自粛していたんですけど、表に出られなかったので、今日、しっかり自分の口から謝罪と、いろんなことにお答えさせていただければということで、本日まいりました」とあいさつ。坂上らの質問に答える形で、婚姻中もストレス発散のために合コンに参加していたことや、報道以外にも浮気の経験があることなどを告白した。

「『けじめとして離婚を申し入れた』とする有村に対し、アンミカが『けじめって言い方がすごく違和感』『けじめでなく“結果”』と厳しくコメント。野々村友紀子氏に至っては、『早くないですか? 出てくるの。3カ月ですよ!?』と有村の出演自体を否定していました。同様に、高橋真麻も『私たちに謝罪されても』『(視聴者に反省を)アピールしなくても』と首を傾げ、コメンテーター陣によって有村は“フルボッコ状態”となっていました」(芸能ライター)

 さらに、番組では離婚を切り出したのが丸岡ではなく、不貞行為を行った有村であったことが話に中心に。有村が「僕なりの言い方をするならば、これ(不倫)は切腹ものであると。ということで、切腹(離婚)を申し入れたと」「自分のしてしまった罪を、自分のけじめとして、これは武士の世の話ですけど」と独特な言い回しで説明すると、アンミカは「ごめん、わからへん。どういう意味?」「ごめん、今、令和やから。普通にわかりやすく(説明して)」「けじめとか切腹とか……、今ここで何かかっこつける場所ではないから」と指摘したが、有村はその後も「切腹を申し入れた」と言い続けていた。

「映画の影響なのか、保身のためかは不明ですが、離婚を“切腹”と表現する有村に、アンミカ同様、ドン引きしてしまった視聴者は多い様子。ネット上では『切腹なんて、そんなに気軽に使っていい言葉じゃない』『けじめとか切腹とか、自分に酔ってるようにしか見えない』『自分を時代劇映画の主人公とでも思ってるの?』と不快感を訴える人が続出しています」(同)

 また、自粛期間中は「友人の清掃会社」で週4~5ペースでアルバイトをしており、今後も続けたいと明かした有村だが、坂上から「これ、入江くんのとこじゃないの?」と指摘されると、「あの……『ピカピカ』のカラテカ・入江(慎也)さんのとこです」と発言。坂上から「芸能界のツテなんて使っちゃダメですよ」「ラクしすぎ」とツッコまれていた。

 入江といえば、19年6月に芸人の“闇営業問題”が発覚し、吉本興業を解雇に。その後、ハウスクリーニング会社「ピカピカ」を立ち上げ、現在は全国に支店を増やしている。

「入江は昨年10月発売の『フライデー』(講談社)に東京・恵比寿で女性たちと合コンを楽しむ姿がスクープされるなど、現在も“合コン王”ぶりは健在。有村は今回、反省を示すために清掃業者でのアルバイトを公表したのでしょうが、合コン好きの入江との親交が強調されたのは、むしろ今の有村にとってはマイナスでしかありません」(同)

 生放送で謝罪するはずが、すべて裏目に出てしまった印象の有村。復帰はいばらの道となりそうだ。