• Sat. Sep 25th, 2021

田村淳、メンタリスト・DaiGoへの“臆測発言”を謝罪も「なんでこっちのチャンネルで?」「わざと少ないほうで……」と批判相次ぐ

 お笑いコンビ・ロンドンブーツ1号2号の田村淳が、8月21日に自身のYouTubeチャンネル「田村淳の休日」を更新。「謝罪」と題した動画の中で、メンタリスト・DaiGoに対する自身の発言を謝罪したが、その“場所”をめぐってネット上で「なんで?」と批判を浴びた。

 事の発端は、同19日にロンドンブーツ1号2号のYouTubeチャンネル「ロンブーチャンネル」で行ったライブ配信「【生電話】雨上がり解散など、今週ニュースにもコメント。」にて、田村がDaiGoにまつわる“裏話”を披露したことだった。

「DaiGoといえば今月、『ホームレスの命はどうでもいい』などの差別発言で大炎上しましたが、田村はライブ配信の中で『この件についてはまったく擁護できないし、非難されるべき』『メンタリストって人の気持ちを先読みできる人なんだって思ってたんですけど、偽物なんだって思いましたね』と厳しく批判。この流れで、DaiGoがテレビ出演時に“複数の色のボールの中から、相手が選んだ色を当てる心理術”を披露した際、『遠くにマネジャーがいて、そのマネジャーが“信号”を送っている』場面を目撃したと暴露。続けて『タネがあってもいいと思います』とフォローしていましたが、“信号”の件はあくまで臆測であったため、ネット上では『炎上に便乗して悪口言ってるだけ』『ここで関係ない話を出すのは卑怯だろ』などと、批判が続出しました」(芸能ライター) 
 
 その後、田村は同21日に自身のYouTubeチャンネル「田村淳の休日」に動画を投稿し、「確証がないのにそのことについて触れたのは良くないな、ということで謝罪したいと思います」「ホームレス発言とはまったく関係ないのに、そこに乗じて自分が発信したというのは、本当に不用意だったと思います。すみませんでした」と謝罪した。 
 
「しかし、田村が謝罪動画をアップしたのは、チャンネル登録者数8万人の『田村淳の休日』でした。ライブ配信を行った『ロンブーチャンネル』の登録者数は65万人ですから、ネット上では『なんでこっちに謝罪動画上げたの?』『わざと少ないほうで謝罪したように見える』といった指摘が上がることに。また、謝罪動画の中で田村は『これからも僕はきっと失言すると思います』『自分なりに気をつけながら、誰も傷つけないような発言を心がけるのですが、この先も失敗すると思います』などと発言しており、これも『他人に厳しく、自分に甘い人』『失言するってわかってるなら、何も言わないほうがいい』などと批判されています」(同) 
 
 また、ネット上では「最近、“ご意見番”気取りじゃない?」「いつから淳は人を批判できるような立場になったんだ」といった声も。「失言」の可能性を感じているならば、まずは自分に厳しくするべきではないだろうか。