• Tue. Sep 28th, 2021

鈴木達央、『Free!』が起用継続発表! “コンプラ違反”騒ぎから一転……同日、LiSAが“ツアー再開”発表も「心配の声」

 京都アニメーション制作の水泳アニメシリーズ『Free!』の公式サイトが8月19日、橘真琴役を務める声優の鈴木達央について、起用を継続すると発表。ネット上では、同作のファンや鈴木のファンから感謝の声が相次ぐと同時に、驚きの反応も見られる。

 7月30日付けのニュースサイト「文春オンライン」に20代女性との不倫が報じられた鈴木は、この直後、「体調不良」による活動休止を発表。これを受け、『Free!』制作側は「ファンの皆様および当作品にとって最善の在り方を模索するため、製作委員会および制作スタッフ、所属事務所と慎重に協議を重ねてまいりました」といい、「企画から9年間にわたる当シリーズにおいて重要な登場人物であり、その役を演じる鈴木達央氏の繊細な芝居や、他キャストやスタッフと築き上げてきた関係性が当作品にとって重要」との理由で、起用継続の判断に至ったという。

 これを受け、ネット上では「京アニさん、たっつんを救ってくれてありがとう」「たつの手を離さないでくれてありがとうございます」「橘真琴はたっつんじゃないとできないと思います」「神対応ありがとうございます」と感謝を伝える書き込みが相次いでいる。

 なお、『Free!』は新作映画『劇場版 Free!-the Final Stroke-』の前編が9月17日、後編が2022年4月22日に公開予定。同作は鈴木がTa_2名義でボーカルを務める音楽ユニット・OLDCODEXが主題歌を担当する予定だったが、今月17日に鈴木および同ユニットが活動休止を発表したことを受け、『Free!』側が19日に解禁予定だった予告映像の公開を、急きょ中止していた。

「18日配信のニュースサイト『NEWSポストセブン』は、鈴木が不倫報道から間もないタイミングで自殺を図り、緊急搬送されていたと報道。一時は生死をさまようほどだったとも伝えられました。このショッキングな報道もあって、鈴木の起用継続に胸を撫でおろした人は多い様子。一方で、『文春』は鈴木が不倫相手に『Free!』の新曲デモテープを聞かせていたことを報じていたことから、ネット上では『コンプラ違反で降板は免れない』との見方が広まり、その場合の多額の損害賠償も注目されていたため、京アニの判断に驚きの声が上がっています」(同)

 また、『Free!』から発表があった19日、鈴木の妻で、全国アリーナツアー中の歌手・LiSAは、今月28日と29日の北海道・真駒内セキスイハイムアイスアリーナで予定しているライブについて、公式サイトにて「開催に向けて準備中」と発表。だが、7日と8日の福岡・マリンメッセ福岡公演は「心身披露により一定期間の静養が必要と判断」との理由で中止となったため、LiSAの健康状態が心配されている。

「鈴木の自殺未遂報道後、LiSAが鈴木を責められない状況から、ネット上では『LiSAちゃんがかわいそう』『裏切られた上に、自殺未遂まで……LiSAちゃんつらいだろうな』と同情する声が続出しました。不倫報道当日のライブでは『世間はいろいろありますが……』『私はみんながいるから大丈夫』と気丈に振る舞っていたLiSAですが、現在、ファンからは『北海道に来てくれるのはうれしいけど、大丈夫かなあ。ゆっくり活動してね』『LiSAちゃんにとっては、ライブやらないほうがストレスなのかもね。でも無理しないでね』と温かい声が寄せられています」(同)

 今後の動向が注目される鈴木・LiSA夫妻。鈴木の起用継続は、ひとまず鈴木のファンを安心させたようだ。