• Sun. Oct 17th, 2021

なにわ男子・藤原丈一郎、芸能の神様へ「○○の優勝」を祈願!? パワースポットで「願いはひとつですよ」と即答

 関西地方で放送されている夕方の報道・情報番組『キャスト』(朝日放送)に水曜レギュラーとして出演している関西ジャニーズJr.内ユニット・なにわ男子。9月15日放送回は、関西人なら知らないと恥ずかしい、バズっていたり、これからバズりそうな情報をメンバーが取材する「バズズバ!なにわリサーチ」が放送された。

 高校野球中継などもあり、コーナーとしては7月28日以来の放送となったこの日は、藤原丈一郎が登場。大阪難波でのロケVTRを紹介した。

 大阪の2大繁華街のひとつ、難波を象徴するのが「道頓堀」で、言わずと知れた“食い倒れの街”だ。藤原がまず訪れたのは、赤提灯や石畳があり風情を感じさせる難波の名所、法善寺横丁の一角にある、水掛不動尊。

 ここは芸能の神様が祀られている人気のパワースポット。芸能関係にご利益があるといわれ、水をかけてお参りをすると願い事が叶うとされる。藤原もしっかり手を合わせてお参りしていると、「どんな願い事をしたんですか?」とスタッフから質問が。

 「それはひとつですよ。オリックス・バファローズの優勝です!」と藤原は即答したが、スタッフが「なにわ男子の…」と言いかけると、「まあそれもそうですけど、一番はやっぱりオリックス・バファローズの優勝でしょう」と、当然のことを聞くなといった表情で言い切っていた。

 最初のバズりスポットは、法善寺横丁の近くにあり本格的なハンバーガーが大人気の店「ココペリ」。オーナーはミシュラン一つ星を獲得した元フレンチシェフで、アメリカ生活の経験もあることから、10年前にこのハンバーガー店をオープンしたのだそう。

 藤原の目の前に出されたのは、アメリカでは一般的な家庭料理でもある“マカロニチーズ”をたっぷり使った、ボリューム満点のマカロニチーズバーガー。口いっぱいに頬張った藤原は「めっちゃうまい! 新食感です! サクサクしててジューシーやけど、マカロニでもっちりとした感じで……普段食べるバーガーと全然ちゃいます!」と大絶賛。

 おいしさの秘密は、ハンバーガーのパティのミンチの中に角切りの肉を入れていることで、これはフレンチの加工技術なのだそう。さらにオーナーによる技術の説明は続いたが、藤原は「……2割わかりました」と苦笑い。どうやら藤原には少々難しい説明だったようだ。

 次のバズりスポットは、創業160年の老舗和菓子屋「浪芳庵」。ここでは1日1万本売れまくっているという、名物のみたらし団子があるという。それは、あつあつのタレで提供される「炙りみたらし団子」。

 試食した藤原は「歯いらん! やわらか!」と食感に衝撃を受けていたが、さらに余ったタレをバニラアイスにかけて食べる“シメ”を食べると「最高! バニラの香りとみたらしの香りものって、この組み合わせ最高ですね! 1日1万本売れる理由わかりますわ」と大絶賛していた。

 最後のバズりスポットは、魚釣りが楽しめる海鮮居酒屋「ざうお・難波本店」。最近はコロナで旅行ができないとあって、親子連れのお客さんが急増しているのだそう。さらにこのお店では釣った魚を食べるだけではなく、キッズ向けに寿司職人体験ができることでバズっているとか。

 藤原も張り切って寿司職人に挑戦したようだが、残念ながら尺の都合で全カットに。VTR明けにスタジオで見ていた藤原は、「ちょっとまって!? その素材だけあとでください!」と訴え、スタジオを笑わせていた。

 ファンはこの放送を受け、「久しぶりのバズズバ楽しかった!」「久しぶりのバズズバ見れてうれしかった」と喜ぶ一方、11月になにわ男子がデビューを控えているとあって、「デビューしたらバズズバなくなっちゃうの?」「なにわが『キャスト』に出て、共演者と笑顔になってるだけで安心するのに……」「デビューしても週一でもなんなら月一でもいいから戻ってきて~」と、コーナー存続に心配の声も多く寄せられていた。