• Sat. Sep 18th, 2021

ViVi「国宝級イケメン」顔で見る“運勢ランキング”TOP5! 第1位のSixTONES・松村北斗を上回り「活躍が期待できる」イケメンは誰?

 いい運勢も悪い運勢も、すべては「顔」に表れている!? 顔立ちや表情から性格、気質、才能を見抜く「観相学」を用いた占いを行う岡井浄幸氏に、今ノリにノッている芸能人の運勢を徹底鑑定してもらいました!

 今年もファッション誌「ViVi」(講談社)の恒例企画「ViVi国宝級イケメンランキング」が発表され、2021年上半期のTOP10が決定しました。読者投票をもとに、話題性や活躍度を加味してランキングが決まり、毎年ネット上でも大きな話題になります。そんな“イケメン10人”の中で運勢もいいのは、一体誰なのでしょうか?

 そこで今回は、岡井先生にTOP10に選ばれた人の中から、運勢のいい上位5名を選んでもらい、「今後ますます活躍が期待できる国宝級イケメンTOP5」を発表しちゃいます。

国宝級イケメン、今後の活躍が期待できるメンバーは誰!?

 「ViVi」公式サイトにて発表された「【2021年上半期】ViVi国宝級イケメンランキング」はこちら!

第1位 松村北斗(SixTONES)
第2位 吉野北人(THE RAMPAGE from EXILE TRIBE)
第3位 目黒蓮(Snow Man)
第4位 川西拓実(JO1)
第5位 赤楚衛二
第6位 佐藤勝利(Sexy Zone)
第7位 高橋海人(King&Prince)
第8位 新田真剣佑
第9位 YUTA(NCT127)
第10位 道枝駿佑(なにわ男子/関西ジャニーズJr.)

運勢ランキング第1位:吉野北人(THE RAMPAGE from EXILE TRIBE)

 吉野さんのお顔は、国宝級イケメンに選ばれた人の中でも、すべてのパーツにおいて良い特徴が揃っています。特に、上下左右に広い額と、太く濃く長く一文字に描かれた眉が運命の良さを強調していて、感性が非常に鋭く、直観力や発想力の良さをお持ちの方ですね。目などからは、感じたことや思ったことを心から素直に表現できる性格の良さもうかがえます。

 また、マルチに活躍できる才能の豊かさも際立っており、その実力を発揮できる息の長さも持ち合わせているよう。今後ますます多くのファンを獲得するでしょうし、そのファンに対して、温かく優しい愛情をもって対応してくれるはずです。

運勢ランキング第2位:松村北斗(SixTONES)

この投稿をInstagramで見る

SixTONES(@sixtones_official)がシェアした投稿

 松村さんのお顔は「役者顔」ですね。鼻の形や顔の輪郭が特に顕著で、小さなことにも努力を惜しまず、ストイックなまでに自分を鍛え上げてきたことが、すべてのパーツににじみ出ています。

 また、松村さんは頭脳明晰でありながら、それをさらけ出すような素振りを見せない人。非常に慎重でクールに見える半面、人が良くてきめ細やかな愛情をたくさんの人に注ぐことができる方でもあります。口角の上がった輪郭の整った唇や、その周辺に見えるホクロなどから、人を楽しくさせるトーク力なども魅力ですね。

運勢ランキング第3位:新田真剣佑

 新田さんの特徴は、目の形や徐々に太くなる眉。小さい頃から好奇心旺盛で知識が豊富、何をやっても個性を発揮して、実力を出すことができる適応力のある方だとお見受けしました。

 観相学では、20歳くらいまでのいろいろな経験や体験が、顔のパーツにも反映されると考えられています。彼の場合は、最後に出来上がる額と眉だけでなく、鼻や唇の形の変化から、これからの芸能人生も長いことがわかります。年を重ねれば重ねるほど、味のある魅力が出てくる方なので、将来の活躍が楽しみな俳優の一人ですね。

運勢ランキング第4位:道枝駿佑(なにわ男子/関西ジャニーズJr.)

 明るさや素直さ、そして、いつもキラキラしたものを追い求める情熱が感じられる道枝さん。眉の長さや太さなどを見ても、持って生まれた才能が、ちょうどこれから花開いていくはずです。鼻の形などからも、実力を発揮して、いい仕事のできる期間が長く続くことがわかり、将来も安定的に人気を得られるものと思います。

 若くして人間力があり、人格の高さもうかがえるので、今後の活躍から目が離せないような、独特の個性を持ったタレントになっていくことでしょう。

運勢ランキング第5位:赤楚衛二

この投稿をInstagramで見る

赤楚衛二(@akasoeiji)がシェアした投稿

 赤楚さんの魅力は、額の形などから見える、頭脳明晰で何事にも臨機応変に対応できるところ。また、グローバルな物の見方ができる才能をお持ちのようですね。若くしてさまざまな経験を積まれたようなところも見られ、それが性格形成に大きく役立っているのでしょう。

 自分の個性や、魅力をしっかり出していこうとする“本気度”も感じられ、今後ますます活躍が期待できるものと思います。また、40歳を過ぎる頃が転機となり、今とは違う方面での大活躍もありそうです。

岡井浄幸(おかい・じょうこう)
共立女子大学家政学部食物学科卒業後、明治乳業中央研究所、財団法人国際科学振興財団などを経て、2006年より「嘉祥流観相学会」導主である藤木相元氏に師事し、修行開始。07年には、高野山真言宗にて得度。現在、一般社団法人「嘉祥流観相学会」代表理事・大導師として、観相学、姓名学、開運脳メイクのアドバイス、およびアドバイザーを養成中。企業などでの講演、テレビ、ラジオ等にゲスト出演等を行う。