• Fri. Sep 17th, 2021

NEWS・小山慶一郎、ラジオ収録中にマネジャーと大慌て!? 「そんなインフォメーションあった?」「最悪じゃん!」と大反省のワケ

 NEWS・小山慶一郎がパーソナリティを務めるラジオ『KちゃんNEWS』(文化放送)。8月24日深夜の放送回では、リスナーからのメールで“ある大失敗”が明らかになる場面があった。

 ジャニーズ公式携帯サイト「Johnny’s web」の中で、個人連載ブログとは別に週に1回メンバーが交代で更新するグループ連載「NEWSRING」を持っているNEWS。内容は、日常のエピソードなどさまざまだが、最後は必ず「しりとり」の言葉で次のメンバーにつなぐ決まりになっている。2012年の1月からスタートし、小山が担当した8月18日で記念すべき500回目を迎えていた。

 そんな中、リスナーから「先日の慶ちゃんがお当番の日が『RING500回』だったことをご存じですか?」とメッセージが寄せられると、小山は「そうなの!?」と驚嘆。大慌ての様子で「そんなインフォメーションあった? 『500回目です』って書いてあった? 俺に?」「あった? 知ってた?」とマネジャーに確認すると、なんとマネジャーも知らなかったことが発覚。

 リスナーのメールには、「知ってか偶然か、その前のまっすー(増田貴久)が“り”でつないでくれたので、てっきり慶ちゃんは『RING500回』でくるかな? と期待していたのに、慶ちゃんが選んだのはまさかの“リタイア”でした」ともあり、小山は「最悪じゃん!……最悪じゃん! 俺知ってたら“RING”とか“RING500回”とか“RING記念日”とかやってたのに、まさかの(NEWS)RINGを終わらせるかのような、まさかの“リタイア”……」と絶句。大切な記念日回で自分が犯した重大なミスに気付き、「最悪じゃん! やってるわ、俺」と大反省していた。

 ちなみに、小山は「NEWSRING」で、お題に対し毎回さまざまな言葉を挙げて、それにまつわるエピソードを紹介するスタイルを取っている。500回目となる回では増田から受け取った“どんぐり”の“り”から「リビング」「リフレッシュ」「旅行」「リゾート」「リップクリーム」「緑茶」「リュック」「流行」「リアルタイム」などの言葉を挙げ、それにまつわるエピソードを紹介したのちに、最後に「リタイア」という言葉で次の加藤シゲアキにつなげていた。

 記念すべき日に、連載を終了させるような言葉でつないでしまった小山。ファンが見ている画面では何回目の連載かわかるようになっており、この日も「RING(ハート)500」としっかり記載されていたのだが、「それは俺には見えないのよ、作ってるときは」と弁明。

 そして「まじごめん……リタイアしない。大丈夫だよ」「俺、なんでこういうときに図らずも天然みたいなの出るんだろうね」と苦笑いしつつ、「続けますよ。だってこれめちゃくちゃみんなでつないできたRINGだからね」今後も続けていくと宣言。「今度は(記念日のときは)早めに教えてほしいな」と求めていた。

 この放送に「まさかマネジャーも知らんかったとは」「リング500回目に気づかなかった慶ちゃん、またまっすーにいじられそうね」「マネジャーも知らなかったんだ!」などの声が集まっていた。