• Fri. Sep 24th, 2021

有安杏果、ももクロ時代の集合写真から“カット”!? テレビ初共演を果たした早見あかりとの“扱いの差”とは

 ももいろクローバーZ・百田夏菜子が、9月11日放送の『日立 世界・ふしぎ発見!』(TBS系)に出演。番組中、ももクロの“5人体制”時代の写真が紹介される場面があったが、「2018年1月にグループから離脱した有安杏果のみ切り取られ、ネットユーザーから驚きの声が上がっていた」(芸能ライター)ようだ。

「ももクロは現在、百田と玉井詩織、佐々木彩夏、高城れにの4人で活動していますが、もともとは、有安と早見あかり(11年4月に卒業)を含めた6人グループとして08年5月に結成されました。今回、百田がゲスト出演した『ふしぎ発見』では、埼玉県秩父市をフィーチャーしており、ももクロは、5人体制時代のライブ公演『ももクロ夏のバカ騒ぎ2014 日産スタジアム大会~桃神祭~』のオープニング映像を同市にある三峯神社で撮影していたため、そのカットが紹介されたんです」(同)

 ところが、画面に表示された写真には百田、玉井、佐々木、高城の現メンバー4人しかおらず、本来写っていた有安の姿は切り取られていたため、ネット上では「わざわざ画像を使ってるのに、有安が消されててビックリ」「いなかったことにされてる!?」「仕方ないとはいえ少し悲しい」などと、ファンが騒然となっていた。

「有安はグループ在籍当時、他メンバーとの“不仲説”がささやかれていた上、卒業もかなり急だったため、脱退時はネット上でも『ケンカ別れ?』『メンバーと何かトラブルになっていたのでは?』とさまざまな臆測が飛び交いました。卒業発表時はブログに『普通の女の子の生活を送りたい』と脱退理由をつづっていた有安ですが、グループと所属事務所・スターダストプロモーションを去った直後の19年1月に個人事務所を立ち上げ、ソロ活動を開始。同2月には、もともと彼女のかかりつけ医で、有安の個人事務所の代表でもある25歳年上の心療内科医との交際を公表したものの、その2日後に、『フライデー』(講談社)で熱愛を報じられたことから、ネット上では『「フライデー」にスクープされるから、仕方なく先に公表したってこと?』などと少なからず批判もありました」(同)

 なお在籍当時、有安の言動に事務所サイドは困惑していたという。

「ももクロ在籍時から、医師が有安の仕事に介入することがあったそう。事務所サイドとしては、医師のコントロール下にあった有安のマネジメントができなくなっていき困っていたものの、まさか交際しているとは思っていなかったようです。そのため、退所後に交際が報じられた時には、事務所も現メンバーたちもかなり驚いたとか」(週刊誌記者)

 ちなみに、有安より先にグループを卒業した早見は、現メンバーたちと共演する機会もある。今年3月には、ももクロと笑福亭鶴瓶がMCを務めるトーク番組『桃色つるべ』(カンテレ)に早見がゲスト出演し、脱退後初となる10年ぶりのテレビ共演を果たした。

「一方で有安は、今回の『ふしぎ発見』のように不自然に切り取るわけですから、同じ脱退メンバーでも早見との扱いの差は明らかでしょう。有安は19年11月に医師と結婚した直後、同12月には『1周回って知らない話&今夜くらべてみました 強い女が集結3時間SP』(日本テレビ系)に出演していただけに、芸能活動自体には前事務所からの“圧力”などはないはずです。となると、ももクロが絡んでいる場合のみ『放送禁止』とされてしまっているのかもしれません」(同)

 脱退から3年経過しても、有安とももクロの距離は遠ざかるばかりなのか。