• Sat. Sep 25th, 2021

ゴールデンボンバー・鬼龍院翔、二股を謝罪も……過去のSNSに“匂わせ”疑惑浮上!? 「女側は匂わせなかったのに」あきれた声も

 9月9日発売の「週刊文春」(文藝春秋)が、ゴールデンボンバー・鬼龍院翔の二股交際を報道。同4日に一般女性との結婚を発表した鬼龍院だが、「文春」によると、妻以外の女性・A子さんとも10年にわたって同時交際していたという。ネット上には幻滅するファンが続出しているほか、ある“疑惑”も浮上しているようで……。

「自身のブログで結婚を発表した鬼龍院は、『相手は現在も過去にも芸能活動歴のない一般の方』と強調した上で、『今後とも親も含めて家族のプライバシーに触れるような行為は控えていただきたく思います』とコメント。自ら発信するとしたら『「出産」「離婚」「家族の安全が脅かされた時」くらい』と宣言し、ファンからは『家族を守ろうという姿勢がカッコイイ!』『結婚するって聞いて少し寂しかったけど、なんか安心した』などと感心されていました」(芸能ライター)

 ところが、その後「文春」によって、鬼龍院は結婚相手と交際中も、10年以上前に知り合ったA子さんと男女の仲であったことが判明。その関係は今年まで続いていたといい、鬼龍院に二股をかけられていたA子さんはショックを受けているという。

「同誌の取材に対し、『10年来仲良くしている女性の友人がいる事は事実』などと鬼龍院は回答していましたが、8日に記事の一部がニュースサイト『文春オンライン』で先行公開されると、同日中にブログを更新して『妻にも謝罪致しました。家族については触れないと言った直後にこのような投稿をすることになってしまい、本当にすみません』とファンに謝罪。ネット上には、『結婚発表からの二股報道で、ダブルショック』『女癖の悪い普通のバンドマンと一緒だね。見損なったわ』と落胆の声が寄せられました」(同)

 さらに、一部ネットユーザーの中には、A子さんを特定しようとする者も現れ、同時に、鬼龍院のSNSでの“匂わせ”疑惑も取り沙汰されている。

「鬼龍院は7月28日付のTwitterで『土用の丑の日ということなんだけど昨日鰻食べたよ』と“鰻のかば焼き2枚”の写真をアップ。8月18日には“肉2枚”の写真とともに『肉を焼いて自分のご機嫌を取る儀式』と投稿しています。誰かと一緒に食べたのかどうかは明かされておらず、結婚相手と一緒にいた可能性も考えられますが、ツイート時点では交際相手の存在は知らされていなかったため、ネット上では『1人で食事したと見せかけて、2人分だった感じ?』『相手がいることを匂わせてたのか』『どっちの女性と食べたのか気になる』などと指摘されています」(同)

 結婚発表前の9月1日には、「洗濯機の乾燥が途中で止まるから遂に新しい洗濯機を買ってやったぞ」とも報告していた鬼龍院。こちらも今になって、「結婚生活のために新調したのでは?」「結婚の匂わせだったのかよ!」などと臆測を呼んでいる。

「なお、現状ではA子さんや結婚相手による匂わせ行為は確認されていないようで、『キリショーと10年付き合ってたり、結婚にこぎつけるような関係だったりしても、それを匂わせなかった女性陣が素晴らしい』と女性陣を称える書き込みや、『女が匂わせずに交際してたのに、まさかのキリショーが匂わせ?』『二股に匂わせとか、残念すぎる』といった鬼龍院へのあきれた声も噴出。これ以上ファンを落胆させないでほしいものですが、この手の騒動には第3、第4の女が名乗りを上げるケースも珍しくないので、果たしてどうなることか……」(同)

 鬼龍院自身に、そのような心当たりがないことを祈りたい。