• Tue. Sep 28th, 2021

「上半期ベストコスメ」の結果に思わず納得!? 「UV/環境アイテム部門」1位のアルビオン“定価1万円超え”化粧下地の購入を決めたワケ

――2年で1,300万円以上溶かし、現在借金は●00万円の“買い物狂い”のライターが、苦しくも楽しい「散財」の日々を綴ります。

 諸君。美容メディアがこぞって発表する「2021年上半期ベストコスメ」はもうチェック済みだろうか。ホホホ。あたくし、毎回毎回楽しみにしてるんざますのよ、「ベスコス」の発表。

 私のように、美容に興味はあるけど、いちいちウン万円の美容液だのファンデーションだのを試す余裕がない女には、ほんっとありがたい特集なの。美容賢者たちが「これが良かった!」っておすすめしてくれるものなら、あたくし四の五の言わずに購入するざんす!!!!

 そういえば、化粧下地がそろそろなくなるところなのよねえ。今使ってるのは、美容誌「美的」(小学館)が発表した「2019年間読者 ベストコスメ トーンアップUV ランキング」で1位に輝いた、ランコムの「UVエクスペールトーンアップローズ」。これもいいんだけど、もう3本目だから、そろそろ新しいものを試してみたいわ?

 そして、愛読するファッション誌「マリソル」(集英社)をつらつら~~っと眺めていると、「2021年上半期ベストコスメ・UV/環境アイテム部門」で1位を獲得した化粧下地が目に入ってきました。ややっ!?!? 「アルビオン スーパーUVカット ハイパフォーマンス デイクリーム」とな!? ふおお、まったくノーマークだったわい。

 美容賢者たちからのコメントには「塗り心地もうるおいもベスト。悩み多き大人の肌に最&高!」「こんなUVあったらいいのに! をすべてかなえてくれた1本」などと書かれています。フォー!! 「美容クリームの心地いい使用感やスキンケア効果の高さを失うことなく、UVカット&トーンアップ&ツヤ肌をかなえてくれる」だって~~~~~!!!! こんなこと言われたら欲しくなるじゃない。さて、オンラインストアを覗いてみましょうかね!

 すると次の瞬間、何気なく価格を見た私の目はビヨヨヨヨヨ~~~~ンと勢いよく飛び出しました。なななななんと、1万1,000円と書かれてあったのです……!いっ、いちまんせんえん……。高っ!! ランコムの6,000円の下地ですら「高けえーよ!」と思っていたのに、まさかの1万円超え! マジかよおおおおおお!!!!!! 

 ちょっとマリソルさん、もしかしてあーた、化粧品会社からお金をもらっているんじゃなくて!? お金をもらって、「じゃあ、オタクの商品を推しておきますわ」みたいなやりとりがあるんじゃなくて――!?!?!?!?!? でもその直後、私はこのランキングが正しいことに気づくのです。

 それは、「クッションファンデーション部門」のランキングを見たときのこと。第1位にNARSの「ピュアラディアント プロテクション アクアティック グロー クッションファンデーション」が選ばれていたのですが、ひと月ほど前、このコラムの読者さんに、「NARSのクッションファンデ、すごくおすすめです!」と言われたばかりだったのです……!! なんちゅー偶然。いや、偶然じゃないのか。みんなが使ってみて「これいい!」と思ったランキングなんだから……。

 私はゼイゼイ息を吐きながら、フリマアプリを覗いてみました。まずは売上金をチェック。おっ!! 4,500円もあるぞ!! ってことは、アルビオンの下地も4,500円引きで購入できるってことじゃん!!

 私は勇気を出して、アルビオンの下地を検索してみました。ないものはないとうわさされるフリマアプリ。もちろん、新品・未使用品が出品されていました! 新品未使用の底値はお値段9,500円也。うーん、定価より1,500円も安い。売上金を使えば、5,000円で買える……っ!! あたしこれ買いますわっ!!!!!!!!!!

 そんなわけで1万1,000円のアルビオンの化粧下地を5,000円でゲット! フー、困ったときのフリマアプリ。今回もいいものが買えたわい。

 しかし、こうなるとさらに「ベスコス」を購入したくなるのが千葉N子。いま私は、「メイク大賞」に輝いたSUQQUのアイシャドウ「シグニチャーカラーアイズ02」と、「ベース大賞」のクレドポーボーテの「タンフリュイドエクラナチュレル」をポチるかどうかの瀬戸際にいます。

 ううむ、アイシャドウは7,700円、ベースは1万4,300円……。全部買ったらあたしは破産よお!! またメルカリに不用品を売るっきゃないわね……!!

■今回の出費
「アルビオン スーパーUVカット ハイパフォーマンス デイクリーム」 9,500円