• Fri. Sep 17th, 2021

業務スーパー、みんなのヘビロテ品「緑の小粒納豆」! 1パック13円で作る“病みつき韓国料理”

――「節約」と「料理」をこよなく愛する俳優・布川隼汰が、業務用スーパーのありとあらゆる食品を本音でレビュー&「ほぼ100円」の節約レシピを大紹介! 

 食欲はある! でもお金はない……僕は常にこの悩みと戦っています。そんな僕にいつも神の手を差し出してくれるのが業務スーパー! 本日は100円以内でおいしくエネルギーチャージすべく、業スー商品を使ってメインメニューを作っていきます。

本日の戦利品はこちら

1.業務スーパー「緑の小粒納豆 3パック」39円

 あればとりあえず買っとく、というほどのヘビロテ品。業務スーパーを利用されてる方のカゴの半分以上に「緑の小粒納豆」と「絹ごし豆腐」は入ってるはず。この手の安い納豆はたれ無しが多いのですが、「緑の小粒納豆」にはたれもからしもしっかり付いています!

2.業務スーパー「芽キャベツ 500g」128円

 実は密かに一番好きな“業スー冷凍野菜”。1粒1粒が小さいので、火が通りやすく扱いやすいです。苦みはそこそこあるので、少し大人向けな味。芽キャベツとしては破格の値段も魅力です!

3.業務スーパー「グランラビオリ ボルチーニ茸入り 250g」298円

 初購入。できあい冷凍品ですが、「ポルチーニ茸入り」というフレーズに惹かれて手に取りました。見た目以上に食べるとボリュームがあるのですが、生地が破れやすいのが難点。慎重に扱う必要がありそう……。

 では、これらの戦利品で実際に100円メニューを作っていきます!

(材料)
緑の小粒納豆……1パック 13円
ブレンドチーズ……40g 35円
ニラ……10g 5円
小麦粉……大さじ2 3円
マヨネーズ……大さじ1 4円
鶏だしの素……小さじ1/2 1円 
水……大さじ1 0円

合計61円

1.材料をすべてボウルに入れて混ぜる。
2.フライパンに油を引き、(1)のチヂミのタネを平たく伸ばして焼く。
3.弱火で両面しっかり焼いて、パリパリになったら完成!

◎ワンポイント
・納豆に付いているたれやからしも入れましょう。味が薄ければ後から醤油をつけて食べるのもアリ!
◎感想
 チーズのパリパリがおいしくないわけがない! そして、同じ発酵食品の納豆が加わることで旨味倍増。パリパリでトロトロ、おやつにもなるし主食にもなる、病みつきレシピがここに誕生しました。

(材料)
パスタ1.6mm……125g 24円
むきあさり……30g 23円
芽キャベツ……30g 7円
にんにく……1片 2円
オリーブオイル……大さじ3 26円
鷹の爪……少々 1円
塩……適量 1円

合計84円

1.パスタを表示時間より2分少なめに茹でる。
2.むきあさり、芽キャベツをレンジで解凍しておく。
3.フライパンにスライスしたにんにく、鷹の爪、オリーブオイルを入れて弱火にかけ、こんがりしてきたら鷹の爪とにんにくを取り出し、解凍した芽キャベツとむきあさりを入れる。
4.茹で上がったパスタと塩を加えてオイルと和え、取り出したにんにくと鷹の爪をかけたら完成!

◎ワンポイント
・オイルと少量のお湯で「乳化」が進むとおいしく仕上がるので、パスタのお湯は切りすぎず、鍋からトングなどで直接入れるくらいでちょうどいいです。
・少し固めに茹でてフライパンの上で調整するのがポイント!
◎感想
 あさりの旨味がオイルに溶けだし、芽キャベツのホクホク感とほのかな苦みがパスタに深みを出してくれます。布川家のランチにもっとも多く登場するペペロンチーノ。間違いナシなのでお試しください!

(材料)
グランラビオリ……3個 63円

●カットトマト缶……150g 24円
●鶏だしの素……小さじ1 2円
●砂糖……小さじ1 1円
●醤油……小さじ1 1円

合計91円

1.●の材料を合わせて火にかけてトマトソースをつくる。
2.グランラビオリを4分茹でる。
3.ラビオリを皿に盛り、トマトソースをかけたら完成!

◎ワンポイント
・ラビオリは非常に破れやすいため、茹でる時とお湯から上げる時は慎重に。
◎感想
 ラビオリという料理自体、初めて食べたのですが、モチモチとした生地の中に、ポロポロとした具材が入っていて不思議な食感でした。ラビオリ自体はほんのり苦みが残る大人向けな味。トマトソースの酸味と相性が良かったです! ただ、リピートするほどではないかな……。

【近況報告】
布川隼汰、久々にドラマ出演決定!
2022年2月放送予定『鈍色ショコラヴィレ』(MRO北陸放送)

本職で頑張って食費を少しだけアップできますように……。