• Sun. Oct 17th, 2021

伊藤健太郎、“ひき逃げ事件”から1年……主演ドラマ地上波放送決定に、「不倫芸能人より簡単に戻ってこられるのはなぜ?」と疑問の声も

 2020年4月から、フジテレビ公式動画配信サービス「FOD」や「Amazonプライムビデオ」で配信されている伊藤健太郎主演ドラマ『東京ラブストーリー』が、今年10月期に地上波放送されることがわかった。伊藤といえば、昨年“ひき逃げ事件”を起こしたが、「事件から丸1年たつタイミングで本格的に活動を再開していくとみられる」(芸能ライター)ようだ。

「人気俳優として活躍していた伊藤ですが、昨年10月28日に都内で乗用車を運転中、バイクに衝突して乗っていた2人に重軽傷を負わせ、現場から車で逃走。その後、追いかけてきたタクシー運転手の説得で現場に戻り、翌日に自動車運転処罰法違反(過失傷害)と道路交通法違反(ひき逃げ)の疑いで逮捕(のちに不起訴)されました」(同)

 これにより、同30日公開の出演映画『とんかつDJアゲ太郎』の番宣を兼ねて出演予定だった『アウト×デラックス』(以下、すべてフジテレビ系)は、急きょ再収録が行われ、『でんじろうのTHE実験』『ほんとにあった怖い話 2020特別編』は、伊藤の出演シーンをカットして放送。また、同局のスペシャルドラマ『教場II』(21年1月放送)にも出演予定だったが降板となり、代役をジャニーズWEST・重岡大毅が務めた。

「そんな伊藤ですが、今年3月に不起訴処分となり、4月発売の『週刊新潮』(新潮社)や5月放送の『新・情報7Daysニュースキャスター』(TBS系)で“謝罪インタビュー”に応じ、6月にはオフィシャルファンクラブ『GOLONDRINAS』の発足と写真展の開催を発表。その後、10月28~31日に主演舞台『SOULFUL SOUL』が上演されることも明らかになり、先日は、伊藤がメインキャストを務めた人気映画『今日から俺は!!劇場版』(昨年7月公開)が来月8日に日本テレビ系で放送されると発表されました」(同)

 そして9月17日、伊藤の主演ドラマ『東京ラブストーリー』が10月13日からフジテレビ系の火曜深夜枠で放送されることが判明すると同時に、昨年11月公開の伊藤の主演映画『十二単衣を着た悪魔』も、来月1日~7日にキノシネマ3館(横浜みなとみらい/立川髙島屋S.C.館/天神)にて限定リバイバル上映されると発表された。

「『十二単衣を着た悪魔』のリバイバル上映は、キノフィルムズおよびキノシネマ配給の合計185作品の中から、リクエスト投票によって決定したそうです。来月はひき逃げ事件から丸1年ですし、このタイミングで伊藤が関わった作品が一斉に動きを見せているところをみると、ここから本格的に芸能活動を再開していく可能性が高そう。一方、ネット上には『反省したなら社会復帰しても良い』『ファンとしてはまた活躍を見られるとありがたい』と好意的なコメントもありますが、『もう“ひき逃げした人”っていうイメージしかないんだよなあ』『芸能界って不倫タレントとかの復帰には厳しいのに、逮捕までされた伊藤が簡単に戻ってこられるのはなぜ?』といったネガティブな声も出ています」(同)

 なお、『東京ラブストーリー』には昨年6月に脳出血で緊急手術し、現在もリハビリに専念中の清原翔も起用されていたとあって、「清原くんの出演作を見られるのはうれしい」「清原くんが出てるから地上波放送見るわ」という書き込みも散見される。清原と比べれば復帰を待ち望む声が少ない伊藤だが、10月以降、さらに露出を増やしていくのだろうか。