• Fri. Sep 24th, 2021

King&Prince・岸優太、『VS魂』で先輩を顎で使う!?  ジャニーズWEST・藤井流星が「腹立つ~!」と怒り爆発のワケ

 嵐の相葉雅紀がキャプテンを務めるバラエティ番組『VS魂』(フジテレビ系)が8月26日に放送され、King&Prince・岸優太の持ち込み企画「冷蔵庫ありもの料理対決」がネット上で話題を呼んだ。

 「即興料理なら誰に負けない」という岸が、料理上手な芸能人と即興料理で勝負するこの企画。制限時間20分の間に、番組側が再現した“ある有名人の冷蔵庫の中身だけで料理する”というルールのもと、今回は、タレント・小倉優子とバトルを繰り広げた。

 7月22日放送回でタレントのギャル曽根と対決した際、スタジオゲストの滝沢カレンから「ギャル曽根さんが“正統派”だとしたら、岸さんは“ゴッホタイプ”」と評されたことから、「即興料理の天才」を自称している岸は、この日もやる気満々。しかし、前回に引き続き、ジャニーズWEST・藤井流星がアシスタントを務めることが気がかりな様子。

 というのも、藤井は前回、岸の指示を受けながら懸命に料理の手伝いをしていたが、ギャル曽根との勝負に負けた岸は「アシスタントミス」「金輪際、流星くんにお願いしない!」とまさかの八つ当たり。以降のアシスタントに、美 少年・浮所飛貴を指名し、藤井も「逆にやめてください、こいつとコンビ(組ませるの)」とスタッフに訴えていたのだ。

 しかし、あいにく浮所のスケジュールが合わなかったため、今回も藤井が出演することになったそう。それを聞いた藤井は、「なんで後輩の方が忙しいんですか!?」と嘆いていた。

 そんな中始まった料理対決だが、今回の冷蔵庫提供者で審査員も務めるタレント・武井壮の冷蔵庫の中は極端に食材が少なく、目立ったのは、いちごより糖度が高いという1箱5,000円の高級トマト。岸と藤井は調理そっちのけで、「味見しよう」とトマトをつまみ食いし、岸は「甘~い!」と声を上げ、藤井も目も丸くしてその甘さに驚いていた。

 その後、2人はようやく料理を開始。まず岸はレンコンをサイコロ状にカットして炒め、そこにえのきを投入。一方の藤井は、酢水を沸かした鍋に卵を落とし、ポーチドエッグの調理に取り掛かったが、岸に「意外とできますね!」と上から目線で評価されて「なんか腹立つ」と漏らす場面も。

 しかし岸はお構いなしで、フライパンにご飯を投入してチャーハンらしきものを作り始めたと思いきや、「ケチャップがない」と大慌て。結局、自作することにし、藤井にトマトを潰させていたが、いくら潰したところで当然ケチャップにはならず。藤井が戸惑っている間に、岸は炒めた豚バラ肉をチャーハンの上に盛りつけ、その上にチェダーチーズをおろし器で無理やり擦りおろし、つぶしたトマト、ポーチドエッグをトッピング。

 最後に、「直伝のオススメのタレ」と豪語しつつも、味見して顔をしかめて震え上がるほどしょっぱい味噌バター醤油ソースをかけて完成させた。

 岸はこの一品に「ガラパコス諸島ライス」と名付けたものの、しらすのチャーハンに加えてワンプレート料理も作った小倉にはもちろん敵わず。「ガラパコス諸島ライス」を試食した武井は、「一つひとつは全然おいしくなんだけど、口の中で混ざると、懐かしい味だなと思う」と評していたが、「味の面では100対2くらい」とも語り、岸は小倉に完敗した。

 この結果を受け、岸は「流星くんにもうちょい働いてもらえたらよかった」「『あれどう? これどう?』っていう提案が少なかった」「出世するアシスタントは、絶対自らいろいろ提示します。それが足りなかったです」と文句タラタラ。これには藤井も「腹立つ~! 腹立つわ~!」と怒りを爆発。またも後輩に振り回されてしまったようだ。

 この日の放送に、ネット上では「先輩を顎で使えるの岸くんくらい!」「自分ができないのを全部流星くんのせいにしてて笑う」「料理上手じゃないのバレてるのに、頑なに認めない岸くん面白すぎる」「負けた敗因を押し付けられる流星、不憫すぎ」という声が集まっていた。