• Tue. Sep 21st, 2021

舌を噛み切り、喉に包丁を突き立て……団地ママ友3人の深い情欲と恨み【福岡 レズビアン殺人事件:後編】

ByAdmin

Aug 28, 2021

 1973(昭和48)年2月28日、東福岡署(現・東警察署)に、福岡市の市営住宅に住む池田美里が連行された。池田と同じ団地に暮らす紀子さんは、喉に刺身包丁を用いたと思しき3カ所の刺し傷が認められ、その下腹部は刺身包丁で刺しえぐられていた。

 ふたりが暮らしていたのは、1957年建設の古い市営住宅。102棟で、1棟が2戸の2棟長屋式だった。隣近所の暮らしぶりがすぐ覗けるような団地だ。その主婦同士が加害者、被害者となった凄惨な殺人事件は、近所のものたちの格好のうわさのタネとなった。というより、美里と紀子さんは、事件の前から、うわさの的のふたりだった。

「もうしょっちゅう、池田さんは紀子さんの家に上がり込んどったですね。我が家とおんなじだったですよ」
「ほんとにもうべったりだったですね。あの人たち、同性愛じゃなかね、とうわさが立つくらい」
「仲がよすぎて、憎さ百倍になったとじゃなかですか。ふつうの付き合いじゃなかったですもんねえ」

 ふたりがどちらかの家を訪ねると、すぐにバタバタと雨戸を閉めるといったことからも、うわさは信憑性を増して広まっていった。

▼前回まで▼

金銭トラブルと別にあった問題

 こうした背景から、事件までのふたりの動向は近所のものたちに広く知られていた。それによれば、ふたりは事件前年から、一緒に団地のマーケットで食堂を開くことを計画し、その準備金として美里が紀子さんに170万円を貸していたのだという。加えて、ふたりの関係を知ったと思しき紀子さんの夫が家を出ていったことから、美里は紀子さん家族の生活の面倒も見ていたといわれる。美里の夫が110番通報した際に語っていた「金のもつれ」は確かにあった。

 ところが、事件直前、ふたりの関係は急激に悪くなっていった。事件当日の朝、紀子さん宅に押しかけた美里は、長女が登校したあとを見計らって、6畳間の布団の中で紀子さんを求め、キスをしたが紀子さんは盛り上がってくれない。それをなじると「もう帰んしゃい。来んでよか、と冷たくいわれた」(美里の供述)。

 逆上した美里は、吸っていた紀子さんの舌を噛み切り、台所から刺身包丁を取り出して喉にその刃を突き立てたのだった。6畳間の隅には、噛み切られた舌がころがっており、喉には、折れた包丁の先端部分が残されていた。

 犯行現場からは深い恨みが臭い立つが、この恨みの源泉は金のトラブルだけではない。事件直前に紀子さんが冷たくなったのには理由があった。紀子さんは同じ団地内で、別の主婦と親密な関係になっていたのである。

 それは事件の起きた年のはじめごろ。当時30歳の主婦・悦子さんと、紀子さんが一緒に天神に買い物に行く姿や、映画を見に行く姿が近所の主婦たちに頻繁に目撃されるようになった。美里が紀子さんの家を訪ねても「いま、内職のことで人が来てるから」と追い返し、悦子さんとの逢瀬を楽しむようになったという。

 当の悦子さんは当時、週刊誌の取材に赤裸々に紀子さんとの関係を語っていた。花柄のエプロンのすそを丸めながら、ぽつりぽつりと答える。

「1月の中旬ごろ、団地内の子ども会の会合で話をするようになってからです。
 うちの主人も仕事の関係で月に何日も家をあけます。一度、家を出ていくと、1週間から10日も続けて帰ってこないこともあります……。私の子どもも大きくなって……私の手から離れたいまでは、私も家の中でひとりぼっちの生活なんです。
 そんな気持ちのときなんです。誘われたのは……」

 と話して悦子さんはうつむいた。彼女は紀子さんの誘いに応じ、ママ友を超えた関係になった。悦子さんは当時、やめようという気持ちもあったが、関係を続けたという。紀子さんは、かつて美里が言ったような文句で悦子さんを安心させていた。

「紀子さんは『女同士だと、体の線はくずれないから』って口癖のように言ってましたし……いろいろ、私の心配を取り除くのに気を使ってくれたんです。
 私自身もそういうことが、とても“素晴らしい”と感じるわけではありませんけど……紀子さんが2、3日訪ねてこないと、妙に……ソワソワした気持ちになるんです」

 弱々しい語りだった悦子さんが、低くしっかりした声で続けた。

「それは事実です……。私の方から自然に、紀子さんの家に足が向いてしまうんです」

 そして涙をこぼした。

 夫が留守の間に関係を持っていたふたりのことを、近所の主婦たちは知っていた。もちろん、それは美里にも知られるところとなる。事件の起こった2月、美里が突然、悦子さんの家を訪ねてきて「紀子さんとの交際をやめなければ主人に知らせる」と告げたのだという。悦子さんはもちろん、夫に紀子さんとの関係を明かしてはいなかった。

「突然、家に来て『別れるように』って……ヒステリックに叫ぶんです。
 私、びっくりして……紀子さんにそのことを話したんです。そしたら『心配しなくてもいい。私がキチンとするから』っていうんで、安心してたんです……それが……こんなことになってしまって……」

 こう話しながら悦子さんは泣く。

 恋人だと思っていた紀子さんに別の恋人ができた。「とうちゃんをよその女に取られたよりもくやしい」と事件前、美里は泣いていた。事件の朝、6畳間の布団で美里がキスを求めたとき、紀子さんは別れを告げた。嫉妬と悔しさが爆発した末の犯行だったが、これもまた、団地の主婦たちのうわさとして語られ、いつしか忘れられる。

※レズビアン殺人との名称は、今日では差別意識を助長する表現ですが、1973年の時代背景と社会状況を伝えるため、当時の報道の文言を引用することとしました。

【参考資料】
「週刊大衆」1973.3.22号 (双葉社)
「女性セブン」1973.3.21号 (小学館)
「微笑」1973.3.31号 (祥伝社)
「女性自身」1973.3.31号(光文社)