• Fri. Sep 17th, 2021

綾野剛主演『アバランチ』、「こういうの待ってた」と安堵の声! 『MIU404』路線で 『恋はDEEPに』の“失敗”生きる?

 10月からフジテレビ系の月曜夜10時台に、新たな連続ドラマ枠(カンテレ制作)がスタートする。その第1作目として、同18日から綾野剛主演の『アバランチ』が放送されると発表され、ネット上のファンから期待とアンドの声が上がっている。

「『アバランチ』公式サイトによると、同作は“令和ニッポンで暮らす人々の正義感に訴えかける劇場型ピカレスク・エンターテインメント”だとか。監督を務めるのは、『第43回日本アカデミー賞』で最優秀作品賞を含む3部門を制した映画『新聞記者』(2019年6月公開)などを手がけた藤井道人氏で、綾野は謎に包まれたアウトロー集団“アバランチ”のメンバー・羽生誠一を演じます」(芸能ライター)

 フジの連ドラでは7年ぶりの主演となる綾野だが、今年は4月期に日本テレビ系の『恋はDeepに』(以下『恋ぷに』)で石原さとみとダブル主演を務めた。

「綾野は『恋ぷに』で、巨大不動産企業『蓮田トラスト』の御曹司・蓮田倫太郎を演じ、不思議な“秘密”を抱えた海洋学者・渚海音(石原)とのラブストーリーを繰り広げましたが、ネット上では『大人な恋愛ドラマを想像してたのに、ファンタジー全開のラブコメディで残念』『ドラマの世界観に入り込めない』などと不評でした」(同)

 また、綾野自身に対しても「作品選び失敗したね」「本人の良さをまったく発揮できない役」と厳しい意見が飛び交い、ドラマの全話平均視聴率も8.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と微妙な結果に。

「その一方で、昨年6月期に星野源とダブル主演した刑事ドラマ『MIU404』(TBS系)は、社会問題を取り入れたストーリーを展開し、視聴者を魅了しました。架空の臨時部隊『警視庁刑事部・第4機動捜査隊』に所属する刑事・伊吹藍(綾野)&志摩一未(星野)のコンビも大人気で、全話平均11.9%を獲得。こうした経緯もあり、『アバランチ』の情報が解禁されると、『「MIU404」の綾野はすごく良かったし、「アバランチ」も合ってそうだよね』『こういうのを待ってました!』『ゆるふわ恋愛モノの「恋ぷに」はキツかったけど、「MIU404」路線なら期待大!』など、好意的なコメントが寄せられました」(同)

 ちなみに今年10月期、フジ系“月9”枠では窪田正孝主演の医療ドラマ『ラジエーションハウスII~放射線科の診断レポート~』を放送予定。19年4月期のシリーズ1作目は、全話平均12.1%を記録していたとあって、後に控える“月10”枠にいい流れを作ってくれそうだ。

「一つ心配されているのは、綾野の“ヘアスタイル”です。実は『恋ぷに』や、18年7月期に主演した『ハゲタカ』(テレビ朝日系)の綾野に対し、ネット上では『髪形がイマイチ』『変な髪形が気になってしまう』といったネガティブな声も多かったんです。『アバランチ』公式サイト上では、現状、綾野のビジュアルのみ公開されていますが、パーマがかった髪形なのはわかるものの、マスクで顔を覆った状態のため、全体のバランスは確認できません」(同)

 ファンの期待が高まっている『アバランチ』。まずは初回放送を楽しみにしたい。