• Fri. Sep 24th, 2021

体の不調を防ぐには、「スパイス」料理がおすすめ! 上手な取り入れ方、漢方薬との違い……薬剤師が“活用法”を伝授

 豊富な種類がある「スパイス」は、刺激的な香りや辛味で、料理のアクセントとして活用されます。なんとなく「体によさそう」なイメージもあるスパイスですが、実際に、漢方の生薬と共通するものも多くあるのです。そこで今回は、スパイスと漢方の違いや、健康に役立つスパイスについて、薬剤師の清水みゆき先生に話を聞きました。

スパイスと漢方は何が違う? 基礎知識を解説

――スパイスと漢方の違いを教えてください。

清水みゆき先生(以下、清水) スパイスの中には、漢方薬の材料である生薬と共通するものもあります。ただし、スパイスは料理をおいしくする「調味料」の一種で、漢方薬は漢方医学で処方される生薬を組み合わせた「薬」。なので、漢方薬は「効能や効果が認められている医薬品である」と言える点が、スパイスとの大きな違いです。

――スパイスには、漢方のように体の不調を改善する効果はありますか?

清水 生薬と共通するスパイスを摂ることで、体の不調の予防や改善が期待できるといわれています。例えば、冷え対策に役立つスパイスとしては、次のようなものです。

<冷え対策に役立つスパイス>
・クローブ/生薬名:丁子(ちょうじ)
・シナモン/生薬名:桂枝(けいし)、桂皮(けいひ)
・ジンジャー/生薬名:生姜(しょうきょう)
・サフラン/生薬名:紅花(こうか)

 これらのスパイスは、体を温めたり、血流をよくしたりする効果があり、冷えの改善が目指せるといわれています。

――漢方が苦手な人は、スパイスで代用することも可能ですか?

清水 スパイスは漢方薬の代わりにはなりませんが、スパイスを毎日の食生活に取り入れることで、病気の予防や健康増進は期待できます。例えば冷え症の方なら、朝はコーヒーの代わりに、先ほど挙げたシナモンを入れて、紅茶を飲むといいでしょう。シナモンには体を温める効果があるので、冷え対策につながりますよ。

――スパイスは、どのくらいの頻度で取り入れるとよいのでしょうか?

清水 食生活に無理なく取り入れられるなら、毎日でも大丈夫です。ただし、スパイスの中には刺激が強いものもあるため、摂取量が多すぎると胃腸を刺激して下痢になることもあるので、注意してください。

――食事で簡単に取り入れる方法はありますか?

清水 スパイスといえばカレーが思い浮かぶと思いますが、ほかにもスープやお茶、薬膳酒などに加えれば、手軽に取り入れられるのでは。また、パウダータイプのスパイスも販売されているので、これを紅茶や白湯に溶かして飲むのもいいですね。

――体の不調の解消に役立つスパイスを、具体的に教えてください。

清水 それでは、季節の変わり目に活用できそうなスパイスを紹介します。

・食欲不振:胃腸の調子を整えたり、消化を促進する「フェンネル」や「クミン」がおすすめ。なお、「クミン」は便秘改善も期待できるスパイスです。
・ストレスや不眠:リラックス効果が期待できる「ナツメグ」や「ローリエ」がおすすめ。

 スパイスを活用するほかに、「自分に合った漢方薬が知りたい」「コスパよく漢方を飲んでみたい」という方は、「あんしん漢方(オンラインAI漢方)」などの、スマホで気軽に頼めるサービスも活用してみてください。

あんしん漢方