• Sat. Sep 25th, 2021

【100均レビュー】ダイソー「飛ばす系おもちゃ」比較! 子どもと一緒に空高くテイク・オフ!?

ByAdmin

Aug 31, 2021 , ,

 竹トンボや紙飛行機など、いつの時代でも宙を舞う玩具は子どもの憧れ。あなたも幼いころ楽しんだ記憶がありませんか? そこで今回は、ダイソーの“飛ばす系おもちゃ”2商品をピックアップしてみました。

 

かわいいクマが羽ばたく「クマのヘリコプター」(ダイソー)

便利度:★★★★☆(3枚の羽がカッコいい)
コスパ:★★★★☆(迫力たっぷり!)
クマのかわいさ:★★★★☆(にっこり笑顔がキュート♪)

 まずご紹介するのは、にっこり笑ったクマのキャラクターがキュートな「クマのヘリコプター」。かわいらしい表情もさることながら、胸に輝く三日月マークもアクセントになっています。

 ハンドル1個・本体(クマ)1個・プロペラ3枚・キャップ1個がセットになった同商品。遊び方はクマの頭にプロペラ3枚をはめ込み、つけ根にキャップを被せます。この時、カチっと音がするまでキャップをスライドさせるのがポイント。固定が不十分だと各パーツが外れてしまうので注意しましょう。

 セッティングが完了したら、あとはハンドル側面のヒモを引っぱるだけ。ヒモがちぎれないよう力をコントロールする必要はあるものの、勢いが強ければ強いほどプロペラのついたクマは宙高く舞い上がってくれました。ブーンという音を立てて飛ぶクマの姿は、ちょっぴりシュールかも?

便利度:★★★☆☆(発射銃はコンパクトサイズ)
コスパ:★★★★☆(5枚のプロペラを飛ばしちゃおう♪)
扱いやすさ:★★★★☆(セッティングが簡単!)

 お次の「エアスピン! 5ショット」は、発射銃1個とプロペラ5枚がセットになった商品。昔ながらのシンプルなデザインですが、ピストル型の玩具は持つだけで楽しくなってきますよね。

 遊び方は「クマのヘリコプター」に比べてシンプル。銃先端の溝に合わせてプロペラを噛ませ、時計回りに回転させれば準備完了です。ただしプロペラを4周以上回して発射すると破損の原因になってしまうので、巻きすぎないよう気をつけてください。

 発射銃を上に向けてドキドキしながらトリガーを引くと、プロペラが勢いよくテイク・オフ。しっかり巻いておいたおかげで、思いのほか高く飛んでくれたので大満足です。

 今回ご紹介したダイソーの“飛ばす系おもちゃ”は、組み立てから楽しみたいなら「クマのヘリコプター」がぴったり。とにかくパっと飛ばしたい! という人には「エアスピン! 5ショット」をおすすめします。親子で一緒にプロペラを空高く飛ばしてみませんか?