• Mon. Sep 27th, 2021

日曜劇場『TOKYO MER』第7話、視聴率15.0%で過去最高! 鈴木亮平ら“実力派キャスト”に称賛も「ポンコツ」「幼稚」と“脚本”に批判

 8月15日、鈴木亮平が主演を務める日曜劇場『TOKYO MER~走る緊急救命室~』(TBS系)の第7話が放送され、世帯平均視聴率15.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を記録。第6話の8.4%から大躍進を遂げ、番組最高視聴率となった。しかし、視聴者からはストーリー展開に「現実味がない」などと、批判的な声が上がっているという。

 都知事の命令で新設された救命救急チーム「TOKYO MER」の活躍を描く同作。第7話では、江戸川区の清掃会社でめまいや吐き気、意識障害を起こした外国人従業員が続出し、MERに出動要請が出るという内容だった。

「チーフドクターの喜多見幸太(鈴木)をはじめとしたMER一行が現場に到着すると、多数の警察官が先に到着していました。そんな中で、患者を搬送しようとした喜多見らでしたが、警察公安部が阻止する展開に。さらに、公安部の課長・月島しずか(稲森いずみ)が遅れて現場に登場し、この事件には国際的なテロ組織『Lasting Peace 9』が関与していると告げられ、テロに協力した疑惑のある従業員の身柄を引き渡すよう要求。喜多見と月島が言い争っている間に、清掃会社で突然爆発が発生する……といった展開でした」(芸能ライター)

 現場に漂う臭いから、“TNT火薬”が使用された爆弾だとわかっただけでなく、爆発によって入口が塞がれてしまった地下に、不法滞在の外国人労働者が16人取り残されていることも判明。また、地下には神経ガスが充満しており、MERは非常に困難な状況で救助活動を行い、見事に全員を助け出した。

「この救助の際、突入したメンバーは神経ガスへの対策として防護服とマスクを着用。しかし、最後の1人を救助する間に防護マスクが曇ってしまい、注射を打つのが難しくなった喜多見は、危険を顧みずにマスクを外して処置を開始したんです。幸い、神経ガスの濃度が低く大事には至りませんでしたが、ネット上では『あの状況でマスクを外すのは考えられないでしょ』『さすがに現実味がなさすぎる』『脚本がガバガバ……なんでもありのドラマだな』など、ツッコミの声が続出していました」(同)

 主演の鈴木のみならず、演技派の賀来賢人や小手伸也、さらに、今回から稲森と城田優が登場するなど、豪華なキャスティングが注目されているが、だからこそ視聴者からは「子どもだましな脚本を俳優の演技力で補ってる」「演技うまい人が揃ってるのに、脚本がポンコツで残念」「主演の鈴木亮平を筆頭に出演者は最高だが、脚本が信じられないくらい幼稚」といった、手厳しい声が上がっているようだ。

 視聴率は大幅に回復したものの、回を追うごとに否定的な声も増えている印象の『TOKYO MER』。俳優たちの熱演で、なんとかカバーできるだろうか。