• Thu. Sep 16th, 2021

King&Prince・平野紫耀の弟、写真集発売で「撮影会」「お渡し会」も実施!? 「兄のファンを相手に商売?」「勘違いしすぎ」とジャニーズファン騒然

アパレルブランド「RKS RICKY(リクスリッキー)」の代表を務め、“King&Prince・平野紫耀の弟”といわれている平野莉玖氏。彼のスタイル&フォトブック(タイトル未定)が10月15日に発売されることが明らかになり、ジャニーズファンを騒然とさせている。

 昨年7月頃から「平野の弟がブランドを立ち上げた」と話題になったが、このほど公開されたビジュアルを見たネットユーザーは「莉玖くん、めっちゃカッコいい」「平野くんの弟さんだよね!? 似てる!」と、衝撃を受けている状況だ。

「紫耀と、その弟・莉玖氏は2005年頃よりダンスやラップを披露する『SHOW&RICKY』なるユニットを組んでいた時期があるとか。芸能活動を続けた紫耀はジャニーズ入りし、18年にKing&PrinceとしてCDデビュー。一方、弟はしばらく表舞台から遠ざかっていましたが、昨年の夏にアパレルブランドを始めたことがネット上で騒ぎになりました。両者の関係性は公表されていないものの、紫耀が公式携帯サイト・Johnny's webのブログに『RKS RICKY』のロゴ入りTシャツを着た写真をアップしたりと、もはや“公然の秘密”になっています」(ジャニーズに詳しい記者)

 平野ファンの間では一躍、有名ブランドになった「RKS RICKY」。今年5月1日には、新作Tシャツの販売に合わせて、「RKSRICKY代表『RIKU』の1stシングルをプレゼントさせて頂きます!」と商品購入者に写真集付きのシングルを贈呈すると告知した。同曲について、「過去にアーティストとして活動していた僕が久しぶりに歌を作りました」と説明し、さらには「アーティストとしても復帰し、只今多くの曲を作成中ですので楽しみに待って頂けると嬉しいです よろしくお願い致します」と宣言していた。

 さらに、7月21日~27日にはブランドが1周年を迎えたことを記念し、愛知・名古屋市内にてポップアップストアを期間限定で出店。ブランドが軌道に乗る中、莉玖氏は8月17日に自身のインスタグラムアカウントで「重大発表!! この度JUNONさん協力のもと僕が自身でモデルを行ったRKSRICKY RIKUスタイルブックの発売が決まりました!」と本の出版を発表。「たくさんの僕の素の表情を撮影して頂きRKSRICKYの服の良さもしっかりと詰まった作品になっておりますのでぜひぜひお楽しみにお待ちください!!」とPRしたのだ。その3日後、20日発売の「JUNON」2021年10月号(主婦と生活社)に掲載された本の宣伝ページによると、「ときにスタイリッシュに、ときにキュートに、ベールに包まれた22歳の全貌を詰め込んだ一冊」になっているとのこと。

 同日には、一部ニュースサイトでも発売情報が取り上げられ、マイナビニュースの記事では「今回初めて全面的に僕がモデルをし、撮影を行うことによってRKS RICKYの良さをもっともっと皆様に見せられたらという思いで制作に取り組みました! 」「これから1人のアーティスト、アパレルブランドの代表として、ひとりでも多くの人たちのパワーの源になれるように頑張ります。今まで見ていてくれている方も、これを機に知っていただいた方も、応援よろしくお願いいたします!」と、本人のコメントを紹介していた。

 出版に合わせて公開された公式サイトによれば、『平野莉玖 & RKS RICKY スタイル&フォトブック(仮称) + RKS RICKY Limited T-Shirt 数量限定記念セット』を同サイトとTSUTAYA限定でリリースとのこと。価格は1万978円(税込)で、10月17日に都内某所で行われる「本人との記念撮影会」イベントへの応募権利もつくという。また、出版元である主婦と生活社のサイトによれば、同16日~17日に大阪、名古屋、東京で「サイン入りポストカードお渡し会(抽選)」も開催されるようだ。

 アーティスト活動再開に続いて、写真集の発売も決まった莉玖氏について、ジャニーズファンからはさまざまな反応が上がっている。

「莉玖氏のブランドを支持するファンは多く、インスタグラムなどにも応援メッセージが数多く寄せられています。もちろん、“平野紫耀の弟”とは打ち出していませんが、今回のスタイル&フォトブック制作のニュースを受けて、一部ジャニーズファンは『平野くんにこんな弟がいたとは知らなかった。似てるし、イケメンだね』『紫耀くんの弟、スタイルブック発売するんだ。カッコいい』『平野の弟が「JUNON」に出るまで成り上がってるのは面白い』と、食いついていました。とはいえ、突然の芸能界進出に対しては『平野の弟さん、想像以上のスピードで本格的に表舞台に出てきたな……。ソワソワする』『お兄さんにあこがれてるのかな? どう考えても“平野の弟”としか見られないよね。兄のファンを相手に商売することを望んでるのかな』『平野の弟、さすがに勘違いしすぎだし、イタすぎでは? 兄にぶら下がって満足?』と、否定的な声も出ています」(同)

 ちなみに、莉玖氏とタッグを組む主婦と生活社といえば、週刊誌「週刊女性」の出版社だ。同誌はかつて「ジャニーズの天敵」と言われ、ジャニーズ関連のイベントなどへの取材も出入り禁止となっていた。

「しかし、今年3月発売のジャニーズオフィシャルカレンダー『ジャニーズWEST 2021.4-2022.3』は主婦と生活社から発売され、『ついに雪解けか』と業界内でも騒ぎになりました。ただ今回、莉玖氏のページを割いた『JUNON』には、長らくジャニーズタレントは出ていません。例えば、10月号もDa-iCE、JO1、THE RAMPAGE from EXILE TRIBEといったジャニーズ以外のボーイズグループが載っていて、元SMAP・稲垣吾郎も登場しています。近年は和解した印象こそあるものの、まだジャニーズとは溝がある主婦と生活社と、平野の弟が一緒に仕事をすることになったわけです。おそらく、今回のスタイル&フォトブックは莉玖氏サイドが積極的に働きかけたというよりも、出版社側から目をつけてオファーしたのでしょう」(同)

 発売に向けて、今後はどんなメディアに露出していくのだろうか?