• Sat. Sep 25th, 2021

木村拓哉、「家に砂糖いない」発言は“白砂糖はない”の意!? 『家事ヤロウ!!!』で食生活披露し「工藤静香とお似合い夫婦」と反響

 俳優の木村拓哉が、9月7日に放送されたバカリズム、KAT-TUN・中丸雄一、メイプル超合金・カズレーザーがMCを務めるバラエティ番組『家事ヤロウ!!! 2時間スペシャル』(テレビ朝日系)にゲスト出演。自宅で食べているという料理や食材を紹介し、ネット上で「ここまで私生活を晒すのは珍しい」と反響を呼んでいる。

 番組では「普段何食べてるの? 木村拓哉リアル飯レシピ」と題し、木村やカズレーザーが5つのレシピを実際に調理しながら紹介。木村が「今日も食べてきました」と、特製“ピザトースト”を紹介した際には、東京・自由が丘にあるベーカリー「ル・フルニル・ドゥ・ピエール」の“全粒粉食パン”や、パリ発のオーガニックライフスタイル・スーパーマーケット「ビオセボン」の“オーガニックアラビアータソース”、スイスのチーズ“エメンタールチーズ”など、木村家で使われている食材を番組が用意し、完全再現していた。

「そのほか、木村がハマっているという内堀醸造の『美濃 特選味付ぽん酢』が紹介されるなど、プライベートに踏み込んだ内容となっていました。なお、マイ包丁持参で料理を披露した木村に対し、ネット上では『料理してる拓くんって、本当にかっこいい』という声が上がり、『「ビストロスマップ」を思い出す』と、かつて放送されていたバラエティ番組『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)内の人気コーナーを思い起こす人も続出。さらに、『オーガニックにこだわってるのは、工藤静香の影響?』『全粒粉のパンについて語ってたけど、奥さんの受け売りじゃないの?』『お似合い夫婦だね』との指摘も見られました」(芸能ライター)

 また、木村は“牛キムチ”を調理した際に、肉料理の仕上げに欠かせない調味料として、液体タイプの“オリゴ糖”を紹介。「糖分の量も(一般的な砂糖とは)全然違うし、オリゴ糖で甘味をいただくと、そっちのほうが体には間違いなく良いですよ」と魅力を語ったほか、「ちなみに、自分家(ち)には、お砂糖いないです」と明かした。

「今回、“オリゴ糖愛”を語ったり、『炒めると乳酸菌が死んでしまう』との理由でキムチを牛肉の上に後乗せしたりと、健康志向ぶりを惜しげもなく披露した木村。オーガニック食材などにこだわっていることで知られる工藤の影響であるかは不明ですが、妻が作る体に気を使った食事に理解があることは間違いなさそうです。ちなみに、“家に砂糖はない”と断言していた木村ですが、工藤のインスタグラムを見ると、ビートから作られる“てん菜糖”や黒糖を使った料理がたびたび登場することから、おそらく“白砂糖はない”という意味合いで発言したのしょう」(同)

 以前より、ネット上では工藤の健康志向ぶりに「付き合わされているのでは?」と、木村に同情する声も少なくなかった。しかし今回、健康食材へのこだわりを熱弁した様子を見る限り、その心配はなさそうだ。