• Sat. Sep 25th, 2021

「病院と葬儀社はズブズブ」ひろゆき氏の発言に“葬儀社YouTuber”が反論! 「また適当に言ってる」とネットあきれ

 日本最大級の匿名掲示板「2ちゃんねる」(現・5ちゃんねる)の開設者で、最近はコメンテーターとしてテレビでその姿を見る機会も多い“ひろゆき”こと西村博之氏。公式YouTubeチャンネルの登録者数は125万人を誇り、ネット上でも人気を集めているが、彼の発言について、“葬儀社YouTuber”が異を唱えているようだ。

 事の始まりは、ひろゆき氏が自身のYouTubeチャンネル「ひろゆき, hiroyuki」内で、今年6月8日に行った生配信「【ひろゆき】友はもう一人の自分である。Brooklyn Defender IPAを呑みながら。2021/06/08 M20」。視聴者から「今後の葬儀業界で仕事を獲得していく良い方法はないか」と質問された際、「いかに病院と結託するかになるので、病院の先生にちゃんとお金を払ってください」「病院の先生にお金を払うと、その病院で亡くなった場合に『こういう葬儀社がありますよ』って最初に連絡してくれる葬儀社になれたりする」と答えたのだ。 
 
 しかしその後、葬儀社「佐藤葬祭」の代表取締役・佐藤信顕氏が、同25日に自身のYouTubeチャンネル「葬儀葬式ch有限会社佐藤葬祭」に“反論動画”を投稿。「某“論破”で有名な人」と、ひろゆき氏の名前こそ出さなかったものの、「病院の先生にお金を積んでも、公立病院は指定業者になるためには抽選(が必要)」「(私立病院も)1週とか2週ごとに交代させられちゃう」「今は指定業者の選定っていうのを、ほぼお金でやってない」と“お金を払えば最初に紹介してくれる”という事実はないと説明し、「一体、何十年前の思い込みのレベルなんだろう」と語っている。
 
「近年は、コメンテーターとして専門分野外のことについても自論を語ることが多いひろゆき氏ですが、佐藤氏は『まあ、ほかのこともそういう感じなのかな、という印象を受けます』とバッサリ。患者を助けようと一生懸命になっている医療従事者や病院に対しても『失礼な話』と批判し、『医療従事者をなんだと思ってるんですか?』と物申す場面もありました」(芸能ライター) 
 
 それから約2カ月後、ひろゆき氏はYouTubeチャンネル「ひげおやじと仲間たち」で9月8日に行われた生配信にゲスト登場し、「病院と(葬儀社は)ズブズブって話をしたら、それを否定してる葬儀屋さんの人がいて。まあ、否定したいんだろうなって思いました」とコメント。続けて「でも、絶対裏でつながってるでしょ」「看護師が葬儀屋にリークしてお小遣いをもらう」などと言い、佐藤氏の意見を受け流した。
 
「すると今度は佐藤氏が、同10日に自身のTwitterで『ひろゆきの葬儀屋話は、根も葉もない暴言レベルになっています』などと激しく非難。翌日11日には、YouTubeに『ひろゆきの葬儀の話が、まだまだヒドイ 葬儀・葬式ch第1222回』という動画を投稿し、『業界の経緯ってのをわからずに「ホントはこうなんじゃないの?」っていうような匿名掲示板みたいなノリで話してしまうと、我々だけではなく、医療従事者の名誉を損なう』と苦言を呈しました」(同) 

 
 この“論戦”について、ネット上ではさまざまな意見が飛び交っている。佐藤氏が「今は指定業者の選定っていうのを、ほぼお金でやってない」と言っていたように、SNS上には「昔はひろゆきが言ってたような話が実際にあった」「はるか昔に一部の悪徳業者が実際にやっていた」との声もあるが、その一方で「ひろゆき、また適当なこと言ってるの?」「無知なのに思い込みで断言すること多いよなあ。ひろゆきはこれで何回目?」など、あきれた声も多かった。

「ひろゆきは7月に、サッカー・フランス代表選手2人が日本人を侮辱する“人種差別的発言”をして問題になった際、自身のTwitterで『今回のsales gueulesとputainはフランス人に向かっても使う言葉なので、酷い悪口ではありますが人種に言及した言葉ではないと思いますが、いかがですか?』とツイート。一方で、フランス人ジャーナリストのフローラン・ダバディ氏は、自身のTwitterで『「人種差別じゃない、私たちは普段から使ってるスラングだよ。どの人種に対してもさ」と言い訳をするのですが、アメリカだったらこれは全く通じないのです。彼らは間違っている。しっかりと謝って欲しかったです』と、選手たちを批判しています」(同)

 ひろゆきはフランスに住んでいるため、“現地からの情報発信”だったものの、ネット上ではダバディ氏の指摘を支持する人が続出。ネット上には「問題をしっかり理解しているのがダバディ氏で、ひろゆきは言葉の解釈をしているだけですね」「ひろゆきは知識不足な場所に首突っ込んで、浅知恵でモノを言うのやめたほうがいい」といった厳しい声も見受けられた。

  「論破王」とも呼ばれるひろゆきだが、果たして、彼の発言はどこまで信用できるのだろうか。